http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

his0809

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
409位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
2013年110本目 10月1日劇場鑑賞
「おれ…お父さん…なんだ…。」
$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画感想倉庫~season 7~-そして父になる
日の丸2013年日本映画日の丸


映画の日だったので、もちろん2本立てをしようと思って、有楽町で『ビザンチウム』の後に『そして父になる』を鑑賞。
それにしても有楽町のあのマリオンに入っている映画館のスクリーンは大きい。
昔『カールおじさん』を見たが、あそこで見る映画は凄かった。非常に大きくて迫力があった。
やはり映画館のスクリーンは大きければ大きいほど良い。

是枝監督の新作でカンヌ(一般受けは悪いが、マニアは好きな映画)で審査員賞を受賞した本作。
個人的には『歩いても歩いていも』の方が好み。

一応映画は原作があって、取り換えっ子を言及しているが、その問題はあやふやにして、父親になるということに血のつながりは問題あるのか?という議題に対して、日本独自の愛の無い仕事社会の日本の側面を考慮しながら、日本の現代社会における、正しい生き方などにメスを切り込んだ意欲作。

監督が脚本も担当しているので、映像向けにアレンジされた脚本が、つじつまこそ合わなかったり違和感をさそうが、その分映画的演出に功を奏しており、日本映画としては至高の体験と映画好きとしては喜びを感じる。

しかし映画はかなり淡々としている、いや映画はドライな目線でこの問題を描いている。

映画の落ちで言えば、結局は観客は最初からわかっていることを、仕事一筋の立身出世欲の高い福山がそれにようやく気づき、血を越えた人と人の間にあるものを実感し、父という存在の意味と存在になる物語。
25歳のおれは、どこか子供が欲しくなったり、結婚について考えてしまう、深いとこにくる映画。

映画としては上映時間が長いのと淡々としていることを考慮してもあんまり楽しめるものではないし、映画的な面白さで言えば、取り変えっこ要素のインパクトが高いのでそのガジェットをうやむやにしてしまったのが、ちょっと物足りない。
個人的には新たな家族の形というものを映画の最後のばばんと見せてほしかった。

ちょっとはエロシーンあるかな?って思ったけども無かった。

違和感があったのが、福山の実の子供役の少年が中国人でうまく日本語喋れていないところ。
本当に違和感だった。これだけで映画の評価おれはかなり落ちる。喋るたびに違和感を感じる。

まぁーでも邦画の映画化のスタジオやセットのような違和感のある美術よりもこのどこかにありそうな世界が如実にある方がすごい。

俳優としてはリリー・フランキーがすごかったのだが、それは後日書く『悪人』の感想で交えたい。

冒頭のお受験とかを世界に見せつけるのは面白い趣向だなっと思った。

ランキング参加中。この記事読んだなら支援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ

基本的にリンクフリーです。
関連記事
コメント
1. どうもです!
どうも!初めてブログを見させていただきました!空いた時間で色々見てまわっていたらたどり着きました!ぜひまたコメントさせてください!楽しみにしています!
2013/12/06 14:20 熱狂的なファンを獲得するブログの書き方@鈴木ゆうたろう URL [ 編集 ]
2. Re:どうもです!
>熱狂的なファンを獲得するブログの書き方@鈴木ゆうたろうさん
あざます
2013/12/06 15:36 his0809 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://his0809.blog.fc2.com/tb.php/2697-e762d695
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR