http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

his0809

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
306位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
2011年04月
2011/03 2011/04 2011/05
imfui

豪さんのツィッターいた。名前違ったのか。
04-28 02:01

あっ豪さんツィーターいなかった。苦笑
04-28 00:43

今日初めて吉田豪さんをテレビで拝見したが想像していた人と違った。笑いやゴッドタンだからか。よしフォローしよう。
04-28 00:37

2011/04/29 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

そういえばpsからのメルマガ来たけど、まさかの個人情報漏洩だって。クレジットカードの番号とか漏洩って、本当にハックされたのかな。やば。
04-27 20:42

著名人がプレイステーションネットワークについて言及すると重みがますな。
04-27 09:40

2011/04/28 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

久しぶりに劇場版Zガンダムを見た。これってUCガンダムが発売されて、日の目を見なかった古いガンダムたちが活躍しているから、その時代のロボットが現役でそれでいて綺麗な画像で今作でも拝めるから再評価されるべきな気がする。
04-26 17:09

ジェシー・アイゼンバーグの最新作は、コメディ映画の強盗に巻き込まれる話とか楽しみすぎる。
04-26 17:08

レディガガ被災地でライブってカオスだな。心意気は買うけど。
04-26 16:15

任天堂wiiの後継機が発表だって!!買わなかった俺勝ち組?でもPS3も対抗して後継機出すことになるのか?まだマシーンの能力をフル活用したソフトもろくに出てないのに。これは注目。まぁー貧乏だから遠い世界の話ですが。
04-26 15:47

ps3はハッカーの影響でオンラインできないんだ。やばいな。
04-26 00:26

2011/04/27 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
イェーーーー!!

バーン・ノーティスシーズン3も見終わったぜ!!

まずは、バーン・ノーティスって何?

って人の為に軽い設定の説明。

敏腕スパイだったマイケルは、ある日突如解雇されてしまう。しかも任務中に!!

辛くも逃げ延びたマイケルは故郷である、アメリカの西海岸のマイアミで目を覚ました。

そこには同じく元工作員で現在は賞金稼ぎでマイケルに好意を抱いている、フィオナがいたのだったた。
彼女はマイケルを介抱していた。

ここからはうる覚えなんですが、無一文で資格も剥奪されたマイケルはとりあえず親のもとへ里帰り。
お父さんは既に死んでいて母親のみで、あとはたまに帰ってくる弟。

そしてマイケルをFBIに売ったサムという男を脅すようにして近寄ったマイケル。もともと仲良しだったらしいが、今回の件をちゃらにする為に協力をしろ!!というわけで、サムは協力するんだけど、マイケルを気に入ったというわけで、あとサムはこの街が大好き。

そういうわけでマイケルは復職をする為に、この街を拠点として活動をするんだけど、軍資金などがないから、人から依頼を受けて解決していくお話。

シーズンごとの構成は、スパイに復職するための作業を少しずつ描き、また一話完結型の体で依頼を一つこなすという形。


それの第3シーズンというわけ。

前作で、ついにマイケルを解雇したというか、解雇させた組織が登場。理由はマイケルを個人的に雇うため。

だがマイケルはその依頼を断る。組織は陰ながらマイケルを保護していたと訴える。マイケルは以前より危険な状態になったのだ!!




どうやらシーズン3までできてしまった思った以上に人気があるんだろうな。まぁー面白いから。

1話ごとの話もかなり複雑になってきて、依頼自体のレベルや予期せぬ出来事の質が高く、ドラマとは思えない派手さも備わってきた。


個人的な全体を通しての見所はマイケルたちの変装。あとは依頼を解決する為の面白い奇行の数々が斬新で実に面白い。

シーズン3の見所は、フィオナとの関係だったかな。

あとはドラマでは考えられない派手な展開。

フィオナとの関係に前作以上の進展があって、それがマイケルの目的自体を揺らすのだから驚きです。

またシーズンがかさむに連れて、他のドラマではキャストが入れ替わったり(死んだり)とするのが通例ですが、本作にはそういう要素が一切ないのが最高!!

またシーズン1や2で出てきたサブキャラが本作では再利用されるケースが多くあり、そういう意味でも面白い。

ただ終盤が少し微妙だった。

凄腕のスパイの目的を明かせ!!的な展開で進んでいたのにも関わらず、話はシーズン2の組織へとシフト。かなり時間を割いて積み上げてきた展開なのに、それを関係ないものにしたのにはかなり驚いたし、フィナーレとしては微妙。

ただ以前よりもマイケルの人柄を全面に出した形で、渋い作品として終わったな。

ただこうなってしまうとマイアミから舞台が離れることができずにスケール的な問題に壁ができてしまう。

24などは舞台を移動したりしていたが、本作はマイアミから出ることはできるのだろうか?
また映画化も決まっており、マイケルの過去を描くそうだ。スパイとして第一線を活躍する彼の活躍が待ち遠しい。

もちろんシーズン4も放送されていて、日本にもそのうちやってくるだろう。


アフィリエイトで見つけたスポンサー!!筆者の為に良かったらクリックしてちょ。。

前日は彼女の誕生日はとても質が高く祝うことができ、正直最高の一日を遅れたと言っても過言ではないのですが。
翌日パソコンを開いてみると、なんと自分のアカウントがログインできないという自体になってしまいました。

パスワードが通らないのではなく、なんとパスワードを打ち込み、そのままログインしデータをロードすると、何故かまたアカウント選択画面に戻ってしまうというわけです。

正直とても唖然としました。

前回PS3がクリスマスの時に赤ランプがついたときと同じくらい動揺しました。とりあえず昨日じゃなくて良かったと思いました。

また何故かゲストアカウントは、ログインできるという衝撃の事態で、本当に困った。

とりあえず4時間かけてシステムを再インストールしてみたのですが、それでもだめで、解決方法が全くわからないし、お金も無いので、ゲストアカウントにログインし、新たなアカウントを作り、そちらにパソコンの管理権を譲渡して、色々とやってみました。

もちろん新アカウントはログインできます。

とりあえず困ったので、保存されたデータ自体には新アカウントから開くことができるので、上手くコピーをし、なんとか新アカウントを本来のアカウント並みにすることは成功しました。

最終的には、元のアカウントを消去することにしました。

そしたらパソコンの稼働がよりスムーズになったわけです。

なんとも複雑ですが、パソコンのことは本当に良くわからないなと思いました。

ちなみに使っているパソコンはmacbookです。


アフィリエイトで見つけたスポンサー!!筆者の為に良かったらクリックしてちょ。。

2011/04/26 19:24 ブログ! TB(0) CM(0)
この日は一年に一回の彼女のお誕生日でした。

今年はなんか面白いことが浮かびそうなので、とびっきりのアイデアで行きました。

内容は秘密ですが、豪華ゲストから贈り物をもらって彼女はご満悦でした。

んでその中に高いかねを出して食べ物を食べるというイベントがありまして、この時自分の価値観変わりました。

正直自分、高いかねを出して一瞬でなくなるものつまり食物の摂取などに高額を出すことに違和感があったのです。

たった少しの時間の為に、なんてもったいないことをと。


いやでもそれは間違いだったというか、その考え方を覆す価値があったことに驚きました。

むしろあの時間はとても長く感じ、心に何かを残してくれました。

いや、たべたのはたった6000円ほどのランチのコースだったのですがね。

これがまぁー美味いことこの上ない。いや、今まで食べた食べ物の中で一番凄かった。

特に美味かったのは、桜えびとエリンギとしいたけと豚の揚げ物。

むしろそれ以外は初めて食べたものばかりで、美味さの基準が曖昧。

それでも至高の体験とはこのことで、美味いものを高い金を出して食べることの大事さを知った。

またそれを一年に一回何かしらの時別な日にすることが大事ということも。

何気なく、彼女が誕生日だと言ったら、デザートが豪華になって、彼女自身じゃないのにおれが泣きそうになった。凄過ぎる、おれの彼女の為にここまでしてくれるとは。

次回はディナーを5年後に食べにくるとウェイターの方に誓った。

それまでに、おれの収入もアップ。しているはずだ。

その為に頑張らないと、まぁー今就職氷河期より更に酷いんですけどね。


アフィリエイトで見つけたスポンサー!!筆者の為に良かったらクリックしてちょ。。

2011/04/26 01:48 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

西瓜を食べさせられるが、食べて夏が浮かぶから現在の気候からして違和感が凄い。
04-25 11:32

ブロークバック・マウンテン見た。乙女チックカウボーイホモ映画だったけど、ネタ的要素が強くて話は微妙だった!!案外楽しめた!!
04-25 08:57

2011/04/26 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

ポケットの中の戦争のDVDセット欲しい。
04-24 06:55

そうだ。おれがガンダムだ。
04-24 06:52

2011/04/25 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

おれ今年でバイト5年目。苦笑
04-21 23:30

豚めし頼んだら、牛飯出てきたと思って聞いたら豚めしで肉変わったと言われた。その後奥の方から目が肥えた客だと言われた。恥ずかしい。
04-21 10:14

2011/04/22 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

シルシルミシル見てるけどウド鈴木って、話術もなかなか長けてるんだな。ちょこちょこ出る小話が面白いな。
04-20 23:37

iphone5もう出るのか。てか本体代が払い終わらないまま新作が出るとか、きっとそういう風にひたすらお金を搾取するのが狙いだったんだな。
04-20 18:56

今思うとグレンラガンって悲しい話だな。まぁそれ以上にスーパーロボットの魂を体現した熱い話だったな。海外で安くブルーレイ売ってないかなぁ。
04-20 01:36

スパロボでカミナを死なせないことできるのだろうか。アニキ生存フラグあったら良いな。グレンラガンは最高だなやっぱり。
04-20 01:23

アニキィィ
04-20 01:14

2011/04/21 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

その後ツタヤで最近のライダーのオリジナルヴィデオでも見ようかと思っていったら、そのコーナーに停滞する人がおったので、現実に戻りデクスターだけ借りてかえった。あぶねあぶね。
04-19 23:53

今日は仮面ライダーの新作を見たお。40年記念作品らしいけど、ベースはオーズで物語は電王という形で、初代ライダーの時代に飛ぶ話だったから、あんまり多くのライダーは出てこなかったというかかなり真面目な話だったのだけど、終盤でお祭りに変えてた。(笑)まぁー仕方ないよね。
04-19 23:52

ミニブログ化したツィッターって怖いな。うん。それに比べ俺のツィッターときたら、なんて健全なサブカルチャー。
04-19 01:57

バイト場しばらくもめるな。やだやだ。
04-19 01:39

知ってる人のツィートをみて他人が怖くなる今日この頃。
04-19 01:34

2011/04/20 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

バーンノーティスシーズン3見終わった。少しだけ盛り上がりに欠けてたけど、上質であったと思う。とりあえずマイケルの母親がおれの母親に似てる。笑
04-18 06:05

エンジェルウォーズってさ、スタント無しだったよな。でも意味が無いんだよ。空っぽ過ぎてさ。監督が全部悪い。映画見たこと無いんだよ。笑
04-18 01:26

気がつけば半年に一回iTunesをリセットしてるおれ。
04-18 01:19

パソコン壊れてーアカウントを消去したぁ。これからどうなるのかなぁ?
04-18 01:13

2011/04/19 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

パソコンが壊れた。
04-17 14:49

2011/04/18 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

エンジェルウォーズが超つまんなくてやばかった!!
04-16 21:06

2011/04/17 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

スパロボの新作はきっと二週目に違う主人公が選べるんだ!!という期待。
04-15 20:41

ツィーターのアプリって定期的におかしくなって、その度違うアプリに変えるんだけどいったい何故なのでしょうか。
04-15 14:09

3時10分決断の時を見た!!面白かった!!荒野映画としてかなり上質!!
04-15 13:59

ガンダムブラウザウォーズが大好きです。
04-15 06:25

最近CD10枚ぐらいレンタルしてみんな微妙とか思ったけど、今思うとほとんど良かったな。特に良かったのは、フリートフォックスとベルアンドセバスチャンとユーズドとパールジャムのバックスペイザー。うんうんレンタル出来て良かった。だがダフトパンクとU2のノーラインは完全に微妙。
04-15 06:24

レディオヘッドの新作が大部良かった一気に三回聞いたのとか中学以来だな。
04-15 06:21

我慢出来ずにクレジットでロビン・フッドとグラディエーターのセット買ってもうた。だってグラディエーターがスペシャル版の初ブルーレイという実績だったら買ってしまうやろ。
04-15 01:53

2011/04/16 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
さてさて、本日は驚きのニュース(今更)をご紹介!!!

なんと

IMAXでエンジェルウォーズが見れる!!しかも字幕で!!!!!!

というわけなのです!!!

$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-エンジェルウォーズ


いやそんなこと別に知りたくもないよ。という人には悪いんですが、私のブログはどうやらエンジェル・ウォーズに興味を持った方がよくやってくるみたいで、それ関連の記事はだいたい人気があるみたいなので、正直そのまとめでもしようかと思いまして。

とりあえず下のリンクがこれまでの記事です。その下からまとめになります。

エンジェルウォーズの日本公開は吹き替え版がほとんど。

全米でのエンジェルウォーズの評価は酷評。


さてさて、映画ファン特に、ザック・スナイダーファンならとても期待していた、ザック・シュナイダー初オリジナル脚本映画というのが、本作エンジェルウォーズになるわけです。



さてさて、そもそもこの映画、日本の映画ファンにはとても不遇な扱いを受けているのは、ご存知でしょうか?

本作は特に、映画秘宝で特集が組まれ、大期待されていた映画なのですが、原題「サッカー・パンチ」というのがあるにも関わらず、「エンジェル・ウォーズ」という衝撃の邦題を付けられたことにより、多くの映画ファンは憤慨をしていたと思われます。

そもそもその「サッカー」というのが、多分英語でチンポを舐めるという愚劣なスラング英語からなるものだと私は思い、劇場予告にても描かれている通り、やたら美人な嬢ちゃんたちが出てくる、頭おかしいアクション制服映画になっているのですが、それ自体、暗喩でのビッチを想定した映画ではないかと思い、そう言ったビッチを指す、サッカーが付いたのではないかと私は思いました。
そしてそいつらの「パンチ」というわけです。(笑)とりあえず原題の意味は「不意打ち」というわけで、そのネーミングを気に入った矢先の「天使の戦争」という邦題です。これは遺憾というかがっかりというか、映画自体のビッチさをどうしようというのでしょうか?この映画を見たかったファンは、大部分が映画をこよなく愛し、ハングオーバーを公開する為に署名し、またスコット・ピルグリムも勿論署名したと思います。それが完全に自分たちの手から離れ違うものになってしまったという悲しみ。

自体は更に悪くなります。


「エンジェル・ウォーズの公開は配給会社の意向により吹き替え版が主体」

という情報が飛び込んできました。

さてさて、これはまたもや問題です。前述の通り、本作は映画ファンが大好きな監督の一人として上げられているスローモーションの天才ザック・シュナイダー(出生作はドーン・オブ・ザ・デッド、オープニングが凄い!!)の最新作です。映画ファンはワクワクしながら、彼のオリジナル作品でビッチ大集合のアクションファンタジー映画、通称制服を着た少女の不思議な国のアリスが気になっていたのですが、それが普段映画ファンはDVDを買って流し見する時に使うであろう、日本語吹き替え版でしか大部分の映画館では上映をしないことを発表というわけです。

それはもう、映画ファンは「え!?」というわけです。いやそれでも僕は新宿に行ってみますよ。と大部分のファンは思ったはずです。むしろその考え自体誰が得するの?とそう思ったと思います。



だったらむしろこの「エンジェル・ウォーズ」は誰が見るの!!??


というわけです。

何故都内の一、二館でしかやらないの?今までの映画秘宝たちの努力は何だったの?その思いは?


この映画の内容は、精神病院に入れられた金髪の美少女がロボトミー手術(脳の大事なとこを破壊される手術「カッコーの巣の上」は勿論みてるよな。)から逃れる為に協力して脱走する話です。(空想の世界に飛び込んでね。)

そんな中とうとう北米での公開が始まりました!!!

が、

なんと本作が酷評されてしまうという最低な事態へ!!


ふがふがふが。

そもそも本作はすっごい映像が大好きなザックさんのオリジナル映画。
そんな彼のオリジナルとなるとやっぱり脚本なんて無くて、魅せることを主体として脚本になり挙げ句に、女性が主人公という奇策を狙ったのですが、それがフェミニストの怒りをかう形にもなってしまったようで、そもそも本作はやっぱり商業的にも成功を狙っていたため、全年齢が見れるように、この手の映画なのに過激な描写はかなり抑えられているため、全体的に面白くないという評価になってしまったのです。それに大赤字。

そこからは急転を始める、ザック・スナイダーの評価という感じでしょうか。

そもそもザック・スナイダーの映画で傑作はあったか?確かに300は面白かったけど、原作の方が100倍面白い。ウォッチメンはどうだ?原作の面白い要素がほとんどカットされていて、終盤ぐだぐだだったじゃないか?フクロウの映画?ハリーポッターか何かか?

という感じになり始めているしだいです。(空想)

いやそもそもこの日本での彼の映画の扱いが実に不遇だという事実を忘れては行けません。確かにガフールの伝説は、ザックスナイダーが撮っていたこと知っている人の方が少ないと思いますが、あの映画の3DというかCG映像の質の高さは驚愕でした。確かに「これ一体誰の為の映画?」という疑問を持ち、対象年齢どこと心底思った謎の映画でした。
その迷走ぶりもありますが、彼の映画ではアルティメットエディションという本編が3時間にも及ぶものも存在したりと、映画という商業では収まりきれない可能性もあります!!ちなみにそれが日本では拝む事ができない悲しい事実もあり、彼自身の作品を真っ正面から楽しむことが出来ない事態でもあります。


そんな中、ついに配給会社の狙いが見えてきたのです。

そのエンジェル・ウォーズの声優をSONYミュージックに所属するスフィアなる声優ユニットが主要キャストの吹き替えを担当することになったわけです。

つまり僕ら映画ファンの楽しみだった映画は、大手音楽会社の宣伝に利用された。
というわけでございます。

その事態を悲しむ余裕も正直、サッカーパンチの酷評でどうでもよくなったと自分は思います。
むしろ配給会社は知ってて、この捨て駒を一気に宣伝材料に変えたのか?ということになります。
もうなんとも言えません。大手音楽会社が関わったら、映画館だって吹き替え版やるしかないですよね。



そんな中驚愕の吉報が入ります。

IMAXでエンジェル・ウォーズの字幕版が公開決定!!

こ。これは信じ難いニュースです。そもそもIMAXシアター自体普及していない日本で、挙げ句にザック・スナイダーなどの映画ファンが気にかけている映画は小規模でしかやらない傾向にある中で、この発表です。

裏側を考えるとなんとも驚きで、本来その時期には、アバターでおなじみのジェームズ・キャメロンが製作を手がける3Dアドベンチャーの「サンクタム」が公開する予定だったのですが、東北を襲った大地震と津波の影響で、水難事故の映画の公開はダメだと自粛が決まったしだいです。まぁーそもそもサンクタムという典型的な冒険サスペンス映画に人が集まるかも謎だと自分は思ったのですが。
その穴を埋めるべく急遽公開となったわけですが、流石にエンジェル・ウォーズのimax版に吹き替えの音が間に合うはずもなく、見事に字幕が公開したしだいだと自分は思います。

ただ翌週には子供向け作品の「少年マイロの火星冒険記」が公開するため(それもビジュアルがちょっと微妙のため、お勧め出来ないのと、全米でもこけた。)一週間しかやらないわけだ。

確かに酷評されているエンジェル・ウォーズだが、トランスフォーマーリベンジが好きな自分は楽しめないとは限らないし、そもそもこの映画ファン不遇の時に、嬉しい出来事が起きたわけだし、どんなにつまらない映画でも、是非ともIMAXで見て、高らかに叫ぼう!!


フリーーーーーーダーーーーーームッッッ!!!!



と。

そして本作を見たのですが、これが本当にクソ映画だった。まじ残念よかったら感想も読んでください。
感想

正直スコット・ピルグリムの方が面白いえいがでした。ザックスナイダーにはがっかりです。

おまけに他サイトで見つけたエンジェル・ウォーズのディズニー版の予告編。(笑)
2011/04/14 01:18 映画系のコラム。 TB(0) CM(2)
さてさて、本日は驚きのニュース(今更)をご紹介!!!

なんと

IMAXでエンジェル・ウォーズが見れる!!しかも字幕で!!!!!!

というわけなのです!!!

いやそんなこと別に知りたくもないよ。という人には悪いんですが、私のブログはどうやらエンジェル・ウォーズに興味を持った方がよくやってくるみたいで、それ関連の記事はだいたい人気があるみたいなので、正直そのまとめでもしようかと思いまして。

とりあえず下のリンクがこれまでの記事です。その下からまとめになります。

エンジェル・ウォーズの日本公開は吹き替え版がほとんど。

全米でのエンジェル・ウォーズの評価は酷評。


さてさて、映画ファン特に、ザック・スナイダーファンならとても期待していた、ザック・シュナイダー初オリジナル脚本映画というのが、本作エンジェル・ウォーズになるわけです。
$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-エンジェル・ウォーズ


さてさて、そもそもこの映画、日本の映画ファンにはとても不遇な扱いを受けているのは、ご存知でしょうか?

本作は特に、映画秘宝で特集が組まれ、大期待されていた映画なのですが、原題「サッカー・パンチ」というのがあるにも関わらず、「エンジェル・ウォーズ」という衝撃の邦題を付けられたことにより、多くの映画ファンは憤慨をしていたと思われます。

そもそもその「サッカー」というのが、多分英語でチンポを舐めるという愚劣なスラング英語からなるものだと私は思い、劇場予告にても描かれている通り、やたら美人な嬢ちゃんたちが出てくる、頭おかしいアクション制服映画になっているのですが、それ自体、暗喩でのビッチを想定した映画ではないかと思い、そう言ったビッチを指す、サッカーが付いたのではないかと私は思いました。
そしてそいつらの「パンチ」というわけです。(笑)とりあえず原題の意味は「不意打ち」というわけで、そのネーミングを気に入った矢先の「天使の戦争」という邦題です。これは遺憾というかがっかりというか、映画自体のビッチさをどうしようというのでしょうか?この映画を見たかったファンは、大部分が映画をこよなく愛し、ハングオーバーを公開する為に署名し、またスコット・ピルグリムも勿論署名したと思います。それが完全に自分たちの手から離れ違うものになってしまったという悲しみ。

自体は更に悪くなります。


「エンジェル・ウォーズの公開は配給会社の意向により吹き替え版が主体」

という情報が飛び込んできました。

さてさて、これはまたもや問題です。前述の通り、本作は映画ファンが大好きな監督の一人として上げられているスローモーションの天才ザック・シュナイダー(出生作はドーン・オブ・ザ・デッド、オープニングが凄い!!)の最新作です。映画ファンはワクワクしながら、彼のオリジナル作品でビッチ大集合のアクションファンタジー映画、通称制服を着た少女の不思議な国のアリスが気になっていたのですが、それが普段映画ファンはDVDを買って流し見する時に使うであろう、日本語吹き替え版でしか大部分の映画館では上映をしないことを発表というわけです。

それはもう、映画ファンは「え!?」というわけです。いやそれでも僕は新宿に行ってみますよ。と大部分のファンは思ったはずです。むしろその考え自体誰が得するの?とそう思ったと思います。



だったらむしろこの「エンジェル・ウォーズ」は誰が見るの!!??


というわけです。

何故都内の一、二館でしかやらないの?今までの映画秘宝たちの努力は何だったの?その思いは?


この映画の内容は、精神病院に入れられた金髪の美少女がロボトミー手術(脳の大事なとこを破壊される手術「カッコーの巣の上」は勿論みてるよな。)から逃れる為に協力して脱走する話です。(空想の世界に飛び込んでね。)

そんな中とうとう北米での公開が始まりました!!!

が、

なんと本作が酷評されてしまうという最低な事態へ!!


ふがふがふが。

そもそも本作はすっごい映像が大好きなザックさんのオリジナル映画。
そんな彼のオリジナルとなるとやっぱり脚本なんて無くて、魅せることを主体として脚本になり挙げ句に、女性が主人公という奇策を狙ったのですが、それがフェミニストの怒りをかう形にもなってしまったようで、そもそも本作はやっぱり商業的にも成功を狙っていたため、全年齢が見れるように、この手の映画なのに過激な描写はかなり抑えられているため、全体的に面白くないという評価になってしまったのです。それに大赤字。

そこからは急転を始める、ザック・スナイダーの評価という感じでしょうか。

そもそもザック・スナイダーの映画で傑作はあったか?確かに300は面白かったけど、原作の方が100倍面白い。ウォッチメンはどうだ?原作の面白い要素がほとんどカットされていて、終盤ぐだぐだだったじゃないか?フクロウの映画?ハリーポッターか何かか?

という感じになり始めているしだいです。(空想)

いやそもそもこの日本での彼の映画の扱いが実に不遇だという事実を忘れては行けません。確かにガフールの伝説は、ザックスナイダーが撮っていたこと知っている人の方が少ないと思いますが、あの映画の3DというかCG映像の質の高さは驚愕でした。確かに「これ一体誰の為の映画?」という疑問を持ち、対象年齢どこと心底思った謎の映画でした。
その迷走ぶりもありますが、彼の映画ではアルティメットエディションという本編が3時間にも及ぶものも存在したりと、映画という商業では収まりきれない可能性もあります!!ちなみにそれが日本では拝む事ができない悲しい事実もあり、彼自身の作品を真っ正面から楽しむことが出来ない事態でもあります。


そんな中、ついに配給会社の狙いが見えてきたのです。

そのエンジェル・ウォーズの声優をSONYミュージックに所属するスフィアなる声優ユニットが主要キャストの吹き替えを担当することになったわけです。

つまり僕ら映画ファンの楽しみだった映画は、大手音楽会社の宣伝に利用された。
というわけでございます。

その事態を悲しむ余裕も正直、サッカーパンチの酷評でどうでもよくなったと自分は思います。
むしろ配給会社は知ってて、この捨て駒を一気に宣伝材料に変えたのか?ということになります。
もうなんとも言えません。大手音楽会社が関わったら、映画館だって吹き替え版やるしかないですよね。



そんな中驚愕の吉報が入ります。

IMAXでエンジェル・ウォーズの字幕版が公開決定!!

こ。これは信じ難いニュースです。そもそもIMAXシアター自体普及していない日本で、挙げ句にザック・スナイダーなどの映画ファンが気にかけている映画は小規模でしかやらない傾向にある中で、この発表です。

裏側を考えるとなんとも驚きで、本来その時期には、アバターでおなじみのジェームズ・キャメロンが製作を手がける3Dアドベンチャーの「サンクタム」が公開する予定だったのですが、東北を襲った大地震と津波の影響で、水難事故の映画の公開はダメだと自粛が決まったしだいです。まぁーそもそもサンクタムという典型的な冒険サスペンス映画に人が集まるかも謎だと自分は思ったのですが。
その穴を埋めるべく急遽公開となったわけですが、流石にエンジェル・ウォーズのimax版に吹き替えの音が間に合うはずもなく、見事に字幕が公開したしだいだと自分は思います。

ただ翌週には子供向け作品の「少年マイロの火星冒険記」が公開するため(それもビジュアルがちょっと微妙のため、お勧め出来ないのと、全米でもこけた。)一週間しかやらないわけだ。

確かに酷評されているエンジェル・ウォーズだが、トランスフォーマーリベンジが好きな自分は楽しめないとは限らないし、そもそもこの映画ファン不遇の時に、嬉しい出来事が起きたわけだし、どんなにつまらない映画でも、是非ともIMAXで見て、高らかに叫ぼう!!


フリーーーーーーダーーーーーームッッッ!!!!



と。

そして本作を見たのですが、これが本当にクソ映画だった。まじ残念よかったら感想も読んでください。
感想

正直スコット・ピルグリムの方が面白いえいがでした。ザックスナイダーにはがっかりです。

おまけに他サイトで見つけたエンジェル・ウォーズのディズニー版の予告編。(笑)
2011/04/14 01:18 映画関係の雑記! TB(0) CM(1)
おれのブログの記事がなんか引用されとるううううううう!!

moeyo.comのガンダムUC3巻の紹介記事。
とりあえずそのサイトの概要。
moeyo.comとは
このサイトは『もんぷち。』(管理人さんですね。)が気になったことや、おもしろいこと、アキバ系・フィギュア・ゲーム情報などをどんどんのっけてっちゃうサイトです。
このサイトの情報はあくまで管理人「もんぷち。」の主観のみで記載していますので、紹介した情報が必ずしも正しいとは限りません。
また、このサイトを利用したことによって生じた損害について、管理人は一切の責任を負いかねます。



嬉しいような、自分の博の足りない文章を読んで不快に思われている方がいないかすげぇー心配だけど、どんな形であれ自分のブログがそう言った商品、はたまた自分の一番好きなアニメ作品であるガンダムの販売を促進されるような使い方になっていて凄っく嬉しいぞおおおおおおおおおお!!!!!!!

いやまじ、夢に一歩進んだような気がするぜ。

うん。やっぱりブログのタイトルをクソかっこ良くしたからだな!!うん。うん。
2011/04/14 00:05 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

リア友「昨日、imfuiちゃんのツイート見たよ」imfui「???」リア友「ツイッター上でも意地悪だね」imfui「そーかなー?」リア友「広めちゃおっ!」 http://shindanmaker.com/109407 #J_H_S
04-13 23:38

2011/04/14 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

エンジェル・ウォーズはIMAX版もやるんだね!!クソつまんなくてもそっちで見たい!!
04-12 13:03

2011/04/13 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

Suck It and See [12 inch Analog] って言うのがAmazonで予約開始しているが、これってもしや、レコード盤なのか?間違って買ったらやばいな。聞いてみたいけど。
04-11 23:58

そうそう、Amazonで予約した日本語版のレディオのnewアルバムはいつ発送されるのですかね。
04-11 22:45

グリーの中盤以降の質の急上昇には驚きが隠せない。凄いドラマだ!!
04-11 22:44

2011/04/12 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
「バットマン映画を度外視してもティムバートンの歪んだ世界観が境地に達していて、ダークサイドのティムバートンの最高傑作!!」
$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画批評~season Ⅶ~-バットマン・リターンズ
アメリカ1992年アメリカ制作アメリカ

監督
ティム・バートン
バットマン

出演
ダニー・デヴィート
L.A.コンフィデンシャル
クリストファー・ウォーケン
(トゥルー・ロマンス)

予告


ペンギンSTORYペンギン

ある夜、資産家の夫婦に子供が生まれるが、その子は奇形児だった。
恐れた彼らは、彼を下水道に投げ捨ててしまう。
その下水道の行き着いた先は、動物園にあるペンギンの飼育小屋だった。赤ちゃんを見つけたペンギンたちは、彼を育てるのであった。

そして月日は、流れた…。

狂った犯罪者が数多く存在するゴッサムシティでの物語。
そのクリスマスに実業家のマックス(クリストファー・ウォーケン)はクリスマスのイベントをするが、そこにペンギンに育てられた地下組織の犯罪グループのリーダーオズワルド(ダニー・デヴィート)通称”ペンギン”率いる犯罪組織が現れる。それに呼応するかのように現れるバットマン。彼はこのゴッサムシティの犯罪者を取り締まっているのだった。

無事に逃げ延びたペンギンは、今度は地下ではなく地上で成功をする為に、マックスに取り入り、自分を成功させることを強要する。
マックスはペンギンを市長にするために奮闘するが、野心家であるマックスは個人的にある計画があるのだが、それを無能な秘書であるセリーナにばれてしまう。密告をするという彼女を殺したマックスだが、セリーナは猫に群がられて復活をするのだが、精神に異常を来たし、彼女は猫の扮装をしキャットウーマンとなり不可解な行動を起こすのだった。

バットマンである大富豪ブルース・ウェインは数々の事象を傍観していた。

2011年3月28日鑑賞

ペンギン感想ペンギン

最近少しずつ、itunesからアフリエイトを頂いてるhisです。時代の進歩と少しだけ光明を感じます。目指せ副業。(苦笑)

そういうわけで、バットマン・リターンズを鑑賞。
最近は、バットマンのアメコミにどっぷり浸かっているわけで、その流れで、まだ見ていないし、出来が良いと小耳に挟んだので、勢いでパソコンでレンタル。(itunes)

前作のバットマンの感想は正直言って、残念極まりなかった。

ゴムで出来た黒いゴミ袋を被ったようなバットマンが、やたら原作に忠実だけどもろジャック・ニコルソンの悪ふざけのジョーカーと女を取り合うという、本当にバットマンのこと考えているのかよ?
と疑いたくなるお話で、ティム・バートン自身はダークナイト・リターンズの無慈悲なバットマンを本作に投影しているとか言ってましたが、それを第一作目で採用するのはどうかと思う。
結果的にバットマンは容赦の無い戦士(黒いゴム手袋を被った。)となり、人を数多く爆死さえ、うっかりジョーカーも死んでくれるという、ティム・バートンの感性は感じられるけど、肝心の物語が酷過ぎるという、この手の世界観の強い監督にありがちな失敗を見事にやってのけてくれた作品です。
ただ支持者も充分にいますので、責めては行けないところなのです。

まぁー新バットマンとしての原作に忠実でその上を行く緻密さがあるのは、イヤーワンを元にして作った、「バットマンビギンズ」なんですが。

まぁーそれはさておき、逆にこのティム・バートンの続編のバットマン・リターンズはというと、前作で微妙だったストーリーを完全にティム・バートンの世界観に合わせた物語に変更。もともと影の薄かったバットマンをより描かなくして、映画を進める為に接着剤化へと割り切り、逆に新登場した悪役の、ペンギンとキャットウーマンに禍々しいスポットライトを当てるという思い切った作品へと変えてくれた!!

その心意気と割り切り感は全てが仕方なく良い方向へ進み、ぶれることなく、彼の持ち味である世界観をより最高値のまま落ちる事無く、楽しむ事が出来る作品へと昇華されている。

それはオープニングから逸脱で、後年にでる、チャーリーとチョコレート工場やスウィーニートッドのオープニングの手法を本作でやってくれている。禍々しい世界観を続々と魅せ、見ている側を彼の世界にトリップさせる最高のオープニングだ。
またそれを描いたのがバットマンでなく、ペンギンというのが逸脱だ。

このペンギンというのが奇形児なのだが、挙げ句にペンギンに育てられるという驚愕のシナリオ。

そんな彼が地上で成功する為に頑張ろうとするのだが、逆にバットマンが邪魔するという、驚愕のストーリーも注目したい。

そう本作はティム・バートンが怪物であるペンギンの哀愁を深く描き。最後の最後まで怪物に愛を込めているのだ。

またその愛情は勿論、キャットウーマンにも注がれている。

突拍子もないアクシデントでキャットウーマンは誕生するが、その時の部屋で暴れるシーンのセットの在り方などが、またティム・バートンの世界観が顕著で、それでいて見事なのだ。

個人的には、世界観もののティム・バートンの映画としては本作が最高かもしれないと思えた。

ちなみに物語としてのマッチは、ビッグ・フィッシュを自分は推している。

またアクション面での評価も忘れちゃ行けない。正確には、アクションも彼の世界観を的確に表していて凄いということだ。

敵がサーカス犯罪グループという、バットマンにいるんだかいないんだかよくわからないのだが、そいつらの動きがまた凄いアホ。
いやひたすら曲芸しながらバットマンの側に来たりと、その歪んだ感性こそが、ティム・バートンの初期の至高の才能だと思う。

キャットウーマンなんて登場する時ひたすらバク転で、退場の時も、バク転だけという驚愕のシーンもあったし。

舞台設定も忘れては行けない。

時期がクリスマスというティム・バートンの得意な時期だ。そこに動物園という名の廃墟。

そこはまさにナイト・メア・ビフォアー・クリスマスのハロイン・タウンだ!!

そんな最高の舞台で最高に歪んだ物語と最高に歪んだキャラクターたちが最高に歪んだアクションを魅せてくれる。

終盤のキャットウーマンの扱いも最高だ。


ただやっぱりバットマンが完全に無個性。しかも残忍だし。そこがまぁーバットマン好きとしては良くないのと、もう既にバットマンでは無くなってしまっているのと。
キャラクターが物語であって、基本的に話は無い。(笑)

これをバットマンと思っては行けない。バットマンはもっと誰にも近寄る事が出来ない、堅い意思を持った狂人なのだから。その要素は多分ティム・バートンには描けないと思うし、ここまで来るとそれも必要ないとも思う。そもそもバットマンの俳優自体今では無名のランクなのだから。

メモ得点メモ

9

最高の暗黒映画です。初期の頃のティム・バートンは凄いなやっぱり。

しかもペンギンのシーンとか全部用意してそうなのが凄い。

あとペンギンを演じた俳優さんは、ホーム・アローンでおなじみの小さいおじさん。
彼の名演は心に残すべきだ。(生魚をかじったりするし。)


【10点満点の採点です。見てくれてありがとうございます。】

【バットマン】の自ブログの記事をまとめてみた【画像あり】
…その他のバットマンのアメコミやバットマンの筆者の記事をまとめた記事です。どうぞご利用ください。
imfui

石原が中高年に支持を得て当確だとか。新しい時代は東京には来ませんと。時代は進まなかったと。
04-10 20:02

今日の仮面ライダーの怪人可愛すぎる。
04-10 08:14

あと印象的だったのは、このキャラクターの顔のデザインだから顔で演技ができるとか、手で魅せるとか、後は制作者さんの技術力の高さとかの解説だった。恵まれた作品だな。
04-10 08:07

昨日は届いたガンダムUCのep3見た。音声解説も見たけど、原作の要素全て描いたら、80分になってしまうって、いやそれが本当は見たいんだよな。長ければ長い程嬉しいのにな。
04-10 08:06

2011/04/11 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

あちゃー。アメリカで買えば見れたのにー。
04-09 16:28

サマーウォーズのイギリス版を見ようとしたら、リージョンが違った。なんてボンミスなんだーーー。
04-09 16:26

とりあえず、スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団の感想は、渋谷っぽい映画だった!!(苦笑)池袋でも新宿でもない、洋楽のライブが行われるライブハウスがある渋谷と、ゲーセンっぽいがやがや感。とりあえずDVDより映画館の方が絶対楽しめる。だって音楽とゲームが融合された映画だから!!
04-09 02:29

今日のシネマライズのスコット・ピルグリムのイベント上映には、やっぱり各界の人が多く参加していたみたいだな。おれがわかったのは、わたなべりんたろうさんくらい。(笑)入り口で電話していた。(笑)でもみうらじゅんさんと名前間違えて、最終的に「りんたろう」って呼んでた。すみません。
04-09 02:23

スコットピルグリムを見たぞ!!凄い面白かったけど、誰に勧めて良いかわからない!!
04-09 00:36

2011/04/10 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

現在、小説版ガンダムユニコーンのラプラスの亡霊を読んでいますが、これを読む限り、映像化は完全にはできていない、ロボット戦争アニメのレベルまで落ちてしまっていたのだなと思う。原作はもっと高域のお話だ。この借りをどうつけるつもりだろ。このままじゃ厳密には映像化失敗になるぞ。
04-08 15:40

ラプンツェルが個人的に微妙な理由は、ドリームワークスみたいな要素を取り込んでしまっていて、ブレているからだと最近気がついた。日本ではそこまで愛されてないドリームワークスですが、それをやって高評とは相変わらずの日本だぜ。
04-08 01:30

2011/04/09 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
前のブログからやってたイベントでして、とりあえず25日締めで月に見た映画の中で特に心に残った映画を一つ選んで書くという月間イベント。

そういうわけで、上手いこと再開したいと思います。

4月
王冠1第9地区 王冠1

5月
王冠1月に囚われた男 王冠1

6月
王冠1告白 [DVD]
王冠1

7月
王冠1インセプション王冠1
…自分個人では、「映画」であるということを重視しようと思い、トイ・ストーリー3となやんだけどこっちにしました。
インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
インセプションの感想



8月
王冠1ヒックとドラゴン王冠1
…今年度初の3D映画のランクインです。すっごいファンタスティックな映画です。ヒーローの在り方とは?ハッピーエンドとは?ダークナイト以後のアニメの在り方を感じ取れた一作です。
ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
ヒックとドラゴンの感想。

9月
王冠1劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-王冠1
Aチームが最高に良かったけど、なんだろ映画という芸術?いや探究心をくすぶるものとして、本作は壮大でいて感動的で挑戦した一本だと思います。9月は絶妙な映画いっぱいみたな。
劇場版 機動戦士ガンダムOO ―A wakening of the Trailblazer― [Blu-ray]
劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-の感想


10月
王冠1エクスペンダブルズ王冠1
B級アクションスター夢の共演!!そして基本CG無しの心意気と中2の心情を60歳の大人が持つという素晴らしきイノセンス!!見た目だけで、有りか無しかがきっちり別れる映画!!そういう典型的な映画大事だと思います。

エクスペンダブルズの感想

11月
対象作品無し。

(劇場で見た映画は3本のみで、「遠距離恋愛」「怪盗グルーの月泥棒」「ガンダムUC2」になりますが、いずれもやや癖のある映画です。オススメはできません)

12月
王冠1シュレック・フォーエヴァー王冠1
今月見た映画もどれも偏りがちな映画ばかり、唯一ぐっと来たのは、本作シュレック・フォーエヴァーぐらい。40歳の子持ちのおっさんが、青春を取り戻そうとしたら…。という素晴らしき哉、人生!。
笑えて泣けて大満足!!てか最後にこれを持ってくる意味はあったのだろうか?

シュレックフォーエバーの感想です。

1月
王冠1ウッドストックがやってくる王冠1
アン・リーVSトニー・スコットだった今月。悩んだ結果。壮大さやスピリット面でウッドストックに軍配。アンストッパブルもかなり良かったですが。ウッドストックの壮大さを比較すると…。

ウッドストックがやってくるの感想です。

2月
王冠1ソーシャル・ネットワーク王冠1

冷たい熱帯魚とソーシャル・ネットワークの一騎打ちという感じでしょうか?今月はおしくもアカデミー賞を逃したソーシャル・ネットワークに軍配が上がりました。いや言いますけど、監督賞は完全にソーシャル・ネットワークだったでしょうが!!!!!

ソーシャル・ネットワークの感想です!!

3月
王冠1ザ・ファイター王冠1

英国王のスピーチ、トゥルーグリッドを押しのけての個人的に良かった3月期の映画は、ザ・ファイターです。なんと言ってもクリスチャン・ベールの怪演ですが、それ以上に俳優のアンサンブルや、環境などがツボでした。

ザ・ファイターの感想です。


といわけで2010年度の月間大賞は幕を閉じるわけです。今年は閑散期の映画の質の低さに驚きだったのと、全体的に映画の水準自体が低下しているようなきもしました。10年度初頭の映画は09年のアカデミー賞などをにぎわせた秀作が多かったですがね。

そういうわけでまた11年度月間大賞をお楽しみ下さい。

また2010年度のまとめとして
2010年度の心に残った映画

第5回hisデミー賞

2010年度面白かった映画ランキング!!

というのもあります。よろしければ参考に。
2011/04/08 01:56 これまでのhis0809! TB(0) CM(0)
imfui

明日はバイト終わりに渋谷に直行でライズでのスコットピルグリムを鑑賞して町山さんのトークショーを聞くのだ!!帰宅時間が不安だし終電あるかも不安だが、まぁ頑張るしかない!!
04-07 18:15

デクスターに入っていたウォッチメンの予告編には、見たことが無いシーンが入っていた。多分ディレクターズカット版の映像だな。見れない日本が不憫過ぎだろ。
04-07 01:01

2011/04/08 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

アークティックモンキーズ早くも4枚目のアルバムを6月に発売するのか?
04-06 23:53

最近コーラが売ってないよね。家には秘密の入手経路があるけど禁断症状が出ると辛い。笑
04-06 14:30

やっぱりグリーンデイのアメリカンイディオットは最高のアルバムの一枚だよな。
04-06 04:15

グリーンランタンは面白いのだろうか?最近DCコミックにはまっているから多いに期待できるけど。今年はエックスメンとソーとグリーンランタンとあともしかしたらキャプテンアメリカが公開するのかな?楽しそう。(笑)
04-06 03:47

ディズニーの新作はくまのプーさんなのか。多分日本は8月か9月だな。運が悪ければ、12月だな。ラプンツェルとトイストーリー同様にね。
04-06 03:30

2011/04/07 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
キングダム・カムにつづき、今度は、アメリカンコミックのダークナイト・リターンズを読みました。

DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)3990円

ちなみに本書の値段は、4000円近くあります。

しかも本書の厚さが、参考書程もあり大型本。

正直言えば、アメリカンコミックの名作はだいたいそのぐらいいつも分厚いので常識です。

また値段が高いのも翻訳の手数料や著作権が含まれているので、仕方ないと思います。

さてさてそんな本書の内容とは無関係な文章はこれくらいにしてと、とりあえずのこの本。

名前を読んだら映画ファンならビビっとくるかもしれません。

そう

ダークナイト!!

バットマンのアメコミです。

本作はアメリカンコミックの時代を変えた作品の一つとして、アメコミを語る上で欠かせない作品となっています。

内容はですね、なんと主役のバットマンの年齢は50代という、映画のバットマン好きには驚きの展開。

そしてなんと、バットマンは、引退をして10年が経ってしまっているのです。

理由は体調不良というわけではなく、原作同様、2代目ロビンの死にショックを受けてしまったからなのです。

でもクライムファイターとしての衝動を捨てることが出来ない彼は、かつて敵対していた犯罪者、トゥーフェイスの釈放を機会に、自身の獣性が再発し、バットマンとして復活するのです。

そもそもトゥーフェイスの釈放なのですが、彼がついに元に戻ったというわけだったのですが、やはり精神分裂は治ることはせずに、またデントはトゥーフェイスに戻ってしまうのです。

初老のバットマンは肉体を軋めかせながらまた自分の正しさを疑いながら、正義を執行するのですが、彼のいなかったゴッサムは次なる世代の悪が生まれていて中盤では、若い世代の悪と対立したりとなりますが、バットマンの復活についにアイツが帰ってくるのです。

ですが舞台背景には、スーパーマンとソ連などが出てきて、衝撃の展開が起こるのですが、悪とさえ断定されているバットマン、無慈悲で徹底した己の正義を貫く彼は、ゴッサム最大の危機にあることをするというわけです。

そしてついに、自身との決別を含め強大な存在化したバットマンへの抑止力としてスーパーマンとの戦いの火ぶたが落とされるのですが、正直スーパーマンとバットマンの戦いなんてインフラしたキチガイの力を持つスーパーマンと凡人であるバットマンであって、どこに面白みがあるんだ!!と思っていましたが、これを見る限り、納得出来るのです

そして物語は怒濤の幕を閉じるわけですが、本書には更に、ダークナイト・リターンズのその後を描いた、ダークナイト・ストライクス・アゲインも収録されています。

ただ本書は絵の作家が大胆に変わってしまっている為、少し読む難度が高いかもしれません。

またリターンズの方が、初老の異常者であるブルースの内面や世界に対しての思いを描いたのに対して、ストライクスアゲインは、近代のDCヒーロー総出演の勧善懲悪ものになっていまして、それはそれで面白いんですが、流石に一冊としてはバランスを欠いてしまっている感は濃厚。
また見知らぬヒーローが数多く出演し、リターンズの裏側には、スーパーマンの悪役が暗躍していたのだ!!的展開は少し退く。


さてさてだいたいの内容を紹介した後は本作の特徴を書いて行きたいと思います。


本作はライターのフランク・ミラー(300やシンシティを書いた偉大な作家)が言うように、メディアの動向を描くことが多くなっており、ブルースの主観とメディアの総意が描かれている作品になってますかね。
コマ割りも面白く、ブラウン管テレビの画面サイズのコマとウォッチメンの2倍サイズ位のコマを一定数割り振り、大事なシーンでは大きなコマをドン!!と魅せる様式になっています。
ただ後半になるほど、画一的な手法を無視しだし、全体的に大きくしたりとしています。

ただストライクス・アゲインは同様にメディアを用いた作品ではあるものの、絵のタッチがとても変化している為にノリそのものが違うため、コマ割りもより近代的になっています。


さて本書は何故、アメコミを語る上で外せない作品になっているかと言うと、この作品が書かれた時代、以前、アメリカンコミックは、子供に害のあるものとして著名な雑誌に取り合げられ、スーパーヒーローたちは裁判にかけられたような物だった。

それに呼応した子供の保護者たちは、子供に悪影響であるアメコミを子供から取り上げたのだ。

そんな価値の下がったアメコミに本当のアメコミいや、本当のヒーローとは何か?バットマンとは一体何者なのか?を描いたのが本作であり、本作のバットマンは引退していたバットマンという、重い設定と、本書の内容自体もまた過激でありながら、暗黒の騎士とは、またヒーローとは何かというもを読む側に感銘を与える作品となっている。

(本書では、911が予期させられた部分もある。)

この作品とバットマンイヤーワンにより、アメコミの評価は再考されるものになっている。(結局は落ち目であることは変わらないようだが。)

ここで映画好きとしての解釈を添えると、本作同様に、映画の新バットマンシリーズの二作目にあたるダークナイトという作品は、アメコミ映画の価値を一変させた驚愕の作品であり、またこれからの映画そのものの時代を変えた大きな一作という点を主張したい。

そうやって考えると、ダークナイトとダークナイト・リターンズは少なからず共通点があると思うので、あの映画のファンは是非とも本書を手に取り、唸っていただきたいものだ。


確かにアメコミは高いし、敷居の高いものになっているが、知識量としての鑑賞と捉えれば、膨大な体験を与えてくれる素晴らしいものだと自分は思う。


最後になるけど、普段書きなれないアメコミの感想を書いてみたものの作品の質の高さに及ばない文章と言葉の選択の数々に、言い表せない落ち込みがあるぜ。(苦笑)

あと個人的な願いは、クリストファーノーランのバットマンが次回作のダークナイト・ライジスで幕を閉じるがどうにかして主役をクリスチャン・ベールのままで本作を映画化して欲しい。
それ程本作は素晴らしい。
2011/04/06 23:16 趣味! TB(0) CM(0)
$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-エンジェルウォーズ


このブログ内で人気のカテゴリーに当てはまるエンジェル・ウォーズの話題なのですが、先日全米で公開されたのですが…。

なんと、北米での批評家たちの評価は最低

というわけなのです。

その理由は、今では二つに別れているらしく。

本作を全年齢の対象にするため、面白い部分がカットされて、微妙な映画になってしまった。

監督の自己満足でしかなく、全体的に面白くない。

という感じで、その興行成績の結果もお粗末なもので、

家族向けコメディ映画の小学生のオバカな日常が描かれた映画の続編に僅差で敗北の初登場2位スタートで結果も最近の映画作品同様低調なオープニング成績だったらしく、かなりの失敗作の見込みがたっています。

挙げ句に、アメリカの映画サイトロッテントマトでは、多くの方が低評価で、まぁー楽しんでいる人もいるみたいですが、非常に残念です。

まぁー自分はトランスフォーマーリベンジが大好きなので、楽しめると思われますが。

また本作を既に監督は、本編を大部長くしたバージョンのブルーレイやDVDを発売する気満々らしいというわけで、そこはスタジオ側の制限もかからなくなるとかで…本来の意図がより強く感じられますが、それが映画鎖国日本で拝めるかと言えば、ウォッチメンのディレクターズエディションが日本では発売て無いので、多分無理だと思います。





4月6日に追記します。

このエンジェル・ウォーズは全米で大顰蹙をかう最低な映画として酷評されているようです。まぁー内容と本作の主題からして、難しく考えれば考える程酷評せざる負えなくなるわけですが、ある有名な映画ブログで冒頭の5分が公開されているのでそのリンクを貼ります。酷評される意味もわかりますが、映像フェチならはまれそう。
サッカーパンチの本編5分へのリンク。

エンジェル・ウォーズの記事が人気の為、まとめをしました。それは下のリンクから。
IMAXでエンジェル・ウォーズが見れる!!(しかも字幕で!!!!!!)


そして本作を見たのですが、これが本当にクソ映画だった。まじ残念よかったら感想も読んでください。
感想

正直スコット・ピルグリムの方が面白い映画でした。ザックスナイダーにはがっかりです。


$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-エンジェルウォーズエンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセット コレクターズBOX [トレーディングカード・ブックレット付](初回限定生産)4385円

エンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセット2927円


ですが日本ではかなり好評だったようです。
いや賛否両論だとは思いますが。

あとアメリカでは制作費の分を稼ぐことができなかったわけで、海外での成績のおかげでわずかに黒字になったわけですが、宣伝費を考えれば十分赤字でした。
特にアメリカでの評価、史上最低映画!!という程、酷評されているわけでなく、半分の人がつまらなかったと思われているようで、またIMDbなどでは6点となっており、これは面白くないと相対的に評価されていると思います。
また全米在住の映画評論家町山智浩さんに限っては、エンジェルウォーズが評判が悪くこけてしまったので、スタジオ側が早々に公開を打ち切りした為、鑑賞することができなかったようです。ウケる。

逆に日本での評価はというと、微妙な感じで、最悪というわけではなく、日本の映画人口の根源的にアニメやゲームなどの文化があるせいか迎合的に好評。
しかし大事な女性層の評価は月並み低そうでして、まぁーそういうわけです。
筆者はクソ映画だと思いました。

ブログパーツ

2012年1月23日に追記です。

2011年のベスト映画が発表される中、残念な映画も勿論発表されるわけですが。
なんと映画監督のクエンティン・タランティーノ監督のいまいちだった映画として、本作が選ばれました!!おめでとうございます。
もう誰もが認める残念な映画になりましたね!!やふー!!



ようこそ『A Little his REDEMPTION.』筆者のhis0809です。
この記事は筆者のブログの人気記事です。
他にも人気記事などがあるので、よろしければ琴線に触れるかもしれません。
人気記事ランキング。
上記のリンクからその記事に繋がります!!よろしく!!
2011/04/06 03:16 映画系のコラム。 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR