http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
460位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
2014年21本目 1月26日劇場鑑賞
大脱出
アメリカ2013年アメリカ映画アメリカ


ひいい見たこと忘れてたー。
友達のマッチョイズムあふれる映画好きとこの映画は見とかないといけない!!って思って一緒に見たのです。
スタローンとシュワちゃんが本気で競演する今から30年くらい前だったら考えられないような映画。
スタローンがマッチョなのに頭もいいというスタローンしか得をしない映画で、刑務所を脱出して警備の穴を見つける仕事をしていて、その理由は過去に子供が脱獄してきたやつに殺された過去があるから、それを二度と起こさせないのが目的。
でもそんなスタローンが陰謀に巻き込まれて、自分で考案したけども誰も実際に作ってくれなかった監獄をどっかの誰かが作ってそれに投獄されてしまい、そこから全力で脱出するという往年のアクションバカハリウッド映画にシチュエーションスリラー的脱出要素を混ぜたごちゃまぜ系の映画。
結構面白かった。

シュワちゃんはガチガチの協力者として、スタローンが投獄された監獄の白人チームのボスで、がっつり協力して脱獄を企てるキャラで本当にがっつり協力しててウケる。
結構「プリズン・ブレイク」に似てて、がっつり知能を使って脱出するわけで、なかなか面白いが、終盤になるとシュワちゃんが実は超危険な文明を滅ぼそうとするスーパーテロリストというか革命家で、それなのにスタローンは脱出するために普通に彼を逃がしてしまうんだから、この映画自体に大声でちょっと待った!!と言いたくなる。さすがスタローンとシュワちゃんの映画だぜ、結局は脳みそ全部筋肉になっちゃったからそういうの全部忘れちゃうんだよな!!

最終的に普通のCEOだったスタローンはばんばん人殺しまくっているわけで、まぁーシュワちゃんとスタローンが楽しそうだから良いかで済む、これはこれで映画業界に絶対的に必要な娯楽映画なのでした。そういうのは否定しないのが俺の流儀。
こういう映画を見て映画ファンは育って行くんだよ。

でも50セント…ラッパーだったお前の面影はどこに行った…。

ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
2013年150本目 12月19日DVD鑑賞
「仮面ライダーVSマッドマックス」
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム ディレクターズカット版 [DVD]
日の丸2012年日本映画日の丸


仮面ライダー好きだし、たしかー評判良かったと思うので、レンタルしてみた。
確か前回、これを借りようと思ったら『フォーゼ』の単独の劇場版で間違えたーって思ったけども、普通に楽しめたので、良かったなんて小話は置いておいてと。(しとるやん)

今作は、フォーゼとウィザードと最後にお互いの映画の垣根を越えた大バトルといういつもの奴。

しかし監督はアメリカで武者修行してきた坂本監督で、しかも今回見たのはディレクターズカット版!!
ということで肉弾戦は、むっちゃ気合いはいってました。

フォーゼは未来編となっており、なんと東映キャラのイナズマンが参戦。
顕著だったのは、ワイヤーアクションと、どんな場所でも飛び越えるやつ。
これね。もう無駄にビュンビュンしてた。日本の民家の間とか色々飛び越えてて、わーわーすげぇーとディープに楽しかった。
とまぁー全体的にアクションがずば抜けており、あとフォーゼの物語としても、完結編のような超展開もありました。

それは主人公がベルトを捨てるという展開。

これで、彼は本当の意味で成長したわけです。

またウィザードなんですが、これがウィザードが可哀想…。
序盤から人気が低迷していたのだろうか?
完全にウィザード要素は設定のみで、物語は過去の東映キャラの活躍が主軸。本当はこいつの正体がウィザードのキャラクターというのはラストにわかるのでなかったことで。
敵も今作の全体の敵のアクマイザーですし…。

ウィザードが完全にこれ以降の視聴者の獲得を想定していないので、なんだか可哀想。
しかしここでもアクションにはというかアクション主体な作品で、ウィザードはクルクルまわっていました。笑
作風が完全に違う…。笑

そのまま流れ込むようにラストの大バトル。
ここでは近年のWなどが、二号ライダーと共に参戦。ディレクターズカットなので、キャラクターがスーパーモードで大活躍。
しかもこれも坂本さんのアクションイメージが暴走し、なんと映画『マッドマックス』を意識したとしか思えない武装トラックとのバイクでの戦い。
この混沌ぶりは非常に面白い!!

ラストはやっぱりCGでの大乱舞だが、これはこれで面白い!オリジナルモードに変身するフォーゼとウィザードが大活躍!!

縛られたヒロインもなんだか魅力的で、ラストもネタが炸裂し、ちょっと笑える。

これは結構な良作。

おすすめです。

メモ得点メモ

物語 6/10
キャラクターの魅力 6/10
監督の映画に対するビジョン 9/10
音楽 7/10
俺の趣味 8/10

やはりウィザード初の映画化なのに、この扱いは可哀想だし、アクマイザーも悪役になってしまったのは可哀想。映像のアングルとかは良かったし、おっぱいとかクンフーとかおっさん大喜び映画なのだが、荒唐無稽の物語は、まぁー仮面ライダーなので見過ごすとしてもウィザード編が可哀想で、ちょっと同情してしまう…。


72

ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

リンクなどはフリーです。じゃんじゃん紹介してー。

その場でレンタルで見れる!?iTunesレンタルへのリンク!
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム


アマゾン通販紹介!!


☆需要があると思ってブログ内の仮面ライダー映画の記事集めてみた。☆
仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010 2010年度81本
仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ【3D】  2010年度74本目
◎オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 2011年度10本目◎
△仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&Wfeatスカルmovie大戦core 2011年55本目△
◯仮面ライダーフォーゼ&オーズMOVIE大戦MEGA MAX 2011年度114本目◯
◎仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 2012年度18本目◎
【短評】仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 【忘備録シリーズ13】
【感想】仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦 57点
2014年18本目1月22日劇場鑑賞
「ジョニー・トーだよ全員集合!!笑」
ドラッグ・ウォー 毒戦
中国2012年中国香港映画香港


またジョニー・トー新作出したのかよ。もうなんだかしつこいわー。
まぁーこれが最高傑作って言うなら見てもいいんだけどー。
って海外の評価めちゃ高いやないか!!これがいわゆる最高傑作かぁ?

というわけで、とんだ戯れ言で始まった、今回ですが、北米の評価で86点という異常な高得点だったので、重い足を運び、『MUD』と二本立てしてきましたよーっと。

ちなみにジョニー・トーの活躍は08年ぐらいから気にかけていたのですが、自分自身『冷たい雨に撃て、約束の銃弾』をしか見たことも無く、かなりの初心者ですが…。

とりあえずジョニー・トー50作目らしい本作。

『ドラッグ・ウォー毒戦』中国では麻薬を50gでも持っていたら、死刑らしいー。

というわけで、超絶重い刑から躍起になって捜査する刑事と、躍起になって密輸する犯罪者側の極限のやり取りが描かれる警察もの。

前半はかなりスリリングに展開される。
出演者は、ジョニー・トーの映画には常連っぽい人々。
でも中国での撮影は初めて?もしくは久しぶりっぽい。まぁー監督は香港出身ですから。
そういう意味でも冒頭の高速道路を横断だとか、建物に突っ込んだり、かなり大きい舞台を簡単に操る巨匠としての腕を感じる。
監督は80年代後半から活躍しているから、25年くらい映画監督として活動している…。
それで50本だから並大抵の腕ではない。
得意分野はやはり香港ポリスものか。
その腕を十分に披露し、重厚な警察映画として、とても面白い。
捜査の一環で麻薬を使うことになる刑事の症状など生々しく、主演のジャン警部を演じた俳優の演技の幅が面白い。

また敵となるテンミンのイケメンぶりもやばいが、中盤からは一気に作風が変わる。

この麻薬シンジケートのボスは7人の香港人(笑)

さっきまで、まるで真面目な『踊る大捜査線』のようだったのに、後半は、ジョニー・トー伝家の宝刀の雰囲気むんむんの西部劇。(笑)

口の効けなかった人たちの驚愕のガンテクニック!!もろにジョニー・トー軍団な雰囲気を醸し出す、この口のきけないたち。凄い強い。

更に出てくる7人の香港人(笑)もう作風が本当にギャグテイストに一気に変わるからビックリ。
しかもこいつら絶対チームジョニー・トーだよ。(笑)

というわけで、終盤一気に大ステージを生み出し、露骨な銃撃戦へと展開し、皆殺し状態に陥る本作、あっけらかんとしてしまう人も多いけども、これがやっぱりジョニー・トーの映画なんだろなーと初心者ながらも納得してしまった。笑 

容赦の無い近接銃撃の数々、最早この映画なんなのか?キャストの今までのバックボーンはどこへ、そしてジャン警部の執念とテンミョンの生きるという執念。
その何たるかを目撃し、映画はあっけなく終わるのだった。

もう本当にびっくりしたが、まぁーこういうのも嫌いじゃないなーと思い、普通に楽しめたので、よかったです。最初の気持ち悪さとかさ。キャラクターに演技力もあったし、映画の縦と横の構図とかも深かったし。中盤以降のゆるい感じも楽しかったし。
ジョニー・トーの映画ちょっとレンタルしたいなーって真剣に思いました。
『エグザイル』『エレクション1.2』『暗戦 デッドエンド』あたりを見てみようかな。
レンタル屋にあるかしら…。

総評
100分程と短い映画ながら、前半と後半で全く違う印象を与えながらもどっちのパートも明確に面白さを突き詰めていて、混沌としているが、非常に楽しめた。
近距離銃撃戦は、銃撃戦マニアならもっと楽しめるはず。
そこそこおすすめ。

前半も後半も楽しめたならこれ以外もジョニー・トーの映画を楽しめるのではないか?と思った。

メモ得点メモ

物語 7/10
キャラクターの魅力 7/10
監督の映画に対するビジョン 9/10
音楽 8/10
俺の趣味 7.5/10


74

ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

リンクなどはフリーです。じゃんじゃん紹介してー。
2014年17本目 1月22日劇場Blu-ray鑑賞
「現代版『スタンド・バイ・ミー』って言うけど、私的には現代版『大人は判ってくれない』のオルタネイティブバージョンだった!!」
MUD-マッド-
アメリカ2012年アメリカ映画アメリカ


あらすじ記事はこちらです。

マシュー・マコノヒーにはまっているから、凄く楽しめたー!!
まぁー本作のマシュー・マコノヒーの出演時間そんなに長くないけども映画に良い味わい出してたよー!!

ムフフフ。結構前からずっと見たかった本作『MUD』。
鑑賞週ぐらいまで知らなかったけども、本作全く公開していない…。
よくしらべると未体験ゾーンの映画たち2014の企画の中の公開の映画でして、通常料金1200円で、東京ではヒューマントラストシネマ渋谷でしか公開していないんですよ…。

凄くもったいない!!
今年はアカデミー賞も獲るんじゃないかと思われるマシュー・マコノヒーが助演ながら重要な役をやっている本作、今後の『ダラス・バイヤーズ・クラブ』や『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』などを考慮しても、もっと多くの人が見るべき作品。
そもそも本作、北米でも評価高くてさ、映画秘宝にも町山さんの連載とかで紹介していたじゃないですか、それをそんな企画で上映だなんて…しかもBlu-ray上映で、上映時の色が妙に白っぽくなってて、解像度の問題か、映写の調整ミスか…凄くもったいなかった。
まぁー配給がアース・スター・エンターテイメントというかTSUTAYAみたいなものだからね…。
DVDレンタルやレンタル独占とかもやっているし、本作ももとはTSUTAYA独占だったのかもね…。
本当にもったいない。

とりあえず、本日はサービスデーもあって、満員ぐらいお客さんいた。ちょっと早めにチケットゲットしてて良かった。

感想

うん!!面白かった!!
特に音楽が良かった!!

現代版『スタンド・バイ・ミー』って言うけど、私的には現代版『大人は判ってくれない』のオルタネイティブバージョンだった!!

もう感想としては、以上な感じ。

本当にアメリカの真ん中のど田舎に住む家庭に問題を抱え14歳の思春期真っ只中の二人は、ある日、ボロボロの逃亡者と出会う。
その逃亡者は、思ったより良い奴で、ど田舎で、貧乏な少年二人は、行き場の無い未来の実感から逃避するようにこの逃亡者に肩入れするというちょっとおかしな青春映画。

ちょっと変な逃亡者に心惹かれる主人公のエリスは思春期真っ只中!!
家では離婚の危機で、育った家まで失い、親友のネックとさよなら?
街では、年上の彼女をゲットするものの連絡は無視される。
愛ってなんだ?恋愛ってなんだ!と葛藤する中、希望のように思える逃亡者ことマッドの愛の為に人を殺し、それを再会を願う姿に、彼を助けることで、救いを得られると混同するエリスくん。

しかしそれでも大人はぐちゃぐちゃで、色々な側面を持っている。
エリスくんは大人に対して怒りを抱きながらも、ネックと二人でバイクを乗り回し、船の修理というロマンに生活をゆだねる。

その光景そのものがロマン。
映画はど田舎と泥だらけの川が舞台で、ちょっと寂しいが、夢いっぱいの話の展開(挙げ句にギャングも絡んで来て、終盤には銃撃戦もあったり)と甘酸っぱいを通り越して大スペクタクルな青春映画。
それを彩るシンプルで力強いBGM。

更には、マイケル・シャノンのロボット風潜水服やら、マッド演じるマシュー・マコノヒーのどこか愛嬌のあるキャラクター。

こういう映画やっぱり好きだわー。

こつこつ船を修理するのもツボ。
ちょっと頓珍漢だが、エリスくんが沼に落っこちて、蛇に噛まれたのを身を呈して救うマッドは、クソ野郎だけど良い奴という映画として良い味がある。
その後の終盤がハチャメチャで賛否両論かもしれないが…。

また脚本を監督が務めているので、妙に名言がある。
恋愛は失恋したらそれを忘れる為に新たな恋愛をするんだって、ラストシーンが正にそれでうけるし、人生で大事なことは川の底の泥の中にあるガラクタを使えるものと使えないものと見切る判断力だ。って全部マイケル・シャノンだ!笑

マイケル・シャノンはようやく、狂人キャラから脱却したかな?『レボリューショナリー・ロード』や『ワールド・トレードセンター』『8マイル』『テイク・シェルター』では頭がおかしい変なやつやってて、近年の『プレミアム・ラッシュ』『マン・オブ・スティール』『ICEMAN』では短気の暴力マンだったけど、今作でようやく緩いおっさんという新境地。(笑)
出番こそ少なめだけど、本当に美味しい役で監督が前作『テイク・シェルター』だから、全く逆のキャラを彼に与えたのかもな。

あと今作、子役がうまい。
よくまぁーあんな演技できますわ。
『リトル・ランボーズ』『未来に生きる子供たちへ』とか見てますけども、子供二人が活躍する近年の映画としてはこれが一番。

見る機会があったら映画好きなら見るべき。

メモ得点メモ

物語 8/10
キャラクターの魅力 8/10
監督の映画に対するビジョン 8/10
音楽 9/10
俺の趣味 8/10


81

ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

リンクなどはフリーです。じゃんじゃん紹介してー。

ブログ内関連記事のリンク
△未来を生きる君たちへ 2011年度161本目△
△リトル・ランボーズ 2011年度32本目△
☆大人は判ってくれない 2011年度116本目☆

2013年145本目 12月10日自宅Blu-ray鑑賞

Live at Rome Olympic Stadium
イギリス2013年イギリスのライブビデオイギリス


イギリスのオルタナティブロックバンドのMUSEのライブ映像作品。
2012年10月に発売されたMUSEの6枚目のスタジオアルバムの『The 2nd Law』を引っさげて行われたワールドツアー(2012年10月から2014年4月までの期間を予定)の2013年7月にイタリアのローマで行われたライブを撮影した作品。

また4Kという大画面でも高解像度を維持できる優れたカメラで撮影された作品である。


そのBlu-rayが発売されたので、速攻ゲット。
事前にライブビューイングが行われていたのだが、その情報を知らなかったので、スクリーンでの体験は逃してしまった、とても悔しかった。

というわけで、家で、ヘッドフォンつけて、爆音鑑賞!!

もう凄い興奮でした。

MUSEのライブ映像は初めて見たけど、すごい演出の数々で、ショウとして見応えたっぷり。
映像も思考を凝らし、随所に白黒の演出などを入れている。
演出の一環で、俳優も登場し、歌に秘められた思いなどをネタにしている印象。

またバックスクリーンの映像演出も非常に迫力満点。
全てバンドの三人がアイデアを出し合っているらしいのでまたすごいわ。

また高解像度の4Kカメラの映像が非常に美麗。
6万人一人一人が非常に鮮明に写っており、臨場感が段違い!!
家にいてもライブの興奮を味わえーる!!

ショウとしてのエンターテイメント性の高さは言うまでもないが、バンドとしてのライブの出来もなかなかのもの。
音自体はボーナストラックのラスベガスでのライブの方が、重低音などが効いている印象だが、たった3人とサポート1人で6万人を魅了する姿は、凄過ぎる。
その会場からの崇拝されっぷりやサービス精神などを含めても、失敗が許されない状況を完全に成功を収めている。
これがMUSEなんだな。

ライブとしてはフロントマンのマシュー・ベラミーが根本的に変態な感じで、楽曲一つ一つを高めている。
また3局目でキラーチューンの『プラグイン・ベイビー』を披露し、ライブが展開が心配になったが、それ以降も『セカンド・ロウ』で盛り込まれた、エレクトロニを中心した楽曲をうまく調和させており、バンドとしての面白さのバリエーションが豊富で、面白かった。

鉄板ネタが山ほどあるので、MUSEを聴いたことあるなら絶対買うべき。


ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

リンクなどはフリーです。じゃんじゃん紹介してー。

アマゾン通販紹介!!
Live at Rome Olympic Stadium
Muse
Warner Bros / Wea (2013-12-05)
売り上げランキング: 1,526


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR