http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

his0809

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
606位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
imfui

今日は後輩から貰ったマイウエイの舞台挨拶をみてこよー。マイウエイ自体は見たくない。
01-14 11:19

2012/01/15 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』しかし真面目なユーザーの意見からすると3Dの意味が無いのと、厳密に言うとドキュメンタリー映画であるわけで、そのドキュメンタリー部分がライブの要素を損なわせるわけで、ライブ見に行ったのに何だあのキモイオタク達は!!ということだ。
01-13 00:44

『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』をIMDbで見たら評価が低いわけだが、ユーザーの得点の内訳を見ると10点と1点が30%ずつという脅威の点数。グリーオタクとそうじゃない人たちの構図が見える。
01-13 00:43

2012/01/14 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-ピザボーイ 最凶
アメリカ2011年アメリカ制作アメリカ

製作
ベン・スティラー
トロピック・サンダー/史上最低の作戦、俺たちフィギュアスケーター、ズーランダー)

監督
ルーベン・フライシャー
ゾンビランド

出演
ジェシー・アイゼンバーグ
ソーシャル・ネットワーク、アドべンチャーランドへようこそ、ゾンビランド、イカとクジラ)
ダニー・マクブライド
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
マイケル・ペーニャ
(ワールド・トレード・センター、クラッシュ)

予告編


車あらすじ車

実在にあった事件(銀行強盗と爆死事件)を基にしたブラックコメディ映画。

現代のアメリカでのお話。
20代後半のニック(ジェシー・アイゼンバーグ)はピザ屋の配達としてアルバイトしていた。
その店は30分でピザを配達出来なければ、無料というルールの中配達人のニックは、凄腕の車の運転技術を使い、勿論それと経験を用いて、料金を頂いていた。
ニックの親友の同い年のチェットは、学校の先生でインド系のアメリカ人だ。二人はとても仲が良く、よく仕事後には遊んでいた。
チェットには双子の妹がいるのだが、ニックは内緒で彼女に恋心を抱いており、彼女と頻繁にデートをしていた。
その妹が仕事の為に遠地へと引っ越すことになった矢先ニックは妹のことがチェットにばれてしまい、挙げ句にチェットの原因でニックが不幸になったことが発覚して、二人はけんか別れしてしまう。

そんな中、同じ町に住むドウェイン(ダニー・マクブライド)とトラヴィスは、ニートでよく二人で過ごしていた。ドウェインの父親は元陸軍で偉い階級にいて、それでいて退役後に宝くじを当て、多くの富を手に入れていた。ドウェインは彼の遺産を狙っており、最近父の浪費が増えたわけで、苛立っていた。また父親は仕事をしない二人に更に苛立ちを覚えており、二人の仲はいわゆる険悪だ。

そしてドウェインは、父親の遺産を今すぐ手に入れる為に、父親を殺す計画を立てる。
その計画の一端として、知らない誰かを利用して、更に殺し屋を雇うことにする。
その知らない誰かは、なんとピザ配達人のニックだった。
彼を拘束して、爆弾をつけた二人は、ニックに銀行強盗を指示。
さも無ければ、爆死だ。
ニックは、チェットに助けを求め、仕方なくニックは彼を助けることになり、銀行強盗計画を練るのだった…。

2011年12月15日鑑賞


車感想車


『50/50』と二本立てしたわけです。そりゃあ『50/50』の方が混んでてこっちはガラガラでしたが。

『ゾンビランド』の監督のメジャー系映画に第2作目で、以前同様に主演は『ソーシャル・ネットワーク』でおなじみの僕らのジェシー・アイゼンバーグ。
そしてこちらもコメディとなっています。

しかし前作より脇を固める名優たちもいないわけで、しかも今作は実在にあって本当に人が死んだ事件をモチーフにしたブラックコメディというかなりの悪趣味な映画なわけだ。


異色バディー映画。
主演のジェシー・アイゼンバーグさんは、『ソーシャル・ネットワーク』と違ってのびのびと実年齢に近いキャラクターを演じていて、ある意味ではリハビリのようにも思える。
彼の役どころはただのピザ屋の店員なのだが、真面目に劣悪なクソ共に爆弾をつけられて銀行強盗するはめになってしまうというすげぇー辛い展開だ。
また一応はバディ映画であるので、相方もいるわけだが、これがなんとも言い難いインド人の方であるわけでして、その二人が協力して銀行強盗をしたりするわけでして、これがまた先に見た『50/50』と運悪くバディー映画として被ってしまっていて、挙げ句に絆的ものよりかは、絶妙に合わない凸凹感と奇怪感をオールウェイズ漂わせているというわけで、なんだか見る人を選ぶ映画であることは言うまでもない。


ブラックさも超える劣悪ぶりに誰が楽しめるのかと疑問にさえ思う。

冒頭からの主人公とインド人の喧嘩。
テメーの妹と寝た。お前の母ちゃんの離婚の原因はこのオレだ。

からの

そうだ親父を殺しちゃおう。俺たちでやるとまずいから誰か雇ってやらせよう。

それで、ピザ屋の配達人に爆弾をつけるわけでして…。

しかもそれが本当にあった事件で爆死したようで…。

それをコメディとして描くのはいかがなのもか。

しかし監督や脚本は必死にこの映画をアクションブラックコメディに仕立て上げていて、銀行強盗をブラックにさらりとやってのけて、警察からの追跡も爆弾が爆発しないかヒヤヒヤさせながら、持ち前の運転技術を披露して、さらりとかわすわけで、富んだアルバイトの大躍進な映画でもある。

そこに絡んでくるのが、デトロイトに在中している殺し屋さん。

この役をマイケル・ペーニャさんが演じていますが、彼一時期多くの見応えのある映画に出演していたと思ったのに、気がついたらこんな落ちぶれた役しか貰えなくなってしまったのね。

そのやばめな殺し屋としての登場で、この珍事件がより劣悪なものにシフトし始める。

終盤は更に劣悪な展開に陥り、もうなんとも言えないくそ野郎達の宴として映画は終幕を迎える。

ピザ配達人たちのラストもなんか微妙。

ヒロインもなんとも言えないこじんまりさがあるし。

だがエンドロール後に、ハイライトとも思える殺しを計画した奴のその後の計画が見事に成就するわけでして、いやいやそれなりに人死んだし、銀行は金盗まれたしと、真面目にB級映画だなこりゃ。


テンプレートコメディアンサンブル。
またこの前に見た『50/50』がコメディにありがちな、ワーキャーワーキャー男が騒いで言いたいこと山ほどいうという下衆さをわざわざ抑えたのに、対してこちらはテンプレートのようにそれを行っていました。うんまぁー比較してしまえば余計にね。

ですが本作は、なんと2011年の映画のヌードシーンの中でtop10に選ばれる程の魅力的な裸体が登場する展開があるわけで、そういうとこ優れてても別に映画自体は面白くなかったですから。


メモ得点メモ

4

DVDスルーでも見る価値無さげ。
純粋に劣悪過ぎる内容だった為に、俳優の演技や監督の技術に対しては酷評は及ばないと思う。
むしろ製作総指揮のベン・スティラーが全部悪いことにしよう。(笑)

ブログパーツ
imfui

え。ちょっとクークスライブ後に何してんの!!笑
01-12 23:48

「Glee: The 3D Concert Movie」を「7/10」と評価しました。http://t.co/EVyNAdXX #IMDb
01-12 21:58

新たに見直した楽曲はマイケルのPYTは素敵だなあーってなった。
01-12 21:56

グリーという海外ドラマはすげぇーことがよくわかる。特に映画版でも歌の翻訳の歌詞が出るとこが個人的に嬉しく、歌自体に違った面白さを感じられたりして、その楽曲を違う部分から好きになれたりと、グリーの及ぼしてる効能はやっぱり凄いと思う。洋楽好きはやっぱり見て欲しい。
01-12 21:54

そいえば今日「グリー3Dコンサート」見たのだけど、なかなか面白かった。確かに映画としてのカタルシスを含めるためというか如何にグリーが素晴らしいかのこじつけなインタビューはライブ映像を減らすという過失はあるものの全体的に素晴らしいパフォーマンスの数々。
01-12 21:52

クークスは唯一タイムアウェイトが無いのだけが、残念だったけど、非常にいいライブだったよ。
01-12 21:47

そういうギャップが前の時よりあったなぁー。
01-12 21:45

ただ楽曲一曲一曲がとても良かった。ただバランスがねー。前方の奴らも妙にばらけ出してて、結局下がってきたし、そもそも最高だった2ndの楽曲とかあんまりのってなかったのには驚いた。
01-12 21:44

クークスのライブは正直まとまりがなかった。1stでいいアイデア全部詰め込んだ感じで2ndで80.90sロックのコンセプトアルバムを作って3rdでバリバリなPOPに走ったわけだ、それがライブとして調和したかと言えば確実にNO!
01-12 21:36

比較対象にされがちだけどアークはその分ものすごくバランスが取れているわけで、POPさはクークスが高いと思うけど、ライブの質なら絶対アークだと思う。
01-12 21:36

2012/01/13 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
ハロルドとモード/少年は虹を渡る [DVD]1300円


DVD化に際しまして再アップ!!凄いぜ!!買おうか迷う!!映画界に吉報が駆け巡ってるぜ!!


「素晴らしき哉人生。」
果てしない未来へ~seasonⅤ~-ハロルドとモード 少年は虹を渡る

アメリカ1972年アメリカ制作アメリカ

車STORY車
19歳のハロルドの趣味は死んだふりと、葬式に行くことだった。
そんな息子を哀れに思った母親は彼を精神科医に連れて行く。
だがハロルドは一向に変わることはなかった。
だがある時、葬式に行くと、毎回同じ人がいることに気がつくハロルド。相手も同じく気づき、ハロルドと交流を持とうとする。
それは80歳手前のおばあさんのモードであった。
彼女はハロルドとは逆に生きることを謳歌する素晴らしい女性だった。
そんなモードとの交流でハロルドはじょじょに変化して行くのだった。

2010年7月26日鑑賞

車感想車

日本ではDVDにもなっていない、アメリカの映画史にはそれなりに高い位置で刻まれてる。傑作映画。

映画自体を一言で、表すなら「生きることは素晴らしい。」ということ。
このテーマを映画内で描くことって思いのほか少ないというか、描いても、妙に辛気くさく、湿っぽい話になりがち、じゃあ逆に本作の何が、指示のもとかと言えば、この映画のジャンルは極端に言えば「コメディ」と捉えることが出来ることだと個人的には思える。
一応映画の時代的言うと、1970年代でアメリカンニューシネマの時代。

今での、画一的なハリウッドの映画スタイルを破壊すべく、どこまでも過激に走った時代の一本。

まぁー気づいたかもしれないが、本作は、老婆と青年の恋愛という荒唐無稽な内容でもある。
そのぶっ飛び具合と更に、主人公のハロルドは、自殺の真似事を何度も何度もくり返す。

そんな絵空ごとを、上手く「物語」として成立させてる点も忘れてはならない素晴らしい面だ。

むき出しのパワーを上手く内包されている映画で、そのアメリカンニューシネマの中では、やっぱり抜きん出た一本だと思う。

とにかく、ハロルドとモードの交流がとても素敵で、死という象徴的な空虚さを求める、空っぽのハロルドと、美しさや自由を求めるモード。正反対の二人がそろうことでようやく、一つになれたのだろうか?
それでもやっぱりハロルドが自殺紛いするのには理由があったり、モードにも自分の中にルールがあったりと全く一筋縄では行かない映画。

映像自体にも、70年代の空気感と、まだ発展していない町並みの緑の多さなどの映像がとても素晴らしい。奥行きのある映像の多さにも心が揺さぶられる。

そして劇中歌がとても素晴らしいことにも注目していただきたい。
映画そのものを歌っているような歌で、曲調も素晴らしい。





テンポも良く、コメディ要素のハロルドの自殺での「腹切り」の展開がかなり良いです。

あとジャガーと霊柩車の合体のセンスの良さは、すごいです。

そしてラストの暴走もなかなか、そして一人音楽を奏でるハロルドの後ろ姿は、成長と悲しみを背負い、それでも彼は前に進めたと、安堵の涙が流れます。


メモ得点メモ

9点

何故日本ではDVDが無いのだろうか?でもどうせ皆見ないんだろうな。


【10点満点の採点です。見てくれてありがとうございます。せっかく大きいとこでブログやってるのでランキング参加してみました。良かったらクリックして。また、映画への関心レベルを上げる為、予告編を貼ってみました。色々挑戦できるのでやってますが、見づらかったり、もっと質の上がることがあれば、意見ください。あとお小遣い稼ぎに右上にバナーあります。良かったらクリックしてから違うページに言って(笑)あっ勿論しないでも良いです。ありがとうございました。】
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログパーツ
A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-5050
アメリカ2011年アメリカ制作アメリカ

製作
セス・ローゲン

出演
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
インセプションメタルヘッド(500)日のサマー
セス・ローゲン
セス・ローゲン、無ケーカク命中男/ノックト・アップ、スーパーバッド童貞ウォーズ)
アナ・ケンドリック
スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団、マイレージ、マイライフ)
ブライス・ダラス・ハワード
ヒアアフタースパイダーマン3

予告編


横顔あらすじ横顔

現代のアメリカ。

27歳のアダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、いつだって安全を心がけて、健康志向で、彼女とは同棲をしていて、とても几帳面で、仕事はラジオ局で火山の番組を企画中。
彼女は、同世代で駆け出しの画家のレイチェル(ブライス・ダラス・ハワード)。
学生時代からの親友のカイル(セス・ローゲン)は、女の子が大好きで、いつも遊び歩いているが、毎朝彼の車で職場に向かっている。勿論職場も一緒だ。(笑)

だがアダムは今日は無性に腰が痛かった。気になったアダムは、病院に行ってみる。

そこで医師に意味の分からない病名を告げられたアダム

要するに癌だ。

死とは距離を置いて生きていたアダムは5年以内に死亡する確率が50%になった。

それからアダムのまわりの生活は一辺してしまう。
レイチェルはアダムの母とアルツハイマーの父の前で、アダムの看病をする事を誓ったり、カイルは 何故かいつもと同じだし、アダムは癌治療の一貫として、セラピーを受けるのだが、担当のキャサリン(アナ・ケンドリック)は自分より年下で、しかも自分は3人目の患者だとか。

自分の死と直面したアダム。それでもアダムは生きて行くのだった。

2011年12月15日鑑賞

横顔感想横顔

見たの一ヶ月前だけど、それでも感想を書いてみようと思う。

気がつけば、本作がゴールデングローブ賞のコメディ部門作品賞にノミネートしているわけで、この映画はそういう意味で優れた作品だったのは明確だったと今なら言えるわけです。
また自分の参考にしている一般参加型の映画のサイトのアメリカのサイトのIMDbでも2011年の好評の映画のTOP10に入る程の支持を誇っている程。



製作:セス・ローゲン
監督は無名の方ですが、パンフを読むと、どうしてもセス・ローゲンと映画が作りたかったというちょっと珍しいケース。
また製作にセス・ローゲン。製作総指揮は脚本家で実際に癌にかかった主人公と同じような立場の方。
そのセス・ローゲンと脚本家が友達だったようで、セス・ローゲンの後押しで映画化がなったようです。
セス・ローゲンって見た目以上に良い奴なのかも。
でもオレは『グリーン・ホーネット』の暴走は認めたくない。

まぁー本作では、セスは主役では無いのでね。

主演のジョセフ・レヴィット・ゴードンなのだが、元々は『Xメンファースト・ジェネレーション』や『ウォンテッド』『つぐない』などでそれぞれ名演をしているジェームズ・マカヴォイさんだったらしいのだが、家族のトラブルに遭遇し撮影直前に降板してしまったようだ。
その短い間で役作りをしたゴードンはかなり凄いし、その演技も好評でゴールデングローブ賞に主演男優賞にノミネートしたわけです。
それでもジェームズ・マカヴォイさんの『50/50』はとても見たかったです。きっと皆さんも同じ気持ちだと思うけど。



強い炎が出るマッチ棒
『(500)日のサマー』で日本で多くの映画ファンの注目を集め『インセプション』で多くの映画ファンが彼のファンになったと言っても過言ではないゴードンさん。
最近では『メタルヘッド』でメタル好きのアウトローを好演したのが印象的で、いずれも見た目は大した事無いが、動いてみるとなかなか見応えある人物像でして、本作でも草食系男子で普通なアダムを苦悩と哀愁を交えながらそれでいてチャーミングに好演している。
マッチ棒みたいな人だけど、強い炎が出るというか。
細身のスーツが世界で一番似合いそうな俳優だとオレは思う。
クリストファー・ノーラン監督のバットマン三部作の完結編『ダークナイト・ライジング』でも役どころが明かされないという絶妙なポジションで参加していて、これからの彼も多いに期待できる。



とりあえずこの映画を一言で表すなら
明るい難病もの。
というのがやっぱりふさわしくて使い古され過ぎて、ちょっと恥ずかしいぐらい、ぴったりなフレーズ。
笑って、泣けて、もう涙の重さはそりゃぁー重い重い。
難病映画の製作が大好きな日本に取っては、目をそらしたくなる程、素敵な映画になってしまっているわけで、本作は、真っ向勝負で癌に主人公がぶつかりながら、徐々に病魔に日常を浸食されながらも、健気に普通に生きようとするけど、やっぱり終盤では感情が瓦解してしまい、そこからようやく見えてくる、多くの支えに自分は心打たれて、男泣きしてしまった。

特に自分が本作で注目すべきだと思うのはウザキャラの典型的だったセス・ローゲンの背中で語る演技。

今までだったら、うるさい程、自分の言いたい事を出来る限りの下品な言葉で表現する、素晴らしいクソやろうだったわけで、でも本作ではその個性をやや封印して、主役を支えるキャラクターに徹しているし、むしろそのうざさを敢えて出しながら、むしろそのうざさこそが、「支え」だったりするわけで、そういう意味では助演男優賞を上げたいぐらい素敵だったし。彼に対しては男泣きしたよ。本当に。
そもそもセス・ローゲンは本作のプロデューサーなわけで、そういう意味ではとても素晴らしい活躍をしている。映画を支えるという立場では、マジでやってくれた。大成功だぜ!!



支えていることに気づかない主人公の妙。
特に本作で一番感動したシーンは、主人公の手術前日にセス・ローゲンは、二人で、高校の卒業パーティーに来た河の前に連れてきてしまうわけだ。それを主人公はひたすら疎ましく思っているだけで、セスはひたすらあの時パーティに一緒に行った女子の事を一人語りながら、主人公が飲むことが出来ない酒をちょびちょび飲んでいるわけだ。
それを主人公はとことん疎ましく思い、ついにセスに怒り爆発、車の運転なんてした事なかったのに、車の運転をしたいとか言ってセスの車を衝突させたりしてみたり。
だがセスを布団に寝かせてトイレに行った主人公は、セスが「癌患者との向き合い方」という本をまるで大学受験の参考書のように至る所に付箋と線を引いていることのを見つけるわけで、それでようやく彼が何故自分の前で普段と何も変わらず下品な話ばかりしていたかを知るわけで、そこからは見ている自分も映画も感情的に成り始めるわけで、映画自体がひた隠しにしてきた死への恐怖だとか、主人公への愛だとかが大爆発。
そこからの展開は秘密にしよう。
そこでもセスは、さりげない演技を披露してくれていて男泣きしてしまった。



セス・ローゲン以外にも魅力的なヒロインたち。
まぁー冒頭からセス・ローゲンは凄まじく良い奴で、ビッチ役だった金髪美人のブライス・ダラス・ハワード(いやこの女優さんってマジエロいよね。超好み。)の本質を暴いたりすんだけど、それも主人公には実際は迷惑だったり、それでもいつでも良い意味で主人公を支えたり、そういった絶妙な暖かみが映画の死への直下を妨げたわけでして、映画自体のバディームービー的典型さが映画のトーンを救ったわけで、『ハング・オーバー』や『スーパーバッド』『40男のバージンロード』の神格化とでも言いましょうか、そういった素晴らしいバディームービーの到達点の一つとして、本作は良作なのです。

そういえば、『ヒアアフター』に続きブライス・ダラス・ハワードはまたも主人公を地獄に落とす魅力的な女性でござる。

映画を彩る音楽については、コアすぎるので割愛して。
あとブライス・ダラス・ハワードの対抗馬として出てくる年齢不詳過ぎる可愛いヒロインのアナ・ケンドリックの抜擢も見事だな。
むしろこのアンサンブルは、ジェームズ・マカヴォイでは合わなかったと思うし、ジョセフで良かったよね。そういう意味では。

この映画はそういう意味で色んな面で良かったなぁー。
セス・ローゲンは演技派俳優とのアンサンブルが逸脱だってことが証明されたり、バディームービーの可能性を証明したり、日本映画の堕落ぶりも感じられたね。(笑)


メモ得点メモ


8

そのバリカンはオレの玉の毛を剃ったんだよ。おえー。

(笑)

点低い?まぁーそれはご愛嬌。

ブログパーツ
$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-ロビンフッド
アメリカ2010年アメリカイギリス共同制作イギリス

監督
リドリー・スコット
(エイリアン、ブレードランナー、グラディエーター、アメリカンギャングスター、ワールド・オブ・ライズ)

出演
ラッセル・クロウ
スリー・デイズ3時10分、決断のときL.A.コンフィデンシャルアメリカン・ギャングスタ
ケイト・ブランシェット
(ベンジャミン・バトン数奇な人生、インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国、エリザベス:ゴールデン・エイジ)
ケヴィン・デュランド
リアル・スティール、団塊ボーイズ、ウルヴァリン: X-MEN ZERO

予告編


馬あらすじ馬

1199年。イギリスの十字軍の弓兵として従軍していたロビン・ストライド(ラッセル・クロウ)は、凄腕の弓の使い手であった。
だが戦の途中、イギリスの王が戦死してしまう、丁度その戦に参加していなかったロビンは、仲間と共に戦場を脱出。
だが道中で、自軍の王の親衛隊が何者かに襲われている現場に出くわしてしまう。それを撃退したロビン小隊は、親衛隊長だった男に、王冠の輸送と王の戦死の事実を告げるのと彼の形見でもある剣を父に返還することを遺言として託されるのであった。
仕方なく親衛隊として騎士に成り代わった彼らは、国へ戻るのだった。

無事国に帰った彼らは、上手い事その場をしのぐのだった。

しかし政府は窮地に立たされていた、次期王位を継いだ弟は、自身の悦楽の為に税を上げさせ、払わないものは殺すとい独裁を提案。政治のアドバイザーも解雇し、母親は遠ざけるのだった。

しかしそれはフランス軍の画策の一つだった。くそ野郎の弟を王位につかせ、弱り切ったイギリスを奪おうとしていたのだった。

その頃ロビンは、遺言を果たすため彼の故郷へと仲間と共に足を向けていた。だが暗殺計画を考えたフランス軍の追っ手が彼を追いかけていた。
そして彼の故郷についたロビンは、彼の父に対面、そしてその父はロビンの出生を知る人物だった。
また彼は、ロビンを自分の息子として成り代わらすことを決め、もともとの妻だったマリアン(ケイト・ブランシェット)は困惑を隠せないのだった…。

2011年12月14日鑑賞

馬感想馬

更新し出した。と思ったら更新しない。ふと見たら日記を書いていた。まぁーそういう人なのです。

自分はこの映画Blu-rayを持っているのですが、映画館では鑑賞しなかったのです、相当力を入れて宣伝していたのを自分は覚えていますが、それなのに対してヒットもしなかったと覚えています。
どう考えてもこの映画が面白いわけが無いとあの宣伝を見たら誰しも思ったのではないだろうか?

そもそもそんな映画のBlu-rayをなんでお前みたいな奴が持っている?とか思われたら、なんかamazonで本作のBlu-rayと抱き合わせで『グラディエーター』がついているみたいで、それはなんだかお得な感じじゃないか!!と思い、当時は廉価版もそこまで出てなかったと思うのです。それで、それを買って、なんと1年程寝かしていて、TSUTAYAのチャートに入っていたので、試しに鑑賞してみたわけです。

いや。本当に売れるパッケージってつまんない映画多いよね。

TSUTAYAのDVDの廉価版のセルのランキングを見ると毎度『バーレスク』などが入っているわけで、売れる理由は、勿論女性が買っているというのが検討つくし、あとは『アバター』だとかまぁーそれは買いだと思うけどね。そういう廉価版を買う人って、やっぱり映画中級者の女性とかなんだと思いますね。女性層はオタクとはちょっと違うから、なんとも言えん。


というわけで、『ロビン・フッド』を見たわけです。

監督、リドリー・スコット、主演、ラッセル・クロウ。そして舞台が19世紀と過去のヨーロッパを舞台にして、有名な義賊であるロビン・フッドの映画化。
ロビン・フッド自体は数多く映画化されているわけで、その時点で何とも言えない微妙さがあるが、監督と主演のコンビがどう考えても『グラディエーター』の組み合わせで、映画の無いようからして、その雰囲気がぷんぷん。

そんなフィルムの焼き直しのような映画が多くの人に求められているかとえいば、それは違うし、この映画の中身を見れば、『グラディエーター』に及びもし無い内容にがっかりしただろう。

冒頭は、十字軍遠征のシーンから始まる。
これがなかなか面白いというか、期待通りのリアリティ溢れる甲冑を来た中世の戦争なのだ。
銃ではなく弓矢が飛び交い、肉体がぶつかり合う。
そんな骨太の戦争シーンが実に面白い。
だがしかし主人公であるロビンは普通の兵士であり、別にヒロイックな要素はない。ちょっと兵隊同士でいざこざをしたり。
逆に王様がガンガン出てくるわけだが、その王様がうっかり死んでしまい、自体は急展開なのだ。

と正直言えば、ここが映画のハイライト。

その後は、フランス軍の策略やイギリスの王制内のいざこざ。
そしてロビンは少数の仲間を引き連れ、故郷に帰宅しようとしたのだが、トラブルにあってしまい、重要な任務を帯びてしまうわけだ。

そして映画のヒロインであるケイト・ブランシェット。

そもそもこのケイト・ブランシェットがなかなか謎だったりする。

そして急展開なのが、ロビンが何故かケイト・ブランシェットの夫に強制的に成り代わる展開。

そこからは中年同士のメロドラマがやや繰り広げられる。

一体オレは何が見たかったのか?

そもそもこのメロドラマもなかなか不条理で、ケイト・ブランシェットは夫を愛していたわけだ。
しかし戦死してしまった夫の代理として夫兼息子を演じることになったロビンとさりげなく心の交流を重ねる。なかなか簡単には受け入れ難い展開だ。

そして同時並行でイギリスの王の部下たちがフランス軍の入れ知恵で、村を襲ったりと虐殺を繰り返す。

そもそもラッセル・クロウのアクションを期待していたりするのだが、彼はおどけながらニヤニヤしているだけで、いっこうにそういうこともなく、なんとも言えない歴史の一端を垣間見ている。

そしてロビンの正体が判明し、いや全く感情移入できないし、フランス軍の策略を察知したイギリス人たちは、王に権利を頂く変わりに共闘することを宣言。
結果的に、イギリス軍はロビンの活躍により勝利を掴む。

うん。別に面白くもないあらすじだ。

そしてその後の義賊になるロビンのヒロイックぶりもいまいちだし、そもそも冒頭のアクションから一気に映画自体の方向性が定まっておらず、なんとも言えないちぐはぐ内容に仕上がっている。

冒頭は歴史大作的壮大なアクションと見せかけておいて、中盤から単純で滑稽なヒーロー冒険活劇にシフトするあたり、マジで駄作。
だったら最初からそういう方向にしてくれれば、良かったものの。
やはり『ロビン・フッド』という内容の方向性からこうなる運命だったのだろうか。
非常に残念な映画だ。

また序盤の魅力的なロビンの仲間も中盤の路線変更で、お笑い担当となってしまったり、終盤のバトルでケイト・ブランシェットが戦場にいたりと、なんとも混沌とした映画だ。

だから歴史ものなのか?ヒーローものなのか?恋愛ものなのか?
リドリー・スコットも老いてしまったと思う。

メモ得点メモ

4

王様の暴君ぷりもげんなりだが、映画が厚いんだか薄いんだかあやふやだったりもげんなり。
それでいて上映時間が2時間越えの超大作なのもまたげんなり!!

オススメはしない。

$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-ロビンフッド

ロビン・フッド [Blu-ray]1374円

ロビン・フッド&グラディエーター セット [Blu-ray]3782円

ロビン・フッド [DVD]1167円


見た事無いけど、多分ケビン・コスナー版の方が面白い。

ブログパーツ
imfui

「トレインスポッティング」を見てるが、ブリットPOPの映像化というPOP過ぎる「時計じかけのオレンジ」というか、この映画傑作すぎる。
01-10 23:16

http://t.co/c3ADg1H2です。映像コンテンツ全てをカバーしているアメリカのサイトのようです。アカウントはFacebookと連動のようなので、そっちあれば特に苦労しないと思う。
01-10 16:50

もっと皆imdbを利用しようよ。あれ気軽に得点つけられるからかなり利用しやすいと思うんだよな。
01-10 16:49

『フロストvsニクソン』見た。ただのインタビューの裏側を映画のルールに当てはめた良作。監督がロン・ハワードだけに目新しさも無ければ、若い人はニクソンを知らないと思う。だがニクソンを知りたくなるには十分の内容。
01-10 16:41

炎628 [DVD]が最低でも5万だと!!狂ってる!!
01-10 14:07

「American History X」を「8/10」と評価しました。http://t.co/jq39iUmF #IMDb
01-10 13:42

「アメリカンヒストリーx」初めて見たけどラストが微妙だったなぁー。全体的に感情的だったのに唐突に不条理に走った。赦し的内容だと思ったんだがな。ラスト以外は胸が熱くなるぐらい感動的な社会派映画だった。
01-10 13:32

あれ?アッティラ雑魚だった。笑
01-10 08:30

2012/01/11 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

うーん。気持ち悪い。
01-09 19:55

『ガンダムage』で一番可哀想なのは、オープニングソング担当の『ガリレオガリレイ』だと思う。あの映像無しで聞いたら普通に良い曲なのに、あれのせいで音楽に関心の無い人に余計に叩かれていると思う。まじ可哀想。
01-09 18:33

仮面ライダーメテオは昭和の特撮系特に最近公開されるギャバン的要素であるやたら光る古臭いかっこよさを内包していてgood!!
01-09 18:31

昨日録画した『仮面ライダーフォーゼ』を見た。新ライダーのメテオの変身前が初登場。これが主人公であるフォーゼをある意味批評するような皮肉的立ち位置で、今ひとつ楽しめなかった人はメテオが好きになるに違いない。そういう意味で、凄く面白かったし来週が気になる。
01-09 18:06

昨日の『ガンダムage』見たけど、とことんつまんないな。そこでぐっとくる台詞だろ?なんだその展開!?と突っ込みどころ多過ぎるし、脚本があらすじ描くだけで、本当に中身ないぜ。本当に本当に失敗作だよな。
01-09 18:04

このままだと日本のシネコンの終焉が見える。僕にも見えるぞ!!
01-09 13:50

ちなみに「ライオンキング3D」は日本では転けました。アメリカでは超絶大ヒット!!
01-09 13:49

「タイタニック3D」も勿論2D公開するよ!!全ての原因は「ライオンキング3D」のせい!!
01-09 13:48

「スターウォーズエピソード1ファントムメナス3D」は2D公開もするらしい。それただのリバイバル公開ですから!!
01-09 13:47

おろしポン酢牛飯旨旨。
01-09 13:45

2012/01/10 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

え!!サッズって事故死目前だったの。やっぱりff13-2はクソゲーだな。
01-08 22:12

てか1と2が違い過ぎてやばいよな。2って雑魚人間惨殺メインで1はヒロイン大活躍ものだったと思うんだけど。笑
01-08 22:10

でも見やすい映画だよな。
01-08 22:08

プレデターが人間を認めるっていう夢設定(しかもそれが女の人)っていうのが、超バイオハザードの監督らしくてさ、古典的ホラーとしたらまじ禁じ手だと思うんだよね。プレデターは残忍じゃないと行けない!!みたいなのあるよね。そこ期待したのに人間と共闘とかまじがっかり要素だよ。
01-08 22:07

おー2は45分ぐらいに総集編されるのね。うん。それぐらい2はつまんなかったから良いと思う。
01-08 22:05

『アーティスト』は本気で無声映画を作って現代の映画のあり方について問いかける作品だと自分は思う。(見てないが)もしこれがアカデミー賞を取ったら、日本の映画業界はどうこの映画を扱うのだろう?今の映画への日本の扱いは見直されるのだろうか?
01-08 22:03

あれ?TVでやってる『エイリアンvsプレデター』ってもしや1と2を同時にやる総集編かな。確かにそれでもかまわない程の微妙な映画だけど、それで良いと思うことが日本の会社の映画への評価なんだよな。
01-08 22:01

へへ。FF13のシークレットまであと二つの隠し要素になりました。トロフィーはまだ作業が3つぐらいあります。
01-08 21:04

キチューさん凄い。
01-08 15:47

『FF13-2』はゲームにおいて、話が大事なのかゲーム性が大事なのかを考えさせられる驚くべき問題作。日本のゲームの未来は少し暗い。
01-08 15:45

2012/01/09 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-FF13-2


ファイナルファンタジーXIII-2 5800円


FF13-2のエンディングを今日見たのだけど、凄いね。マジで驚いた。
自分はコアなゲーマーなので、エンディング見たといってもゲーム全体の達成度は90%ぐらいだと思われる。
ラスボスとか瞬殺だったし。

最強オチューを作る途中でアイテム欲しさにクリアした程度ですが、このエンディングはゲーム全体の評価を狂わせる凄まじいものだったと思うね。本当に。

これまでのFF13-2は…。
正直クリアするまでは、かなり楽しくRPGをやらせて頂きました。
面白いくらいにインターネット上に詳し過ぎる攻略情報がわんさかでていまして、とても充実してました。

逆にこれまでのFF13は…。
自分は、FF13自体は美味しく頂けた口でして、まぁー正確に言えば、セーブデータが一度消えてしまって、クリアしたはずなのに未クリア状態になっていたのに嫌気がさしたので、もう一度話を描くイベントを全部スキップしてゲーム性だけを見たらなかなか面白くて、特に単調と思われた戦闘がかなり面白い。
確かにゲームクリアだけならボタン連打していれば終わる内容ですが、クリア後の猛者達を倒すことになると話は変わってきます。
戦略を立てた上で、一戦一戦よく考えて戦わなければ、大概勝てないわけです。
挙げ句に綺麗過ぎる映像もあって、なかなか二週目は楽しめました。
ただそれを味わうには自らのめり込む必要性があったし、挫折や冒頭のクソさで速売りは手堅い行動だと思うし1の発売直後のブックオフは結構衝撃的でした。
そもそもFF13は終盤から自由度が解放される謎設定で、約9時間の我慢の後に本当のゲーム性が解放されるわけで、本当に我慢ゲーです。

そのハードルを乗り越えた廃人なので、FF13-2は楽しく始める事が出来た。


このゲームの存在自体パラドクス!!
本作のテーマは『タイムパラドクス』です。
時間の矛盾という意味でしょうか?
未来の世界からやってきた新規キャラクターのノエル君が、前作の主人公の妹でFF13の物語の原因となったヒロインと正しい時間を取り戻すというとても不思議なRPG。

しかし前作同様物語の発端は酷いもので、前作の主人公が死んだことになってしまっているという驚愕の展開。
あの前作のエンディングは何だったのか?そういう最悪なハードルを超える所から始まるわけです。
ここでもう挫折または酷評する方も多いでしょう。

そこを超えると新規キャラクターのノエル君がイケメンぶりを終始披露したり、未来の世界で前作の鬱キャラだったホープ君が世界を救う努力をして影の主人公ぶりを披露したりとなかなか楽しい展開。

全体的にアクション思考が高くなっていて、フィールドとかも考慮すると『キングダム・ハーツ』に似ていると思えたね。
主人公のデザインとか結構ソラに似てたし、台詞回しとかもそれっぽかった。音楽も似ているような。
あと異空間を旅する展開も似ているし。
そういう意味でもキングダムハーツ好きの自分としては楽しめた。

第3パーティーのモンスターが面白い。
前作は6人いたパーティーですが、今作は2人に変更。そのおかげで物語も設定も色々とすっきり。
これは非常に嬉しい。前作はキャラクター全員に魅力がないのに多いというマジクソ設定でしたからね。
前作同様3人で戦闘をするわけですが、その3人目が本作では、敵であるモンスターを仲間にして使うことになっているわけです。『ドラクエモンスターズ』の要素を簡易的にしながらも、そのモンスター達を成長させることができるわけですが、それがなかなか奥が深くて、しかもモンスターにも個性が山ほどあって、これがかなり面白い。
主人公たちより強い最強のモンスターを作ることが出来たりするわけです。
しかも戦闘では3体のうち1体が使えて、更に役回りが固定されていたりと、前作よりも戦略性が高くなり、より前作のシステムを昇華していて、非常に面白い。
意外な戦い方も出来るし、戦闘のバランスは相変わらず。

各世界にある隠し要素の数々。
各世界には隠し要素がありそれを解放するとボーナス経験値が貰えて、作業的なレベルアップも同時にこなせたり、それを集めるとゲーム全体が有利になる要素が解放されたりと飽きさせない要素がいっぱい。
最終的にはそれを全て集める必要があるのです。

それをFF13の未来的システムと高画質で堪能出来るのだから楽しいわけです。

また哀しいシナリオもなかなか楽しい。


エンディングがゲーム全体の評価を急降下。
Amazonなどを見ると、こんなに面白いのに皆さん低評価。
なんだかよくわからなかったが、クリアしてみたら実感出来た。

あのエンディング、しかもラスト1分はやばかった。
ゲーム界の『シベリア超特急』と言える程の大どんでん返し。
阿鼻叫喚とはこの事。

唐突過ぎるバッドエンドの展開。
それまでは、ラスボスを倒して、「皆が待つ未来に帰ろう!!」といって、帰るわけです。心が暖まるエンディングソングと共に晴れた空の下にこやかに笑い平和を喜ぶ主人公とヒロイン、そして影の主人公である500年生きた天才青年のホープ君。

「なんだ良いゲームじゃん」

そう思った瞬間、唐突なバッドエンド!!

キングダムハーツか?

全てのキャラクターが悲劇の中に消え去る中、画面に唐突に出る文字

to be continued

え?

おれ今ゲームのエンディングを見たんだけど。

このゲーム、ゲーム一本で解決しないわけで、しかもゲーム全体が無意味だったわけです。

いや。そもそも色々このゲームおかしいわけですよ。
そもそもヒロインであるセナは前作のキャラクターのスノウと結婚するはずなのに、今作でノエル君とずっと一緒にいるわけです。挙げ句ラスボスもノエル君と倒すわけで、なんだか色々おかしい。

流石にこの展開はゲーム全体の評価下げるのは至極当然だわ。

そもそもFF13の続編として作られたわけで、その世界に更なる幸せを運ぶために作られたと思うのだが、それが最後「つづく」で終わるのは、企画としてもおかしいだろ。

また制作側はなんと本作の続きいわゆる真のエンディングをダウンロードコンテンツとしてインターネット配信にすると言っている。
いやネット環境の無いユーザーはどうしろというのですか?

最近のスクエアエニックスは本当に劣悪なサービスを行いますよね。まったく。

これがいわゆる中古対策?(クリア後も売らないようにすることかな?)のつもりだろうか?
しかし、流石に酷いラストだったと思うわ。オレ何の為にラスボス倒したの?って感じです。

またクリア後には、隠しエンディングとしてクリアした世界のボスを強引に倒すことが出来る要素が解放されて、異なるネタエンディングが見る事が出来るようになります。

ここで面白いのが、実はホープ君の相棒だった女性がラスボスの関係者だったという驚愕の展開で、それを止めた後、更なる冒険が待っている!!というわけで、急に現れたスノウとセナが旅立つというノエル君そっちのけのラスト。
いやむしろそれの方が気持ちいいは。なんとも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のラストシーンのような展開で胸熱。

こういった『かまいたちの夜』のような話をやり直して選択を変えて、ネタエンディングを見ることができるのもなかなかゲームとしては面白いなぁーと思います、『かまいたちの夜』風がRPGだと斬新だよね。(笑)

だが結局は物語の核心に迫ってんだ迫ってないんだかわからないイベントの数々で、ゲームの評価は変わらないと思われる。

また全ての隠し要素を解放すると秘密のエンディングがエンディング後にあるらしいのだが、どうやらそれも嘘だったらしくハッピーエンドを見たくて、頑張ったユーザーたちが更に苦しむという構図も見られている。

ここまでやったのにたったこれだけ。まじ最悪。

というのがこのゲームの世論だ。

ただ自分的には全体的に楽しく出来たわけで、あと2個でそのシークレットエンディングが解放なわけで、楽しくできましたよ本当に。

しかしこの結果を見てゲームに大事なのはゲーム性なのか?物語なのか?と考えさせられるゲームだと思いますね。

そういえば、『L.A.ノワール』はこれが逆のベクトルだったな!!(笑)

$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-FF13-2


ファイナルファンタジーXIII-2 5800円

せっかくなので攻略でお世話になったサイトのリンクを貼っておこう。

FF13-2攻略通信Wiki

物語を進める上で、とても役立った!!

トロフィー攻略DE.com

こっちは適格に強い仲間モンスタの作り方などの解説や、個人的見解で適格なアドバイスがあって、個人なので、表らしさは無いが、ディープな情報がわんさか。このサイト見ればとても楽しくFF13-2ができます。しかも個人のブログというのが凄い。尊敬できます。

FF13-2極限攻略データベース

これは初めて間もない頃お世話になった。初歩的なことがわかりやすくアドバイスしてくれる。まぁざっとだけど。時計攻略ツールがすごい!!

そいえば、あのパズル地獄やばかったな。あんなの自力じゃ絶対出来ない。


とりあえず今は、最強キチューさんにお世話になっています。あれは本当に凄い。あとクシャトリヤ作ってたけど、挫折した。(笑)
チョコボレースも参考にして制覇したし。

クイズはやはり充実性がどこも乏しいと思うので、クイズ自体の本文を直接Googleに検索かけたら見つかるわけです。

てか本当に攻略本いらずの時代になりましたね。色んな意味でゲーム業界と出版業界は辛そう。
2012/01/08 23:49 趣味! TB(0) CM(0)
imfui

そうだよな。いっそベスト20とかにすればもっとリアルだよな!!
01-07 10:01

3D映画と本当に逆行してるんだな。
01-07 09:53

日本はどうやって『アーティスト』を宣伝するのかな。この予告自体も短編映画として完結した状態のものをどう劣悪にしてより商業的に変えるのか?
01-07 09:52

『アーティスト』予告http://t.co/L46woGhD
01-07 09:51

今年のアカデミー賞本命の『アーティスト』の予告初めて見たが、これは素晴らしいですな。もしこれがアカデミー賞を取れば、完全に映画はもう一度原点に帰る必要があると訴えているようです。
01-07 09:50

The Muppets - The Pig With The Froggy Tattoo Teaser Trailer http://t.co/0das7IIv これよく考えたらあの映画のパロディ予告。
01-07 09:43

イギリスの映画誌における2011年のポスター特集日本の配給にセンスが無いかがこれでわかる。RT @empireonline Moneyball | 2012 Review: Best Posters | Features | Empire http://t.co/uaphMMur
01-07 09:34

女性のメイク怖いな。
01-07 01:05

2012/01/08 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
書いてみると意外と長くなったので、二つに分けてみた。


その革ジャンが思いのほか素敵で、それを着てバイトから帰った時、ふと片耳のイヤホンからパンクにも近いハイビートなsum41が流れるのだった。
その瞬間自分がそうとうロックなファッションであることに気づくのだった。
自分は今や深夜の公道で孤高のロックスターだった。

今度ライブに行く時は、この革ジャンを着ようニヤニヤが止まらない。

だがしかし、自分は楽器も出来なければ、今乗っている乗り物は自転車だ。ちょっと可愛い自転車だ。
バイクの免許も持っていない。
こんなことをツィッターでつぶやけば、ロックスターになるべく努力しているdamifoだっけな?新宿あたりで頑張っている峰島くん。というミネソタにまたツィッターで嫌みな@が贈られてくる。

いやまぁおれがくそ野郎なのがいけないですし、言い返しても倫理的に間違っているので、言い返すことはできません。

しかし僕はあの瞬間完璧にロックスターだったので、ミッシェルガンエレファントの気持ちが分かったような気持ちになったし、そのバンドのファンに溶け込めるかもしれないと思ったのだったが、それもまた一つの幻想なので、全部無かった事にしよう。

ただ唯一正確に言える事はある。
そもそも何故皮じゃんを買ったかと言えば、あのガウンだかダウンだかのマッチョスーツが横行する現代の中で、少しだけ本物さを出したかったというロックな気持ちがあったわけだ。

帰り道、前方から来る人が自分と同じような細身のラム革のレザーを着ているのか目を凝らしているとそれがマッチョスーツだった時の愉悦感は素晴らしい。

そして何よりも細くて薄いのに、すごく暖かい。
さすが4万円のバーゲンだぜ。
おれは負債を背負ったが人間ランク上がった気がするゼ!!ヒャフー!


という革ジャン日記だった。

しかしまだ誰にも「そのレザージャケット素敵だね。」と言われていないので、おれは負け組。

ブログパーツ
2012/01/07 11:30 日記!! TB(0) CM(2)
革ジャン日記。
2012-01-07 01:18:40NEW ! posted by his0809
テーマ:ブログ!

1月4日初めて革ジャンを買った。11月からずっと欲しかった。
でもオレはクソ野郎で金が無いので、革ジャンという奴が4万もするとは思わなかった。
1年の始まり、今年の準備を兼ねて都市部をうろつく、ふらふらとshipsという不細工でちびには縁が無い見せに行くと、革ジャンが初売りバーゲンの対象に。それまでにそれなりにお金を使っていたし、officeが使えなくなってしまったので(何故かは不明)それを買おうと思ったが、それがバーゲン対象外という分かっていない仕様だったので、それなりには心に余裕があったのだが、まさか革ジャンがバーゲンになっているとは!!と思いながら、ださい服装で無精髭を生やした小さい不細工は革ジャンに魅了されるのだった。

そこに店員さんが現れ、ゴリ押しされる。
牛皮が良かったのだが、それはちょっとぶかぶかしてそうなので、それは中年になった時の楽しみということで、細身のラム皮を買う事にした。
最初は灰色が欲しかったのだが、店員さんと相談の上「革ジャン童貞はとりあえず黒だろ」というわけで、黒を買いました。
しかもチャックとかも少なめでして、うひうひ。
4万が3万になっていた気がする。
しかし貧乏で不細工でチビの実は彼女が巨乳で美少女な僕は、3万円など持っているわけもなく、クレジットカードで、しかも分割で買ったのであった。

しかし店員さんはそんなオレを見透かすように、オレの目も見る事などもせず、服のサイズにはいまいちあわない大きめの袋にオレの宝物になるかもしれない相棒を適当に投げ込み、レシートにサインを求めるのだが、書こうとするが、そのペンにインクなど全く入っていない始末、見兼ねた店員さんは、私にペンを貸してくれたのだった。
助かった。
しかし店員さんは、私に商品を渡すことなどせず、そっぽを向き、「おれこれもって帰っていいのだろうか?」と店員さんを見つめるとようやくありがとうございました。と小声で言ってくれた。

助かった。

店員さんは、イケメンで高身長で色黒で、俺の好みではないEXILEの一員のようだった。
流石SHIPSだクソやろうには冷たい。しかし素敵な服がアルではないか。にやにや。

そして僕は、日比谷に映画を見に行くのだった。
2012/01/07 02:30 ブログ! TB(0) CM(0)
1月4日初めて革ジャンを買った。11月からずっと欲しかった。
でもオレはクソ野郎で金が無いので、革ジャンという奴が4万もするとは思わなかった。
1年の始まり、今年の準備を兼ねて都市部をうろつく、ふらふらとshipsという不細工でちびには縁が無い見せに行くと、革ジャンが初売りバーゲンの対象に。それまでにそれなりにお金を使っていたし、officeが使えなくなってしまったので(何故かは不明)それを買おうと思ったが、それがバーゲン対象外という分かっていない仕様だったので、それなりには心に余裕があったのだが、まさか革ジャンがバーゲンになっているとは!!と思いながら、ださい服装で無精髭を生やした小さい不細工は革ジャンに魅了されるのだった。

そこに店員さんが現れ、ゴリ押しされる。
牛皮が良かったのだが、それはちょっとぶかぶかしてそうなので、それは中年になった時の楽しみということで、細身のラム皮を買う事にした。
最初は灰色が欲しかったのだが、店員さんと相談の上「革ジャン童貞はとりあえず黒だろ」というわけで、黒を買いました。
しかもチャックとかも少なめでして、うひうひ。
4万が3万になっていた気がする。
しかし貧乏で不細工でチビの実は彼女が巨乳で美少女な僕は、3万円など持っているわけもなく、クレジットカードで、しかも分割で買ったのであった。

しかし店員さんはそんなオレを見透かすように、オレの目も見る事などもせず、服のサイズにはいまいちあわない大きめの袋にオレの宝物になるかもしれない相棒を適当に投げ込み、レシートにサインを求めるのだが、書こうとするが、そのペンにインクなど全く入っていない始末、見兼ねた店員さんは、私にペンを貸してくれたのだった。
助かった。
しかし店員さんは、私に商品を渡すことなどせず、そっぽを向き、「おれこれもって帰っていいのだろうか?」と店員さんを見つめるとようやくありがとうございました。と小声で言ってくれた。

助かった。

店員さんは、イケメンで高身長で色黒で、俺の好みではないEXILEの一員のようだった。
流石SHIPSだクソやろうには冷たい。しかし素敵な服がアルではないか。にやにや。

そして僕は、日比谷に映画を見に行くのだった。

ブログパーツ
2012/01/07 01:18 日記!! TB(0) CM(2)
imfui

今日からまたお仕事。フリーターなのに冬休みがありました。笑
01-06 17:45

うお。ff13-2って超かまいたちの夜じゃないか!!
01-06 05:18

2012/01/07 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)

フリーターなのに冬休みがありまして、本日からまたバイトです。
バイト始めたらまた不愉快な気分。
ここから出ないとという不安。

今年はおれの人生どうなるやら。
変えるのも物語を作るのも自分なわけで、一人旅か車の免許を金ないけど欲しい。笑

開き直るが今年のテーマです。


iPhoneからの投稿
2012/01/06 17:47 日記!! TB(0) CM(2)
imfui

マジでグリーは洋楽ファンは必ず見ないといけないな!!ブルーノマーズを演じるとわ。特に字幕にマジ感謝。
01-05 18:18

うん。グリーは素晴らしい。
01-05 17:24

ワンマンジャーニーなシュー先生やばい!
01-05 17:20

アメフト部を廃部にするチア部のコーチやべぇ!!
01-05 17:12

いやグリーおもしれぇなちくしょう!
01-05 16:45

ケイティペリーを男が歌うという新手のテクニックに感動!!
01-05 16:29

男が歌うティーンエイジドリームやばいな!!
01-05 16:28

グリー見てるけどロッキーホラーショー見たくなるな。見たことないんだよな!!
01-05 15:44

ff13-2のパズル地獄が辛い。
01-05 12:52

ff13-2が電波過ぎて驚いた。
01-05 09:01

2012/01/06 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

え!!「戦場のピアニスト」の監督ロマン・ポランスキーの新作「おとなのけんか」の上映時間が79分!!出演の女性キャスト2人のジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレットは本作でゴールデングローブ賞ノミネートなのに!!確かに予告からして、ちょっとタイトに思えたが!すげー気になるな!!
01-04 20:48

「Incendies」を「8/10」と評価しました。http://t.co/D5Z3u0kO #IMDb
01-04 19:39

そういえばもうこんな時間だ。家に帰ってTSUTAYAに行って面白いらしい映画借りまくろう計画は実行しようかな。ふへへ。破産してやんぜ!!
01-04 19:23

それにしても「灼熱の魂」で意味深に流れてたトム・ヨークの歌声がすげぇー興醒めだったなぁー。
01-04 19:22

「灼熱の魂」のショッキング要素は某韓国映画というのは秘密の話。
01-04 19:21

「灼熱の魂」って謎なタイトルだな。そいえば「瞳の奥の秘密」に似ていたなぁー。そこまでのめりこめない淡々とした描写がどこかの世界にがちで起きてる感を増させたり、ニュースでしか知らない中東だったり、カナダはフランス語も公用語なのかと謎が多い映画だったのでパンフ購入しました。
01-04 19:18

「灼熱の魂」見た。よく知らんで見たがかなりの鬱映画だったが、前向きだった。
01-04 19:17

というわけで灼熱の魂みます。
01-04 16:05

てかラーメンができる時間を考えれば当然間に合うはずなかったか。
01-04 15:42

まさかの時間切れで並ぶのをやめた、つか東京駅のせいだ。腹立つ。腹も減ったし。
01-04 15:40

2012/01/05 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

『FF13−2』が意外と面白い。
01-03 20:28

よし今度は同じくタイムパラドックスゲームの『FF13-2』をやるぞ!!
01-03 15:12

『無双OROCHI2』残りのトロフィーが作業でしか取れないので、ひとまず中断。現在トロフィー70%。残ってるのは、全キャラ熟練度MAXと最高難易度や武器収集。地獄絵図。
01-03 15:07

てか本当に仕事昔よりできなくなったわ。
01-03 05:22

「バベル」やってんやん。これかなり鬱映画だよね。
01-03 04:58

バイト場の偉い人と飯食った。腹割って話せて嬉しいなぁ。こういう機会大事だね。と最近思う。
01-03 04:52

2012/01/04 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

おはようございます。今日のアルバイトは夜勤です。
01-02 06:46

2012/01/03 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

地震マジ怖かったなぁ。
01-01 16:44

あけしく。
01-01 13:58

パソコンのツィッターの方をダークナイトライジングエディションにしました。
01-01 05:43

今日からヘッドフォン取り締まられるんだよね!でもヘッドフォン無いと寒くて耳取れる。
01-01 05:23

あっCDプレイヤー欲しい。
01-01 05:23

とりあえずロッキンオン見ながら、2011年の音楽を買いあさるか。
01-01 04:58

昨日はアメコミを2冊買った。総額5000円。こんなんじゃ普及しないよなぁ!!ちなみにとある書店のアメコミの売り場のジャンルは「マニア」でした。
01-01 04:40

どうせ昨日も今日もアルバイトで長時間拘束なんですよ。
01-01 04:38

今年はバットマンとスーパーマンを押したい。
01-01 03:51

今起きたぜ。寝ぼけてそば食ったり、0時半に起きたりしたけど。あけてたよ。
01-01 03:49

2012/01/02 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
imfui

眠いから寝ようかな。
12-31 19:53

紅白見てるけど、AKBの口パク?あれやばいだろ。
12-31 19:40

2012/01/01 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR