http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

his0809

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
396位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
「逆襲のシャア直後のブライト艦長のお話。」
機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)
日の丸2013年日本日の丸


『機動戦士ガンダム』からガンダムシリーズ初期に登場する名物艦長の本心を激白
『機動戦士ガンダム』その続編『機動戦士Zガンダム』そしてその続編『機動戦士ZZガンダム』その後の劇場版『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』そして近年のOVA『機動戦士ガンダムUC』に登場するキャラクターである艦長のブライト・ノア。
本作は『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』直後のそして『機動戦士ガンダムUC』に続く物語だ。

シナリオは、『機動戦士ガンダムUC』という完全オリジナル物語の小説版を全巻執筆し、OVAにも監修している福井晴彦。

なので、自分としては『機動戦士ガンダムUC』を劇場で鑑賞し、Blu-rayも所持し、小説も集めている押さえておきたいので購入。

ううん。『UC』ファンとしては世界観が膨らんで面白いな。でも…。

やはりガンダムの立役者の一人のブライトさん。
ZZまでのガンダムのパイロットのほとんどがガンダムに乗るのを見届けたり、戦場に送り出しているだけあって、ガンダムシリーズの中での存在感はかなり大きい。
そんなブライトさんが抱える苦しみを分かち合うような作品。

作品全体がブライトのモノローグに映像を載せている形式になっている。
正確には、『逆襲のシャア』でのサイコフレーム事件を機会に諮問会議にかけられ、ガンダムに携わったものとして質問をされて回想に耽る形式で描かれている。

時代が進むに連れて、心を病んで行くブライト。劇中では全然描かれていないブライトの苦悩の幅を福井さんはうまく描き、オチとして『UC』ヘの布石を置き、うまく『UC』ファンに驚きを与えてくれるおまけ要素あり。

しかしここで気になるのが、これまでの『UC』以前の作品は富野御大将の作品だったわけで、それを福井さんが我が物顔で作品のイメージを変えるもしくは広げることをしており、二次創作よりは作品の世界観そのものを変えてしまうことを他人がやっているような形。ビジネス的にはありだと思うし、富野的にもOKだと思うが、ファンとしては気づいてしまうと複雑な心境だ。

まぁーそれは今に始まったことではなく、『UC』自体がまさに富野のアイデアを私益にしている感じなので、ここは『UC』を普通に堪能している自分としては、否定するに出来ないが、それで論争がインターネット大型掲示板2chで行われているのを目にしたことがある。

また作品は漫画だけどもモノローグ形式で絵で話を紡ぐ形ではなく、モノローグに絵を添えるようになっているのは、気になる点ではあった。


また絵を担当している葛木ヒヨンさんは、ロボットの絵などは良いのだが、人間の絵が下手。特に輪郭が変。歴代キャラがちょっと美形になっているが、なんかバランス悪い。
彼の連載作品であるデルタガンダムカイが活躍する漫画は、絵が不評でAmazon内で評価が低いのを見た。
今回は絵が中心ではないので、気にならない。

あともう少し各キャラが死ぬ決定的なシーンなどが多ければもっと見応えのある作品になったと思う。


ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

リンクなどはフリーです。じゃんじゃん紹介してー。


アマゾン通販紹介!!

2013年119本目 10月19日鑑賞
「二枚組だとは思わなかった。尻拭いの本気を感じさせる。」
機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN [DVD]
日の丸2013年日本の作品日の丸


2011年に放送のガンダムシリーズ史上最低の視聴率だった『ガンダムAGE』のアレンジされた総集編!!
2011年に放映された『ガンダムAGE』
当時『レイトン教授』や『白騎士物語』『イナズマイレブン』『ダンボール戦記』などの数多くのヒット作を手がけ『ドラゴンクエスト8』の制作で高い評価を得ていたゲーム制作会社レベルファイブの社長日野さんが『ガンダム』のゲームを100万本売るので『ガンダム』を作らせたとい言われている。
しかし畑違いの世界に手を出した結果、新規よりも古くからの熱心なファンの反感を多く買ってしまい、序盤から低い評価を得てしまい、ターゲット層であった低年齢層も囲むことができなかったようで、本国日本では過去最低の視聴率になってしまった。
録画やインターネットなどの多様化を考えても夕方から朝方に強制移行した『ガンダムX』よりも視聴率が低いとなると日曜夕方という良い時間で放送していたのを考えて、やはり酷い成果だったと思う。
またゲームも本編終盤頃に発売したのだが、3万本程しか売れず。トドメには近年の低評価作品ガンダムSEEDデスティニーと比べれられることも多くなっている。

そもそもこれは個人的にな見解だが、ガンダムの映像があんまりかっこ良くない、話が面白くない、とんでも展開があって酷い、キャラクターを大事にしないなどを見ていて思って、私は中盤で見るのを辞めたのだった。
見るのを辞めたガンダムは初めてかもしれない…。
またオレの知っているガンダムとしては初めてパイロット描写が少ない作品で、敵が人口AIを登場させているのかよくわからない。
敵のデザインもこれまでの映像作品に比べるとかなり異質になっており、他業種からの参入をとても顕著に感じさせる、誰もやらないことをして反感を買い失敗した形になっている。
話が面白ければ救いがあったのだが、根本的に作品が面白くないので、真新しい斬新な要素もどの側面から見ても否定に満ちた。

そしてこの度、総集編が出たので、やはりガンオタとして気になったので見た。
作品の酷さは言うまでもないのだが、キャラクターの中で唯一好きになれそうなキャラクターのアセムが主役なわけ。
スタッフも日野の面影も薄く、戦犯の監督も更迭。
綿田慎也さんが監督を務めた。脚本も一人になっている。

総評としては、中盤までは知っている話なので面白かったが、後半が知らないので、ついていけなかった。
ラストがクソだったので微妙。
部分的に見て、2部のダイジェストと3部と4部を駆け足って感じの作品。2部は問題点を大幅にカットして、見やすくしてた。3部と4部に至ってはカットしすぎて、最早何がなんだか…。挙げ句にゼハートのモノローグだらけでエンタメとしてクソ。

という感じ。
いや前半と後半で二枚組という本気さがあるのだが、このガンダムageは4部構成で、1部をフリットの少年時代、2部をフリットの息子のアセムとフリットが総司令として出撃3部はアセムの息子とフリットが暗躍、4部ではみんな一緒に戦うという構成。

前半は、2部の12話の不評だったところなどを大幅カットして、新規ガンダムの装備とか出したり、してアセムとライバルのゼハートの関係が掘り下げられている。
てかこの作品の主役は多分、ゼハート。声優の人気さが考慮されているのかね…。
それにここまでは見ていたから面白かったんだけども、後半のディスクからは3部4部を駆け足で描かれていて、しかも知らない話だから、急に出て来ては死んでの繰り返しで、正直ついていけなかったし、後編の途中からは終始ゼハートのモノローグで作品が描かれるようになって、映像作品として致命的に面白くなくなる。

作品としてゼハートがとても不憫で、終盤の年老いたアセムと若いままのゼハートの対立は、なんとも言えない不憫さがある。終盤のアセムの存在もなんか意味不明なんだけどね。

とりまガンダムAGEをちゃんと見ていれば、もう少し楽しめそうだが、そんな人自体少数だと思うので、頑張ってみても結局は作品として駄目な物は駄目だったと考えることにした。

まぁーこれ以降のガンダムは何を作っても褒められそうなので、劇場版『ダブルオー』のとんでも展開で、これからどんなガンダム作るんだよ?状態からよくやったと思う。
同時期に最高品質のユニコーンがあったりするから、余計に酷さが際立つ。
現在では『ガンダムビルドファイターズ』という子供を囲める最高の商業アニメを毎週高い精度でやっているんだからやはり『ガンダムAGE』は酷かったと思う事にしよう。


ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

基本的にリンクフリーです。

アマゾン通販紹介!!
機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2013-07-26)
売り上げランキング: 7,244
2010年11月5日通常版DVD鑑賞
2013年131本目 11月10日特別版劇場鑑賞
「復活上映見てきました。」
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇 [Blu-ray]
日の丸OVA1997年映画版1998年日本制作日の丸


ペンギンあらすじペンギン
テレビシリーズでの最終決戦から1年が経ったクリスマスのお話。
平和になったと思われた世界だが、突如小惑星でクーデターがおきてしまう。
その首謀者は前大戦でカリスマ的存在であった男の隠し子。
彼女は地球に宣戦布告をし、多くの人々が巻き込まれてしまう、ガンダムのパイロットだった5人の少年達は、独自にこの戦いに介入を始める。

ペンギン感想ペンギン

せっかくだし感想でも書こうかなと。ガンダム好きを自負する自分ですが、この作品正直あらすじはよく知ってるし、名言なども頭に入っているけど、見たことなかった気がするんだよね。
あと気になったしすっきりさせたくて見た感じかな。
後に映画化されて本作を再編集して更に新規のシーンを加えたものがあるんだけど、それはちょっと空いてなくて、もとになっているこっちで我慢した。そんな気合い入れてもいないし。
まぁーでもそっち見たら映画になるから色々上手く行ったけど、趣味だよこれは。

とりあえず、OVAですが、以前までの作品群とはちょっと異色で、主要キャストの過去を少しとこの事件を描いていて、結構不思議なある種のファンディスク。
またガンダムが数機出てくるのだけど、てっきりテレビ版のガンダムを改造したのが活躍しているのかと思ったら、本作のガンダム達は設定上ではテレビシリーズのラストで活躍したガンダムと一緒だが、デザインを一新しているというわけ。
正直この作品に出てくるガンダムは、ガンダム史上で1、2を争う素晴らしくカッコいいガンダムなのだが、それのあやふやな感じは結構問題かと思う。
そもそも主役のロボットとか羽毛生えているし。それ以外は超素敵です。

またそう言ったイケてるガンダム達の戦いがかなりカッコいいのも見所。

ただ何故か、カメラをパンしたりする妙な映像の演出をする箇所が多々あり、映像構成テクには問題のある作品。

主要キャラがビックリな感じで平均年齢15歳の暗殺者達のお話で、パイロットスーツは着てなかったり主人公はずっとタンクトップだったりと平成ガンダムの匂いがぷんぷんする。
こういうガンダムが出来たからよりガンダムの価値は上がったというのもなんか感慨深い。


それでも中身ないようであるのも事実、ウーフェィという拳法小僧の発言はすっごく印象的。

この物語が終わると二度とロボットは世界に存在しないらしい。

信用はできないが、この時期はそういうださめな感じが主流だったと感じていたい。

特別版を見たときの感想をどうぞ
なんかネットサーフィンをしていたら『ガンダムW Endless Waltz 特別版』の劇場再上映がドリパスで行われていたので、ノリで参加。そもそも定員まで行かなければ開催されないというので気にしなかったが、あっさり開催されたwwしかも結果的に完売してたwwガンダムのコンテンツの力すげぇー。
一応自分は世代的にガンダムWを地上波で見てて、まぁー当時としてはGガンダムの方が好きだったんだけども、それで自然と全作品見るようになって、リアルタイムで『ガンダムビルドファイターズ』も『ガンダムユニコーン』も見てます。いわゆるガンオタですよ。
まぁー話戻しますがそんで以前見たのが多分OVAなのかな?そんで今回は再編集版の特別版…。
正直前回にOVAを見たのか怪しい自分がいる。前回もこっちだったのではないか?とさえ思う。
とりま印象としては、再編集されていて、かなり話やシーンが飛び飛び。
連続性に問題があって、見るならOVA推奨。
あと結構登場人物たちって若いんだなぁーとまじまじ。
ロボットの能力が強すぎるし、操縦描写もかなり緩く、突っ込み所は現代を考慮すれば非常に多いけども、映像のセル画が細かく書き込まれていて、とても美麗で素敵。
ダイナミックな動きなども多くあり、ロボットアニメとしては十分のカタルシスを得られる。
ラストでは、平和という目標に向かって非常に感動的なラストにたどり着く。
それは、どのガンダムも行けなかったような場所で、これはこれで見応えあり。

買うならOVA版が欲しい。子供の時、この作品のガンダムたちを大量にプラモデルで作ってガンダムデスサイズヘルカスタムが大好きだったな。
今はヘビーアームズが好み。
でもウイングゼロカスタムもかっこよかった。
ラストのバスターライフル最大出力を機体が崩壊しながら撃つのは格好良過ぎ。

メモ得点メモ

物語 5/10
キャラクターの魅力 8/10
監督の映像や俳優への演出やビジョン 8/10
音楽 7/10
俺の趣味 4/10


57

映画として見ると物足りないかもしれない。総集編っていうのが難点。
会場腐女子だらけでビックリした!自分より若い人が多かったな。

ランキング参加中。この記事楽しめたなら、支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

基本的にリンクフリーです。

アマゾン通販紹介!!
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2011-08-26)
売り上げランキング: 5,206

↑3700円
新機動戦記ガンダムW Blu-ray Box 1
バンダイビジュアル (2013-11-22)
売り上げランキング: 251

↑22000円
新機動戦記ガンダムW Blu-ray Box 2
バンダイビジュアル (2014-01-29)
売り上げランキング: 522

↑22000円

TVシリーズ集めるのに4万はちょっと高い…。
ガンダムのBlu-rayは3万で揃うからやすいな。


コミカライズ版も相当面白い。


続編の小説版も現在連載中。いらんだろ続編。


2013年10月に出たやつ最新技術を味わえるのかな?欲しいけど、積んでるから無理。
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST プレミアムGサウンドエディション
バンダイナムコゲームス (2014-01-30)
売り上げランキング: 17

真・ガンダム無双 (初回封入特典(機体が手に入るプロダクトコード) 同梱)
バンダイナムコゲームス (2013-12-19)
売り上げランキング: 38

早くガンダム無双やりたい!!!!!!


キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


金曜日の深夜2時半から関東のTBSにやっているアニメ『キルラキル』。
とりま3話まで見たけど、面白過ぎてやばいっす。

とりあえず色々とあると思うけど、顕著な個性としては監督が今石洋之でメイン脚本担当というか、原作が中島かずきという超スーパー熱血道理吹っ飛ばしロボットアニメ『天元突破グレンラガン』の二人の新作!!というわけ。
『グレンラガン』もすごーく面白く、90年代以前に流行っていた王道スーパーロボットアニメを彷彿させるインパクトとフルパワーと熱血ぶりが最高で、非常に面白かったし、前半と後半で、時代が変わる設定も思考外にダークで面白かった。最終的に宇宙規模のサイズでのロボット対決などもあり最高過ぎる。

そんでこの深夜枠での新作。
内容を一言で表せば、学園変身少女熱血バトルアニメというとこかな。
簡単なあらすじとしては、父親を何者かに殺された少女が、敵を討つべく、ヒントの片ばさみを担いで、ヒントのありそうな動乱の激しい武力が全ての名門学園への殴り込み。
でもボコボコにされた少女が、廃墟になった自宅で見つけたのは、謎の学生服。
それは最強のアイテムで、それを纏った主人公は、セクシーな学生服へと変身し、とてつもない力を手に入れるというわけ。それを使って、敵を倒すわけだが。
まず中島かずきさんの脚本が熱血で勢いありすぎで激しい。台詞まわし一つ一つが男らしく、破天荒。
それに相まって、『グレンラガン』で見た、質量保存の法則をガン無視したのびるかっこよくなるたくましい、衣装というかビジュアルの数々や、キャラクターがすごい動く。もう面白い面白過ぎる。
しかも深夜枠なのをうまく利用してか、ちょっとエッチで、女性の裸体がうようよしているんだけども、強くて激しくて、最早かっこよく粋なのだ!!
もうすごいすごい。
3話目にして、ライバルにあたるものが登場、それとのバトルが凄まじかった。



なんかいかにも怪しい男もいたりと全18話(予想)なのですごいテンポの早さで展開していく物語が楽しみでしょうがない。最終的に主人公の学生服はどこまでパワーアップしてのびのびするのか、そんな凄い演出の数々が楽しみでしょうがない。
近年のアニメにしては完全に商業を無視した作りたいものを作る主義が色濃く、息する暇もないほど夢中に見入ってしまった。
最近のアニメはやたら視聴者の喜びそうな目線が優先してしまって、なんだか似たようなものだらけになってしまった中、埋もれることのなさがある。
またこれは制作者の色なのか、妙に90年代臭い。オープニングの歌といいエンディングといい、今時じゃない、『キルラキル』も実際70年やら80年のアニメのようなパワーと臭さを感じる。
それがまじで魂があって良い。

ちょっとBlu-rayも欲しいぞこりゃ。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2014-01-08)
売り上げランキング: 10


ニコニコ動画で1~2話公式配信中?

見終わった後、ヴァルヴレイヴ見て、ため息ついたのはここだけの話。
なんか噂によると1話完結のポケモンのスペシャルアニメの題材が、ゲームボーイで発売した初代ポケットモンスター赤・緑らしいじゃない!!
ポケットモンスター  赤
それおれ当時小学校の3年生ぐらいだったと思う。
バグ技使ってコラッタ倒してレベル100にしたりして、四天王をぼこしたり。
頑張って151匹集めたりしてたわ。
一番のお気に入りはミュウツーだったわー。あれは自力でレベル100にした記憶あるわー。
もちろんミューツーを捕まえるときはマスターボールを使ってだけど…。

そんなアニメを見てみたんだけど、本当に赤・緑のシナリオを忠実にしていながらも、ドラマ性の高い所は長く時間を割いて盛り上げていたわー。
マチスとかカスミのスターミーとかポケモンセンターのテンプレな挨拶とかなんかほっこりする。
その他の細かなだけどもゲーム中では便利アイテムを手に入るイベントがさっくり描かれているのも嬉しい。

抜粋での長尺エピソードは、冒頭からのニビシティでの初ジムでのポケモンの奥深さを学ぶ下り。
そしてシオンタウンのポケモンから学ぶ命の尊さ。
更には、ここが一番面白かったんだけどもロケット団との戦い。
ここはオリジナル要素で、サカキがレッド(主人公)と戦うことで、昔のポケモンへの情熱を取り戻す件。弱点とかガン無視でなぜかサカキが勝つ展開がなんか熱かった。
そんなサカキがポケモン道を極めるからロケット団解散させるとか燃える。
このサカキの姿が、実際ポケモンをゲームの一つと捉えるあの時初代ポケモンをやっていて、偏屈ゲーマーに陥った自分と重なって、あの頃は楽しかったなーって叙情的になれたわ。
でも新作は買わねー。ポケモンは151匹ぐらいがちょうどいいです。600とか狂ってますわ…。

最終的には新作の広告のように、XYの新要素の解説とミュウツーの件が合算されている。
感動的に描かれているけどもちょっとあざとい。
最後にミュウを捕まえるかな?って思ったらそこで終わってしまった。
ちょっとグリーン(ライバル)がかわいそうだったわ。

そういえば、ポケモンの漫画もあって、そこでは四天王がすっごい悪いこと考えていたりとか、金銀につづくんだけど、そこではレッドがカナンの力で氷漬けにされて封印させられたり、シバが操られて人格おかしかったりとかなりハードな設定ながらとても面白かった思いでがあるなー。

そんなポケモンの思い出を振り返られる企業の策略にはまったものの良い気分になれました。
↓これがその漫画。


ポケットモンスター X
任天堂 (2013-10-12)
売り上げランキング: 5


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR