http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

his0809

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
520位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
2013年04月
2013/03 2013/04 2013/05
「金より大事なものはあるのか?」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ウォール街
アメリカ1987年アメリカ映画アメリカ


2013年4月23日TV放送を鑑賞

あらすじはこちらから。

感想
地上波で深夜にやるのを知ったので、未鑑賞なので、今回録画して視聴しました。
とりあえず私としては、本作は続編『ウォール・ストリート』の前にあった作品で、かなり有名な作品であるというぐらいしか知らなかった。(勿論金融取引を扱った映画だということは知ってますよ。)
しかし鑑賞しながらだいたいのイントロダクションを調べてみると、アメリカでは一種のバイブル的な映画であると非常に常識作品であり、本作に出てくるゲッコーを目標として生きる若者が非常に多かったようだ。
監督はオリバー・ストーン。近年では活躍の話しは聞かないが当時は、まさに絶頂期。
本作も冒頭からニューヨーク出身の映画監督らしい、説得力の高い作家性の強い映像で、証券会社というせわしない常識を鮮やかに描いている。
またオリバー・ストーンのビジョンはあまりにも積極的で、カットをあまりわらずに映像で全てを見せたり、映像のアプローチや斬新さで、映画に金融業界という洪水の如きお金が秒単位で動く様を監督は見事に具現化している。
非常に素晴らしい。
また主人公であるチャーリー・シーンが演じるバドは、非常にステレオタイプで良い。
ゲッコーのような成功者に憧れ、彼の弟子になる為に、行動をしていく様はパワフルでありチャーミングである。またマイケル・ダグラスのゲッコーもまた金の亡者である、悪しき存在でありながらも憧れたくなる魅力を秘めている。
映画は中盤までは非常に面白いのだが、ラストは唐突である。
監督自身の資本主義の問題点であるゲッコーのような人間を悪として描きたかった為か、チャーリーは過ちを犯し、天国と地獄を味わうのだった。
チャーリーはゲッコーに復讐をするわけだが、それは決して鮮やかとは言えない極端な展開に陥ってしまう。その極端さと平凡なラストには興ざめしてしまう。
結局はステレオタイプな勧善懲悪な映画になってしまっている。良い意味では非常に見やすい社会派金融映画としての入門編としては是非とも見てほしいし、資本主義に生きるな必見の映画であるとも言えると思う。

またこの映画の面白い所は、資本主義の頂点を極めた悪が、アカデミー賞を獲ったことにより、
多くの人がゲッコーに憧れたという顛末だった。
本来オリバー・ストーンという監督は、社会の問題点を切り取るのが好きな監督だった。(『プラトーン』などの実体験を基にした映画など。)
彼自身はゲッコーのような人間を悪と断じ、資本主義には金よりも人間こそが宝と主張したかったのだと思うが、あまりもマイケル・ダグラスの演技が素晴らしくて、またヒロインの性格もまた金に目が眩んだクソ女というステレオタイプでしかなく、最低でブスなラジー賞を頂くほどになってしまった。それも相まってか主人公が成り上がった際の家の悪趣味ぶりは以上だ。
その極端とも言える姿勢から主人公の好感度などが下がってしまい、またゲッコーの素晴らしい演技と素晴らしいファッションとゲッコーという魅力的な男が素晴らしいブランド服を着ることのステータスを再確認させてしまったり、プライスが高いものこそ正義の精神を植え付けてしまったのかもしれない。その結果、アメリカのニューヨークは未だに強欲が渦めくサイコな都市として確立していると思う。

本作は続編も製作されていることは有名。ちょっと見てみたいと思う。

得点

65

中盤まではそこそこ面白い。ただTV放送されたものなので、10分程カットもされているのが気がかり。

にほんブログ村 映画ブログへ


ウォール街Amazonで通販チェック!!安いです。


imfui

もうさ。ジャッキーコーガンがかわいそうでしょうがない。キリングゼムソフトリーだったらよかったのにとさえ思う。見る側を優しく殺してくれるから。
04-29 11:46

ジャッキーコーガンまじつまらなかったよね!原作もつまらなかったけど映画もつまらないとわ!という猛者なカップルがいた。興奮した。
04-29 16:33

もう一回ジャッキーコーガン見たいな。金の無駄とはわかるが。
04-29 16:33

友達がニートになったので今日の『ラストスタンド』はキャンセルで!!
04-29 18:06

悪の華の4話のオープニング、3話まではかまってちゃんだったけど、4話は、後藤まりこでした。元みどりだよ。パンクだな子のアニメ。
04-29 18:33

住んでいるアパートがジェイコムのネットになるとかよくわからないお知らせが来ているんですけど、おれ2年割り先日はいったんだけども、強制解約?
04-29 18:40

違約金払えないよ。
04-29 18:40

ヴァルヴレイヴを見直したけどもかなり雑な序盤。でも中盤以降うっかり主人公近辺が人間じゃなくなって、戦争に巻き込まれてどんどん死んで行くことを考えると楽しそう。しかし戦艦とかはどっから出てくるのだろうか…。
04-29 19:03

ガリレオ。録画したけどかけて数分で消去した。
04-29 22:10

『グレイ』はオレ好み。
04-29 22:40

2013/04/30 03:58 ブログ! TB(0) CM(0)
ALhREDEMPTION

RT @ysk_ymgc: 『ラストスタンド』シュワ主演としては初めてのR15作品だからとても新鮮に感じた。やっぱり彼にはショットガンがよく似合う。シュワちゃん独特のタフで重くパワフルなアクションは今回も健在!登場人物がそれほど多くないので、キャラ一人一人の存在感がちゃんとあっ…
04-29 11:55

ブログを更新しました。 『ウォール街 2013年43本目 (映画紹介のみ)』 http://t.co/SZ7OQbO0HK
04-29 22:49

2013/04/30 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
買っていたマンガ雑誌 ブログネタ:買っていたマンガ雑誌 参加中
本文はここから




ガンオタ量産兵器。コミックボンボン。ロックマンとか乗ってて面白かった。いつの間にかボンボンは廃刊してた。ガンダムはコロコロコミックに魂を売っていた。
武者ガンダムとか面白かったなぁー。
2013/04/29 22:53 ブログネタ TB(0) CM(0)
「金だけがすべてなのか?」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ウォール街
アメリカ1987年アメリカ映画アメリカ


監督
オリバー・ストーン
(『ワールド・トレード・センター』『プラトーン』『JFK』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』)
出演
チャーリー・シーン
(『ホット・ショット』『メジャーリーグ』)
マイケル・ダグラス
(『氷の微笑』『フォーリング・ダウン』『ゲーム』『エージェント・マロリー』

予告編


あらすじ
1985年のアメリカの東側にある都市ニューヨーク、バド・フォックス(チャーリー・シーン)は、証券会社の若手の社員で会社に努めて3年程だ。(予想)バドは出世欲がとても強く、ニューヨークの頂点に登り詰めることを目標としている。
バドはある日、長くからビジネスの相手として興味を持ち、また憧れていた投資銀行家のゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)にアプローチをしていた。ある日、運良く彼に近寄ることが出来たバドは、ゲッコーに父の務める会社の情報を与え、それが有益であると告げる。
それに興味を抱いたゲッコーはバドを弟子のように指導し、バドは違法でありながらもゲッコーの為に企業スパイの如く情報を集めまくるのであった。
その結果バドの営業成績は非常に高くなっていき、社内でも優秀社員となり、ニューヨークの一等地に物件を所有するようになり豪遊できるようになったのだ。
ゲッコーはバドの父親の会社に興味を抱き、通例通りその会社の乗っ取りを企てる。
それに賛成していたバドだが、ゲッコーの本当の目論見を知り、父を馬鹿にした自分や、現在の生活の異常さを実感し…。

2013年4月23日鑑賞

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ


ウォール街 [Blu-ray] 1370円

感想はこちらから。
imfui

アニメのワンピースそこそこ面白いね。
04-28 09:58

バイト先で段々とロボットアニメ好きが増えているような気がする。幸せ。
04-28 18:26

お風呂はいろ。
04-28 18:26

廉価版プロメテウスのBlu-rayも吹き替え版は剛力。きっとアベンジャーズも…。
04-28 19:22

『ロックアウト』字幕版で再視聴。スノウってCIAだったのね。
04-28 19:43

『ロックアウト』既視感強くて面白くない。宇宙刑務所の閉塞感(エイリアン)も無いし、単純に大統領の娘がうっかり刑務所に来た映画でしかなくて面白くない。
04-28 20:17

『ロックアウト』こういう映画に求めているのってSF的な見たこともないマニアックな描写だと思うのに、これじゃ金の無駄使いだ。
04-28 20:19

ヤフー映画で日に日に評価の下がる『ジャッキー・コーガン』。お前らの見る映画じゃなかった。ただそれだけなんです。
04-28 20:28

でもヤフー映画のTOPページでは『ジャッキー・コーガン』4.5点だからね。(5点満点中)、詳しく見ると2.86点。ビジネスに誠実さなど存在しない。
04-28 20:32

ガイ・ピアースって凄い良い味のある俳優だけど、主役級の実力もあるのに、あまりヒットに恵まれない。誰か拾ってやってくれ。(ノーランは彼のおかげでトップ監督になれたと思っている。)
04-28 20:40

2013/04/29 03:58 ブログ! TB(0) CM(0)
ALhREDEMPTION

ブログを更新しました。 『☆マネーボール 2013年41本目「円熟したブラピの自然な演技は必見です。」☆94点』 http://t.co/RPPM1QoJTF
04-28 07:19

ブログを更新しました。 『LOVEがつく曲で好きなのを考える。(ブログネタ。)』 http://t.co/RbTtG4mvY0
04-28 18:17

2013/04/29 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
「LOVE」が題名につく曲で好きなのは? ブログネタ:「LOVE」が題名につく曲で好きなのは? 参加中
本文はここから





今日もブログネタに参加。読者の人ごめんなさい。

自分のiTunesでLOVEがつくので好きなのを動画で紹介する。


ブロック・パーティーの曲


カルビンハリスの曲ですえ。






muse.







こんなもんです。
2013/04/28 18:17 音楽の記事一覧。 TB(0) CM(0)
「ブラピ格好良過ぎ。」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-マネーボール
アメリカ2011年アメリカ映画アメリカ


あらすじはこちらから。

野球感想野球

アカデミー賞をブラピに贈りたい。
実在するオークランド・アスレチックスという野球球団のゼネラルマネージャービリー・ビーンの2002年の出来事を元債券トレーダーのエリートさんが注目し書いた『マネーボール』の映画化。
ブラッド・ピットが製作主演を務めた本作は、製作が難航し3年の歳月がかかり、11年にようやくお披露目になった。

監督は、ベネット・ミラーさん。『冷血』『ティファニーで朝食を』などを書いたカポーティの代表作である『冷血』を書くまでの出来事を監督し高い評価を得た人だ。
脚本には、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンとよく目を凝らせば、上質なスタッフが選り取りみどり。

ブラット・ピット主演作品としては、『イングロリアス・バスターズ』をアンサンブルと見なせば、単独主演となるのは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』以来の3年ぶりの作品になるのだが、その他の作品としてアート系の『ツリー・オブ・ライフ』やファミリー映画の声優も頻繁にしているが、本作の主演は裏方に回った実情などを考慮しても素晴らしいの一言に尽きるだろう。

実在する球団のGMを完璧に演じている。むしろ彼そのものがビリーのように思える程だ。

映画化に際して、なんだかんだで脚色をしてエモーショナルになっているわけだが、それでもビリーはブラピだった。ブラピはビリーだった。
『ファイト・クラブ』『ジョーブラックによろしく』『ジェシー・ジェームズの暗殺』を敬愛している筆者としては、永遠の目標であるブラッド・ピットの47歳としての選択は、完璧であり感動的だった。

製作者としてもなかなかの選球眼だ。『マネーボール』理論を映画界でもブラピは行っている。


経済書の映画化。
本作は一応は経済書の映画化である。
しかし厳密に言えば、違うような気がする。貧乏球団を強くするという気持ちを持ったビリーが誰も注目しなかった理論を用い、球団を強くしようと考える。その準備まではある一定の法則を利用して多くの選手を集めた。
しかしそれは機能もしなかった。
だがビリーが本気で勝ちたいと思った時、機能は始まった。
ビリーが自分のルールを破り、情熱に燃え、自ら多くの選手にアドバイスを与え、監督たちに強硬手段を用いた時、全ては動き始めた。
人間の気持ち、人間の行動。数学的予見を成功させる為に必要なのは人間の力だった。
好きだけの見放された野球にビリーがもう一度のめり込んだ時、本当の成功はやってきた。

結局は『もしドラ』と似通った映画かもしれない。しかしそこにはブラッド・ピットの切っても切れない製作としての苦悩や年齢から出る深み。ブラピ自体の雰囲気やドラマの一つ一つがよりエモーショナルにし、一概には、経済書とは言えないのではないかとさえ思える。そこはアーロン・ソーキンの実力か?

ジョナ・ヒルの日本での台頭の予感!?
本作には、私の大好きなコメディ俳優のジョナ・ヒルが出ているのだが、これがまさかのブラッド・ピットとの夢のコラボ。すげぇー胸熱です。
元々好評化のコメディ作品に頻繁に出演していた彼ですが、コメディとは無縁の映画に出るとは、しかもブラピ演じるビリーの後釜とも取れる右腕のポジションにいるわけです。
その役柄がしかも今まで注目されていなかった理論をブラピに教える役柄という、彼自身の価値に精通しているとも思える。
しかも彼の映画内でのキャラクターは野球は好きだけど、プレイはできない。むしろ異様に好き過ぎて、注目されない良質な選手を色んな理論、例えばセイバーマトリックスなどを利用して注目しているという、ただの野球オタクだったりする。
オタクが業界を救う。むしろ変える。オタクは変革者なのだ。
そのオタクだったピーター(原作にも実在するが、あまりにもオタクキャラに変更されたので、名前を貸さなかった。)が実力者に興味をもたれた事により、映画は動き出す。

つまりこの映画はオタクがキーマンなのだ。
映画オタクである自分もこの展開は胸熱。その役がジョナ・ヒルなのも胸熱。現にジョナ・ヒルはアメリカで大活躍中。
今まで注目されてこなかった選手たちをオタクの無駄な知識を披露することによって、スターダムにのしあげていくわけだ。

これは一概に野球だけに限ったことではない。一様これまでの野球は、華やかなホームランや盗塁などなどの見せ物としての夢のあるスポーツだった。しかしアスレチックスはその常識では金銭面的に無理があるわけだ。そこで必要だったのは手堅さだった。
それは実際は、この映画を映画界全体から考えると同じようなものでもある。
正直本作は非常に高い評価を頂いている公開当時ではIMDbでは8点越えという脅威の数字だ。だいたい面白くてもばらつきがあって7が普通なのだが、利用者が万単位のサイトにしては凄い数字だ。(結果的に2013年には7におさまった)
この映画には華やかさもなく、異常に静かで、異常に淡々としている。それはまるでドラマ映画であるのに事実だけを追ったドキュメンタリーのように異質なまでに静かに挑戦を描いてく、そんな映画がハリウッドの巨額の富をかけた大作よりも高い評価を得ているのは、手堅いからだと思う。
地味で低予算でありながら(野球シーンのシンプルさはまじ陳腐)、優れた俳優達がコラボし、
優れた演出や優れた脚本がある。それでいて非常に感情的。
そういった映画をブラッド・ピットが製作したことにより、本当の意味で『マネーボール』理論は証明されているとは言えないだろうか?

またオタクであるジョナ・ヒルは、映画に置き換えれば、評論家のようなものだ。
誰も見ないような映画、隠れた選手(良作)を導き出すことが大事なのだ。それに伴い映画の価値は変わり発展する。野球界もあの時の変革により発展したのだ。


思うのだろうけど、日本映画は今まさにピーターのような人間を必要としている。
金のかかった映画がなかなかお粗末なパターンが増えた今。むしろ映画を見る行為自体に疑問を抱く人も少なからず多くなる一方だろう。
そこに必要なのは、本当に面白いと言える映画を紹介し、それを見て、また映画を見たいと思ってくれることだ。
このままだと日本映画界は衰退していしまうのではないか?『マネーボール』という手堅い映画を導き出すような革命は今おき始めてると思いたい。

鳴り響く敗者の音は聞こえたか?

この映画は、結局は成功の物語でなく、変革を行った第一歩を描いただけで、成功は描かれていない。大団円などは存在しない。
『メジャーリーグ』のようなスター選手の大活躍など見る事も出来ず、やたら静かにビーンが自分のやっていることは正しいことなのか?と葛藤を繰り広げながらも成功の兆しを実感しながらも勝利を掴むことの出来ない野球界の未来を感じて終わるという実に渋い物語だ。
結果的には、セイバーマトリックス理論は、資産の多い球団が実行することにより実証され、その起因はビーンの活動の成果であるわけだが、結果的にビーンの首は更に締まった事になり、今でもビーンは苦しんでいる。
しかし映画は成功を切り離し、ビーンの人間面に焦点を合わせた。自分の人生を奪った野球をまっすぐ愛することのできないビーンは、苦悩した結果答えを出す。分かっていたのだが、言葉にできない。そんな複雑な感情を娘の歌声に乗せて映画は幕を閉じるのだ。その時のブラッド・ピットにはアカデミー賞をあげたい。勿論支えたジョナ・ヒルにもだ。(笑)

それにしても本作は静かだった。そうは思わないか?その答えはビーン自ら映画内で言っていた。

ビーンは連敗中の味方が控え室で悪ふざけをして盛り上がっている光景を見て、激を飛ばす。その時に氷ついた選手たちの中ビーンは言う。
「この静けさが敗者の音だ。」

つまりこの映画は成功の兆しを描いていたにも関わらずあくまでも敗北した革命の犠牲になった男の物語であると映画監督は考えていたのだ。
全編にうるさい程敗者の音は流れていた。それにしても淡々としていたが。


そういえば実際の映像良く使われていたよね。そういうとこが味があっていい。

ブラピは本作でもひたすら食っていた。そういうとこが好き。

ジョナ・ヒルのボールを握り潰す姿は最強だった。ジョナ・ヒル輝いていたよ。ジェシー・アイゼンバーグに続きお前もトップ・スターだな!!

最後の20連勝達成の瞬間は奇跡と同じ意味のマネーボールの勝利とも思える決定的瞬間だったけど、あそこで対立していた監督が指示を出すのは、その理論が正しいと監督が実感していたからで、最後の代打の選択もある意味理論に勝負を賭けたという現在の野球に繋がる道の体現とも思える。

ここから二回目の感想。
多分鑑賞したのは3回目かな?買った直後に流し見したと思う。
それでも見るのは久しぶり。何故観たのか?と聞かれたら難しい。実情としては、自分が就職活動に打ちのめされて負けたからだと思う。自分自身敗北の音がガンガンに鳴っていたから、実際の敗北の音をもう一度聴きたいと思った。だから観た。
それにしてもブラッド・ピットはカッコイイ。このブラピはあまりにも自然体で、今度公開されるような映画という娯楽の中で生み出されたキャラクターとは違う。
*『ジャッキー・コーガン』と比べてます。
ここまで地味なキャラクターなのに中身があり、それでいて色気がある。このブラピは本当に自然体で素晴らしい。地味過ぎるという難点こそあるものの近年のブラピの中で一番素敵だ。
その補佐に当たるジョナ・ヒルも良い。完全にモテないクソ野郎。この機会が無ければあんな重鎮になれなかった。この負け組の二人が起こした挑戦はやはり見応えがあるし感動的だ。
また俳優で言うとフィリップ・シーモア・ホフマンのカメレオンぶりも忘れ難い。
ほとんど台詞もないものの佇まいが中間管理職のわがまま野郎というとこか?それでも中身を感じさせる彼の役柄には、摘み取って文章の花束に添えるべきキャラクターだ。

しかしこの映画実に地味で面白い。音楽の使い方も良い。良いスコアと良い歌声がある。
このBlu-rayは買って良かった。また観たいと思う。


メモ得点メモ

94

先駆者が勝利するなんて無理な話しだ。


激安マネーボール [Blu-ray] 1373円!!
ブラピが好きな買うべき。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
ブラピが好きなら押すべし。

コメントはじゃんじゃん書くべし。
imfui

アイアンマン3の42ってサイコミュ搭載型のファンネルだよね!!
04-27 07:43

ジャッキーコーガン大爆死!!
04-27 17:33

プレディシオ大丈夫か?
04-27 17:52

ジャッキーコーガンって予告だけで映画完結してますよね。
04-27 17:52

ソーマ面白かったよね!
04-27 19:04

定価5000円のBlu-rayを新品で1500円で買うのは、イケメンに捨てられたいい女を寵愛する気持ちに似ていると私は思う。
04-27 19:34

ん?『ジャッキー・コーガン』ヤフー映画のTOPページだと4.5と高得点なのに、実際に開くと2.91!!これは宣伝なのか?それとも壊れているのか?
04-27 19:44

ヴァルヴレイヴ3話目で方向性見してきた印象。ライバルかと思ったら2人で世界を変えようというタイトルの革命が絡んできたね。しかし印象としては、コードギアスの朱雀とルルーシュを感じさせる。#valvrave
04-27 20:20

ヴァルヴレイヴ2に乗るのってエルエルフ?やっぱ敵かな?
04-27 20:28

『ルビー・スパークス』おれの趣味には合わなかった。あまりにも自己中心過ぎる主人公のやりたい放題葛藤恋愛映画。しかもそれでハッピーエンドだから質が悪い。 http://t.co/Mju6UaIEWN
04-27 20:59

2013/04/28 03:57 ブログ! TB(0) CM(0)
ALhREDEMPTION

ブログを更新しました。 『就職したいです。』 http://t.co/T7PCsT7aiF
04-27 19:21

ブログを更新しました。 『マネーボール 2013年41本目(映画紹介のみ)』 http://t.co/zj1GGI3UL9
04-27 21:06

2013/04/28 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
「弱小貧乏チームの運営者は、野球オタクを招き入れ非常識な策に出る!!」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-マネーボール
アメリカ2011年アメリカ映画アメリカ


監督
ベネット・ミラー
(『カポーティー』)

出演
ブラッド・ピット
(『ファイ・クラブ』『セブン』『ツリー・オブ・ライフ』『イングロリアス・バスターズ』)
ジョナ・ヒル
(『スーパーバッド/童貞ウォーズ』『僕の大切な人と、そのクソガキ』『21ジャンプ・ストリート』)
フィリップ・シーモア・ホフマン
『ザ・マスター』『ビッグ・リボウスキ』『M:i:3』『脳内ニューヨーク』)

予告編


野球あらすじ野球
アメリカの西側のカリフォルニアにオークランド・アスレチックスという野球チームがあった。
2001年プレーオフでアスレチックスは、ニューヨークヤンキースに敗北し敗退してしまった。
アスレチックスの予算はニューヨークヤンキースの予算の10分の1にも満たない程の貧乏球団であった…。
そしてアスレチックスのスター選手3名が同時にFAの為他球団に移籍が確定していた。
貧乏でスター兼主力の離脱により絶対絶命に陥ったアスレチックス。ゼネラルマネージャーであるビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、その対策の会議に嫌気を感じていた。
今までの考え方では、この状況は打開できない、古い考え方のベテラン敏腕スカウト達の意見に辟易しながら、他球団に足を運んだ際、気になる選手を引き抜こうとした際に球団にいる謎の青年が、自分の意見を全て拒否するアドバイスをスタッフに出しているのを察知する。
会合後、そのアドバイスしていた青年を呼び出し、何を言ったかを聞く。
その青年の名はピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)大学を卒業したばかりの野球好きだが、到底野球はしている体型ではなかった。ピーターは過去に発案されたセイバーマトリックスという独特なデータを使い選手の隠された力や優位性を判断していた。昔にあったその理論を野球界は忌み嫌い誰もがその手法を避けていた。
ビリーはその理論に興味を持ち、大卒の新入社員を引き抜きアシスタントとしてスカウト達との会議に同行させるのだった。
そしてセイバーマトリックス理論で出された選手の数々にスカウト達は嫌悪をした。
しかしビリーは、その選手達を取ることを頑に決めていた…。その結果ビリーは怪我でキャッチャーが出来ない選手や乱痴気騒ぎを起こす選手。大チームのベテランではあるが、衰退したスター選手を獲得。
だがスカウトだけでなく監督のアート(フィリップ・シーモア・ホフマン)もビリーのアイデアに従うことなく従来の野球を支持した。

結果的にアスレチックスの02年のシーズン開幕は散々なものだった。そしてビリー達のアイデアは全く機能していなかった。

ビリーは試合を見る事は決してしなかった。ビリーは昔野球選手だったのだ。ビリーは最高の選手だと思われていたしかし現実は違った…。

2011年11月15日鑑賞
2013年4月21日Blu-rayで再鑑賞

激安マネーボール [Blu-ray] 1373円!!

クリック支援よろしく!!
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

感想はこちらから。
imfui

昨日はあの後姉の話しを聞いてあげて、めんどくさかった。更に朝早く起こされて、またぶつくさ言われた。社会的地位は高いけどなんだろ、このめんどくささ。
04-26 07:36

朝から木梨憲武面白いなぁー。まさか京都でやる番宣に出て関西で放送されていないとわ!!
04-26 07:45

残念5のスパロボ参戦は素直に楽しみ。携帯ゲーム版だとおもうけど。
04-26 08:04

ここ3年以内の作品だけでスパロボとかでたら混沌としてて面白そう。
04-26 08:05

まさか女性教官の好感度を上げる回があるとは。#マジェスティックプリンス
04-26 08:10

なんかすごくいっぱい死亡フラグが立つ回だったな。途中でメンバー総入れ替えの鬱展開とかあるのかな?#マジェスティックプリンス
04-26 08:18

アイアンマン3を見るので、アイアンマン2の時に買ったTシャツ着ましたよ。
04-26 08:32

姉が帰った瞬間の猫の喜び具合異常!!
04-26 08:56

『アイアンマン3』面白かったけど。禁じ手使い過ぎだったり、期待してたのとは違うかなー。でも面白かった!ただ問題作だと思うなー。#映画 #感想部 #movie http://t.co/Mju6UaIEWN
04-26 12:48

『アイアンマン3』格ゲーか?と苦笑い。 http://t.co/Mju6UaIEWN
04-26 12:49

2013/04/27 03:58 ブログ! TB(0) CM(0)
ALhREDEMPTION

ブログを更新しました。 『ブログネタ参加。』 http://t.co/iyEm8sa5Dr
04-26 07:50

ブログを更新しました。 『『アイアンマン3』の感想を先に書こう!!(ネタバレ注意)アベンジャーズ2も考察。』 http://t.co/5OrhLyshGy
04-26 22:46

2013/04/27 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
もし、過去の自分に会えるなら何歳のときに会う? ブログネタ:もし、過去の自分に会えるなら何歳のときに会う? 参加中
本文はここから





今日もブログネタ参加します。だってやはりこれ参加するとアクセス数がぐん!!と上がるんですよ。一応映画記事も昨日はアップしたけどもネタ3つ書いた日には勝てませんでした…。

というわけで今日のネタは過去の自分に会えるなら何歳?

うーん。14歳かな。高校の進学のレベルを一段落下げさせるかな…。
とりあえず高校から人生つまずいた感があったからね。情報に疎かったから、なんか手助けはしたい…。
2013/04/26 07:46 ブログネタ TB(0) CM(0)
imfui

今日も三大〇〇は面白いな。
04-25 00:08

車の免許あればフジロックイケル!!
04-25 00:11

半額になっている!!ジョセフ・ゴードン=レヴィット の 50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray] を Amazon でチェック! http://t.co/rmMMUKdL7M @さんから
04-25 15:42

楽天で見たら1500円でした。
04-25 15:50

明日はアイアンマン!!アイアンマン!!アイアンマン!!予習したいけどアベンジャーズは持っていない。(´・ω・`)
04-25 19:48

ファンタシスターオンラインやってみようかな。
04-25 19:55

免許取ろうと思ったら反対された挙げ句、難癖つけられた挙げ句、お金出さないって言われたぞー。よくあることだから、次良いことあるといいなぁー。
04-25 23:29

2013/04/26 03:58 ブログ! TB(0) CM(0)
ALhREDEMPTION

ブログを更新しました。 『△ドラゴンボールZ 神と神 2013年38本目「鳥山明のドラゴンボール。」△50点』 http://t.co/Jcp2FfDN9q
04-25 00:01

ブログを更新しました。 『わっしょいわっしょい。』 http://t.co/QYC8igpNTF
04-25 02:35

ブログを更新しました。 『ブログネタの脅威を知る。』 http://t.co/EibXGnexD9
04-25 14:47

ブログを更新しました。 『50/50が半額になっておる。』 http://t.co/dTypjAShlD
04-25 15:44

ブログを更新しました。 『ミロクローゼ 2013年39本目(映画紹介のみ)』 http://t.co/YLJf5hUoJW
04-25 17:05

ブログを更新しました。 『△ミロクローゼ 2013年39本目「石橋ワールドに山田孝之三変化!!」△』 http://t.co/6uxDnmpeoH
04-25 23:17

2013/04/26 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
「無駄に話しも無いので映像に特化されている点は好感触!!」
『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ミロクローゼ
日の丸2011年日本映画日の丸


あらすじはこちらから。

感想
『ミロクローゼ』は山田孝之主演による石橋さんによる異色のオムニバス映画だ!!
『オー!マイキー』の製作総指揮の石橋さん。脚本も監督も担当している方の長編オリジナル脚本の映画化作品が『ミロクローゼ』である。
そもそも『オー!マイキー』というのが3分程の短編連続ドラマなのだが、主演はマネキン。不動のマネキンが二体いる映像に声を吹き込み、物語を紡ぐ。いわゆる人形劇だが、その物語の内容もなかなか悪趣味だったり。
そんな異色な世界観が104話もあるんだからすごい。
やはりそうまで出来たのは、それ相応の人気があったからで、ファン層も獲得しているだろう。

そんな石橋さんが描く映画『ミロクローゼ』は、やはり普通の映画ではなかった
主演の山田孝之が3役を演じ、違う次元の主人公をそれぞれ担当。
なんか変な子供っぽい男だったり、変なおっさんだったり、変な侍だったり。
その3人を恋愛をテーマにし、だいたい15分(前半)15分45分15分(後半)で描く、オムニバス形式の構成になっている意欲作品。

それぞれのパートごとに独特の世界観を描いており、山田孝之が踊ったりする変な映画である。

また侍パートでは、偏った趣味の倒錯した世界観で描かれている近代的で前衛的なモダンらしさを交えた世界観、唐突にバイクとか出てきてしまったりと、監督のやりたい放題を単独主演の山田孝之は見事に描ききっている。やっぱり山田孝之はすごい。(私は山田孝之のファンです。)

正直言えば、娯楽云々、ストーリー云々よりもサブカルなアート映画の部類に入る実験映画的な監督の映像作家的な自身の技量を表現する作品集のようなものに近い。
監督の方向性としては『茶の味』などでディープな世界観を描いた石井克人監督と方向性は近いと思う。ただ別にその範疇は石井克人監督だけで自分は間に合っているんだけどな。

それでも、ついつい見とれてしまうショットなども複数あったり、意味不明だけどついつい集中でして見てしまったり、そもそも見応えがある部分もあったりする。ラストは微妙だったけど、特にワンオケの音楽をエンディングに使う意図が全く不明。ワンオケと剛力は露出多すぎ。(映画に剛力は関係ないけども)

特に自分的にハマってしまったのが、侍(正確には浪人)が切り込んで行くショット。急にスローモーションになるんだけど、そこで山田孝之が顔芸を披露してくれる。これが歌舞伎の目を見開くやつなんだよね。それと音楽のバランスが絶妙で、石橋監督の映画に対する理想がまさに具現化されている。
このストーリーも45分ぐらいと長尺になっており、彼自身の映画製作のメインって感じ。
山田孝之もすごくカッコ良く、ここぞと言う所でマジ演技があるので、良いです。

結果的に言えば、冒頭のオブレなんとかギャリーがまじでだるーいわけだが、まぁーそういう監督の世界観あるよねーな感じで、大目に見ようと思うが、ラストシーンがぐだぐだしているので、肩透かし。
でも相対的に色んな映画と比べるとこれより面白くない映画いっぱいあったから、これはこれで普及点。
でも映画館で1800円とかで鑑賞したら腹立つような内容だったと思う。
ちょっとした悪ふざけの遊び心の映画です。いつかの深夜に地上波でやってたのを鑑賞して魅了されるパターンがベストですね!!

得点

60

やりたいことをやれて突き抜けているし、山田孝之は好演している。
ただ女性の趣味は微妙だったかな?
あと有名な映画監督が二人も出ている所が石井克人臭がぷんぷんします。次回作も楽しみにしています。
あとはもうちょいマッシブでどぎつい方が私好みでしたとさ!!

ベッソンの短編なら毎週見たいという人はクリック!!
にほんブログ村 映画ブログへ

山田孝之を保存したい人は購入しましょう。
ミロクローゼ スペシャル・エディション [Blu-ray] 4000円でおつりきます。


その夜の侍(初回限定生産版) [Blu-ray] 4500円

サブカルな良い味出すよね山田孝之。
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 Blu-ray BOX 1万5000円でおつり来ます。
「オムニバス!」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ミロクローゼ
日の丸2011年日本映画日の丸


出演
山田孝之
『十三人の刺客』『クローズZEROシリーズ』)

予告編


あらすじ
オブレネリ・ブレネリギャーは、ある日、偉大なミロクローゼ(マイコ)に恋をした。
二人は惹かれ合い同棲するように仲良くミロを飲む中になった。だがある日からミロクローゼは連れなくなり、ミロクローゼが浮気をしていることを知り、またミロクローゼは出て行ってしまったのだ。心にぽっかり穴があいたオブレネリ・ブレギャリーは、そのままむなしい人生を送って行きました。
熊谷ベッソン(山田孝之)は愛の伝道師として、青年男子の恋の悩みを日夜無料で解決していた。
今日も悩みを解決して行く。ベッソンの車は人をひき逃げしてしまう、その人はタモン(山田孝之)が探し求めていた盗賊だった。しかし彼は死んでしまった。
タモンは、浪人だった。だがある日花屋に務めるユリに恋をしてしまう。
タモンは大胆にアプローチをし、二人はすぐに結ばれるように見えたのだが、ユリには凶悪な彼氏がいたのだった。彼がユリに暴力を振るうのに怒ったタモンは彼氏を撃退、ついに二人は結ばれる。
しかし幸せな時は長くは続かなかった…。

2013年4月14日鑑賞

あらすじ読んでネタバレしてて怒り狂う前に、この映画に大切なのはそこではないと思うの一言に同様してしまったらクリック支援お願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

感想はこちらから。
やはりブログネタの力は凄い。ブログの記事をかかなくてだいたい400pvぐらいのおれおブログ。
書いたとしても600pvぐらい、しかしこのブログネタに参加すれば1200pvと二倍になるわけだ。
恐ろしい。

またこのアメーバの微妙な所はTOPページがないので、記事を書いたとしても会員の目につかない。外部から検索するぐらいしかないわけ。
前のブログ会社ではあったんだけどね。
実は、あるのかもしれないが…。
2013/04/25 14:44 日記!! TB(0) CM(0)
imfui

盗難にあった自転車に再会した。お帰りという気分。運気回復しそうな予感。
04-24 18:10

それにしても警察の人段取りが悪かった…。時間通りに行ったらまだ来ていないとかで無駄に移動して汗かいたし、その後も特に気を使われなかった…。しかも連絡つかないとか…。おれも社会人になりたいな。
04-24 18:11

ガンダムseedのDVD焼いてたけどファイナライズ失敗して、データ消してしまったからVR版の補完に失敗した…。AVCRECは成功したんだけどね…。こんなミスもっと少なくして生きて行きたい。
04-24 18:13

まぁーいつかBlu-ray買えば良いんだよ。お金持ちになれたら…。
04-24 18:14

いやAmazonしょっちゅう利用してれば、人気商品がなかなか届かないのはいつものことだろ。
04-24 22:12

Amazonのことだからお詫びで500円クーポンとかくれそう。羨ましい。
04-24 22:37

2013/04/25 03:57 ブログ! TB(0) CM(0)
今お金ある?ない? ブログネタ:今お金ある?ない? 参加中

私はない派!

本文はここから



今お金ある?ない?
  • ある
  • ない

気になる投票結果は!?



これに参加するとPVが上がると見た。ブログの質は落ちるもののこれで読者が増えたら光栄だ。
ということで今日も参加。

金はありません。
何故なら就職したくて斡旋セミナーに参加していたので、全くアルバイトできる時間がなく、土日も課題に取り組んだり、精神疲労を癒すのに必死でした。結果給料など無しに等しい。
またセミナー後も企業の面接がいつ入るかわからない状況だったのでシフトもろくに出すことが出来ず、アルバイトもしない状況が2ヶ月続いた。
結果、内定貰えずフリーターのまま。ニート予備軍に落ちたかな?
更に車の免許が無いとキツいと思ったので借金して取ります。
お金無いとエヴァのBlu-rayも買えません。いいこと起こりますように。
2013/04/25 02:31 ブログネタ TB(0) CM(0)
「見たかったドラゴンボールではないが、ドラゴンボールの興奮を思い出させる一品」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ドラゴンボールZ 神と神
日の丸2013年日本映画日の丸


あらすじはこちらから。

感想
私はドラゴンボールZ世代だ。
ドラゴンボールZが放映していたのは私が7歳の時で毎週見ていた。特に週間少年ジャンプでは、セル編やブウ編は、父親に朗読して貰っていたし、劇場版は詳しく調べれば、8作目ぐらいから見ている。でも今思うと公開当時は3歳とかだったので、多分再放送を楽しく見ていたんだと思う。
しかしGTからは興味が失せてしまったのも覚えている。
周りの同世代に比べたら、そんなには詳しくないので、もしかしたらそんなにディープではないのかもしれない。

正直言えば、今作の劇場版はあまり見たいとは思わなかった。たしかにドラゴンボール世代としては、見ておきたいとも思う。だが『ワンピース』の映画化、特に『ストロングワールド』はヒットと反して内容はお粗末だったと思う。ただ幼少期の思い出から見てみたいなぁーとは思った。しかしお金払うのは嫌だなーとも思っていた。

だが、なんと辞めてしまった先輩からお誘いのメールがきたではないか。結構年上の彼らだけどもせっかくの機会だし、メンツ敵には理想的だ。

そういうことで鑑賞した。
だがなんとIMAXでの鑑賞だった。これは嫌だなと思ったが、先輩が少し大目にお金を出してくれた。

というわけで見たのだが、まず一言。

偽IMAXだった!!本気で酷かった!!
思えば、日本初IMAXの日本映画だったわけですが、スクリーンサイズが1対2じゃ無かった。
ほとんど正四角形だったよ!!もうその時点でIMAXの視界いっぱい!!(eye max)が出来てない。端が切れているのが目に見える。ふざけんな!!
つまりただ音がデカいだけになってしまっているんだよ!!これは酷い。アイマックスの質も下がったと言える。
本当にこれは腹が立った。許せない!日本の映画の質の低さが全世界にバレてしまったようなものだ。あーあ。

先に速攻書いたコラムを載せる。
ドラゴンボールは鳥山明の下に帰っていた。

私は今思った。
思えば、僕らが見て育ったのは、鳥山明が生み出したドラゴンボールを商業的に改変し、娯楽的に仕上がった東映アニメーションが生み出したドラゴンボールだった。
そしてジャンプで描かれたドラゴンボールもまたジャンプ編集部が演出したジャンプの為のドラゴンボールだった。
この度、10年以上の時を経て、鳥山明原案となって、現代に蘇った。
そのドラゴンボールは、確かに私たちが見たかったドラゴンボールではなかったかもしれない。
妙にコミカルで悪ふざけのような内容だった。
しかし『Dr.スランプアラレちゃん』を手掛けた鳥山は元来うんちを枝で持ち上げるような漫画を書く男だった。
もしかしたら現代の作者が映画に介入することで映画の売り上げが上がる手法を今作にも取り入れた結果、鳥山明の描く、本来のドラゴンボールワールドがようやく日の目を見ることが出来たのかもしれない。
だからこそ、ドラゴンボールは、私たちや東映、BANDAIの下から、ようやく鳥山明のもとへ帰って行ったのかもしれない。
憶測に過ぎないのだが…。

ここから自分のメモを見乍ら内容に切り込んで行く。

魔人ブウ戦から4年後。
見ていて疑問に思ったのが、「ウーブが出てこない」って思った。
しかし本作は、魔人ブウを倒してから本来なら10年の月日が経ち、そこから悟空が帰ってきて最後の天下一武道会が描かれて最終回になるというのが本来のエンドだった。
つまりその空白の時間のちょうど魔人ブウを倒しての4年後の物語だったのだ。
その最終回に向けてキャラは風貌が変わりつつあるというわけだ。

印象としては…。
正直印象としては、これまでの『ドラゴンボール』の映画化とは、違う感じがした。
まぁー内容がいつもなら50分ほどで2本立てなのに対し(東映アニメフェアーってやつね。)今回は、ドラゴンボール一本ということで85分と長編になっている。
そのせいか物語は非常にダラダラとしている印象が強い。
そのダラダラは序盤から顕著だった。
流石に17年ぶりの映画化作品となると忘れている人も非常に多いせいか、序盤はだいたいのこれまでのドラゴンボールのあらすじを新キャラのビルスとウイスがやってくれる。
これって思えば、これまでのドラゴンボールZからすると意外だよな。
これまでのZはバトルものが基本であって勧善懲悪な単純な構図だった。でもこのビルスとウイスには妙な愛嬌があって、しかもビルスを演じるのは、山寺宏一で凄い上手いんだよね。
そういう新キャラとしてはなかなか良いのだけど、映画とするととてもダルい。

またこれまでのドラゴンボールの映画化と比較してもかなり退屈な印象が強い。
序盤こそ悟空とビルスが戦うが、それはただの挑戦に止まっている。
物語が物語としてのストーリーを本作は持っていない。
一応ブルマの誕生日会に現れるビルス一行とそれを察知してご機嫌を取るベジータという構図はあるものの、これまでの何かしらの敵を倒す冒険譚のような典型的なアドベンチャー映画やバトル映画の体裁は一切用いられること無く、ブルマの誕生日会に乱入してきた珍客というのがビルスの役回り、さらには別にピラフ一味というトラブルメーカーが乱入してきて、誕生日会をめちゃめちゃにする。
その何一つ熱い展開の無い、ツッコミ所満載のファン感謝祭、あるいは同窓会のような物語を私たちが見たかったか?と言えば正直全然見たくなかったと思う。
結果的に終始ダラダラとした物語になってしまい、ドラゴンボールの映画化というよりは『クレヨンしんちゃん』の映画化になってしまい、残念でもある。

正直言えば、今作はお決まりの展開で見たかった。見ている側を興奮させる元祖バトルアニメの風格を味わせて、ドラゴンボール熱を再熱させるような映画が見たかった。

しかし鳥山明は敢えて、それを避け、自分自身の中に秘めてきた本当にこうあって欲しかった編集というコンダクターを排除した本物のドラゴンボールを鳥山明は描ききったのだ。

私たちは、もしかしたら鳥山明のドラゴンボールではなく、ジャンプ編集者が生み出したドラゴンボールが好きだったのかもしれない。今更思ってしまう。

鳥山明がノータッチになったGTなどもあったりとドラゴンボールも色々あったと思う。

最初のコラムと同じになってしまうが、今作でようやくドラゴンボールは所持者の下へ帰って行ったのだ。

またネタバレになるが、今作はこれまでのドラゴンボールの劇場版を裏切るのは展開だけではない。悟空とビルスの戦いの結末も裏切っている。
これはある意味では『ドラゴンボール』の完全な終了を意味してもいるが、結果的にはやはり映画一本としては不完全燃焼だったと私は思う。
これじゃない感が高まる一方だ。
やっぱトドメは元気玉でお願いしたかったよ。

それでも戦闘シーンは見応えたっぷりでした。

得点

50

途中で帰ろうと思った人も多分いるはず。
でも見終わると、レンタルビデオ屋で過去作のレンタルを検討してしまったりするから、やっぱ映画化ってのはいいことだったと思う。
もう一度ドラゴンボールに触れたくなったし。
しかし2000円もの金額を出して90分を過ごすには、過酷な時間だったのかもしれない。
またドラゴンボールぐらいになると信者のレベルが『ワンピース』より低いので、今作の評価は低迷しそう。
ただ鳥山明にとっては本物のドラゴンボールになったんだと思いたい。

前半のコラムが良かったと思う人はクリックしてください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ

ALhREDEMPTION

ブログを更新しました。 『tds30周年に行きたいか?だって?』 http://t.co/mR0acRpE40
04-24 02:49

ブログを更新しました。 『doryokuなんてむくわれない。』 http://t.co/JDMI8hRWud
04-24 02:54

ブログを更新しました。 『ブログネタ』 http://t.co/wAB5VdUypW
04-24 02:57

ブログを更新しました。 『ブログネタにさんか。』 http://t.co/UDFZ9bAQUc
04-24 02:58

ブログを更新しました。 『ドラゴンボールZ 神と神 2013年38本目(映画紹介のみ)』 http://t.co/WdSeUevOfj
04-24 18:03

2013/04/25 00:00 ブログ! TB(0) CM(0)
「17年の時を経て蘇るドラゴンボールの劇場版!!」
$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ドラゴンボールZ 神と神
日の丸2013年日本映画日の丸


予告編


あらすじ
魔神ブウを倒してから4年後。
天界で修行していた悟空は、破壊神が目覚めたという情報を聞く。わくわくする悟空だった。
そして宇宙の果て、ウイスは破壊神であるビルスを起こすのだった。
起きた破壊神は、これまでにあった出来事をウイスから聞く。なんとフリーザが地球に住むサイヤ人に倒されたというではないか。ビルスは夢でスーパーサイヤ人ゴッドと戦う夢を見たのだ。それはその男かもしれないと思ったビルスは悟空がいるカイオウ様がいる場所へ行くのだった。
そこで悟空はビルスに挑戦するが、あっけなく倒されてしまうのだった。
地球には他にもサイヤ人がいることを知りビルスたちは地球に行くのだった。
地球のカプセルコーポレーションでは、ブルマの誕生日会が行われていた。
そこにやってきたビルスを見てブルマの旦那のサイヤ人の支配する星の元王子のベジータは、ビルスが最強であることを思い出し、地球を守るべくご機嫌取りに終始する!!
しかしブルマの誕生日会に潜入したピラフ一味により事態は悪くなる一方だ…。

2013年4月11日IMAXシアターで鑑賞

実写版が好きな人はクリック。
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ

感想はこちらから。
imfui

2ヶ月ぐらい斡旋会社のセミナーに参加したけど成果出なかったらストレスも溜まるよね。
04-23 01:40

「Wôru-gai」を「7/10」と評価しました。http://t.co/iMLHt0lKcR #IMDb
04-23 15:27

『ウォール街』資本主義社会に生きるなら見ておいた方が良いかも。主人公はその頂点に登り詰める直前で、その戦いを辞めた。しかしその社会に登り詰めた男はアカデミー賞を受賞した。結果観客はゲッコーを目指すのだった#映画 #感想部 #movie http://t.co/Mju6UaIEWN
04-23 16:34

『ウォール街』ゲッコーは映画の中で非常に魅力的に描かれているが、映画は彼を悪のように捉えている。しかし社会に生きる人は彼に憧れた。それは監督の予期しない出来事だったのだ。#映画 #感想部 #movie http://t.co/Mju6UaIEWN
04-23 16:36

『ウォール街』映画としては、面白いカメラワークが印象的で、非常に見応えがある。しかしテーマは非常に面白いが、極端なストーリー展開になってしまい、終盤はありきたりな展開になり、物足りない。#映画 #感想部 #movie http://t.co/Mju6UaIEWN
04-23 16:38

『ウォール街』ニューヨークで生きる証券マンたちをステレオタイプに描いている点では、社会派ドラマ入門向けのようで非常に良い。特に成り上がり露骨に悪趣味な主人公の自宅がたまらないアメリカンドリーム!!#映画 #感想部 #movie http://t.co/Mju6UaIEWN
04-23 16:40

昨日知ったディズニーの件は、一年前の事件だけど、TVで報道されていた。なんか怖いわー。マスコミもツィッターも怖いわー。でも開き直っている本人たちも怖いわー。
04-23 17:21

昔盗まれた自転車見つかったって。ほおほお?でも色が違う…。
04-23 17:28

ビックバンセオリーに清き一票を!!『どれが観たい? DVD化してほしい海外ドラマ作品を教えてください♪♪』 http://t.co/unkFxlBkPe @crocos_presentさんから
04-23 18:24

よし好きなガンダムを考えるぞ。
04-23 18:28

2013/04/24 03:58 ブログ! TB(0) CM(0)
DVDまとめ観するなら? ブログネタ:DVDまとめ観するなら? 参加中
本文はここから





勿論これは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ一択!!
だって見てて疲れないし飽きない!!
2013/04/24 02:57 映画系のコラム。 TB(0) CM(0)
捨てたいものは? ブログネタ:捨てたいものは? 参加中
本文はここから





そんなもの自分自身の甘えた気持ちに決まっているじゃないですか。
2013/04/24 02:56 ブログネタ TB(0) CM(0)
努力は必ず報われる? ブログネタ:努力は必ず報われる? 参加中

私はそうとも限らない派!

本文はここから



努力は必ず報われる?
  • 報われる
  • そうとも限らない

気になる投票結果は!?



報われたらおれもう少し幸せだわ。もって生まれた人間性とか関係あるよ絶対。それは努力じゃ埋まらない。
2013/04/24 02:54 ブログネタ TB(0) CM(0)
30周年のTDLへ行きたい? ブログネタ:30周年のTDLへ行きたい? 参加中

私は行きたい派!

本文はここから



30周年のTDLに行きたい?
  • 行きたい
  • 行きたくない

気になる投票結果は!?



行きたいに決まっているだろうが!!だって東京在住だぜ。お金さえあれば行くさ。お金さえあれば月1で行くさ。あともっと家が近ければだな。
そして何よりもスターツアーズだリニューアルしたスターツアーズには行きたい。誰だってそうさ。現実離れした場所に行って夢を見たいんだよ。
2013/04/24 02:47 ブログネタ TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR