http://ameblo.jp/his0809/ のアメーバでやってる避難所。こちらでは主にツィッターのログを垂れ流しています。
プロフィール

Author:his0809
au one→アメブロ→fc2
という感じで流れて来ているブログ主のhis0809です。
こっちでやっていくかはまだ謎です。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
302位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
というわけで、年末に公言した通り、2011年のアメリカの興行成績を考えたいと思います。

まずは年間チャートから!!

1位ハリー・ポッターと死の秘宝PART2
3億8100万ドル
2位トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
3億52390万ドル
3位トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
2億8300万ドル
4位ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
2億5470万ドル
5位パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
2億4100万ドル
6位ワイルド・スピード MEGA MAX
2億1000万ドル
7位カーズ2
1億9150万ドル
8位ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル
1億9734万ドル
9位マイティー・ソー
1億8100万ドル
10位シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
1億7861万ドル
11位猿の惑星: 創世記
1億7671万ドル
12位キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
1億7666万ドル
13位ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
1億6946万ドル
14位ブライズメイド
1億6910万ドル
15位カンフーパンダ2
1億6524万ドル
16位X-MEN: ファースト・ジェネレーション
1億4640万ドル
17位長くつをはいたネコ
1億4393万ドル
18位ブルー 初めての空へ
1億4361万ドル
19位スマーフ
1億4261万ドル
20位SUPER8/スーパーエイト
1億2700万ドル


興行成績は筆者が適当にごまかしているので、正確ではございません。詳しくはBOXofficeのサイトへのリンクをみてください。)

ちなみに1ドル78円ぐらい。(1月23日の6時23分のときです。)

★考察★
というわけでざっと20位まで並べてみました。青字のは筆者の感想へのリンクです。

なんでしょうテレビ東京系列で放映していた『ショウビッツTV』が終わってからアメリカ映画の成績や情報から距離が出来たと思うわけで、それでもアメリカ映画で育った自分としては、やはりまとめなくてはいけないと思ってまとめてみました。
やはり映画産業の中心地のアメリカの年間チャートは映画を語る上では必須だと自分は思いますし。

そういうわけでざっと年間チャートの傾向を見るとシリーズものの最新作、もしくは最終作が高ランクを奪っていますね。
続編関係なしで見ると『マイティー・ソー』以外はシリーズものという衝撃。
しかし『マイティー・ソー』自体もまた『アベンジャーズ』という枠組みの連作でもあるのですよね。
しかし一番期待されていた『キャプテン・アメリカ』を超えての成績ですので、やっぱり凄かった。

それい以外で頑張っている映画は思った以上の成績は出せなかった『super8』これは家族向け映画でもなく、シリーズものでもなく3Dでもないわけで頑張ってはいますが、少々物足りない成績だったと思います。

3Dは停滞気味。
3D映画が世界的なブームに至っていますが、アメリカの成績ではよく見ると2010年よりヒットしていない。世界的な不況も相まっているが、3D映画はチケット代金がそもそも高い傾向になっている。
挙げ句に『パイレーツ4』に関しては、「2Dの方がアメリカでヒットしている」というニュースも流れた程既に3D離れが始まっているようだ。

またアメリカ映画の年間総合成績自体も昨年よりも少なくなっている。
3D離れや大不況そして映画自体の中身の問題も関係あると思う。
ちなみに自分の中でチャートTOP10の中でオススメなのは3本ぐらい。それ以外は微妙。

また昨年の成績と比べると

1位だった『トイ・ストーリー3』の4億1500万ドルの成績に『ハリーポッター』が負けているのも印象的。
最終作でありながら、微妙な成績しか出せなかったのは驚きだ。
またシリーズ作品の成績を連番で比べてみると『ハリポタ』と『ワイルド・スピード』以外は全て下回っており、なんだか残念な感じがする。

そして歴代のアメリカ興行成績を考慮すると

『ハリポタ』が12位と『トランスフォーマー リベンジ』(4億ドル)と『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』(3億8000万ドル)の間にランクイン。
『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』が19位と『ジュラシック・パーク』(3億5700万ドル)と『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』(3億4200万ドル)と滑り込みました。

この4作の間に乗り込んだのだから凄いことです。

アメリカ映画の興行成績の面白い所は少なからず映画の面白さと直結している所だと思うのですが、2011年は少し違った感じでしたね。シリーズものという形骸化したどうしようもない販売方式としての金の為の映画作りが目立ったような。
こういうことすると余計に映画が落ち目になると思うのですが…。

あとこれは予測ですが『トワイライト』に関しては、1週目だけすげぇー稼いで、2週目は没落するという面白い成績が常だと思われます。それは熱烈なファンが初日に見て、他の人は見ないという驚愕な展開だと思われます。しかしファンの数が異常なので大ヒットは確実という。(笑)
アメリカにも腐女子は山ほどいるわけだ!!

あと『ブライズメイド』の日本公開もしくはDVD化の情報が全く出てない最悪な状況これは辛い。


世界興行もチェック!!

1位ハリー・ポッターと死の秘宝PART2
13億ドル
2位トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
11億ドル
3位パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
10億ドル
4位トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
7億ドル(これから公開する国、日本とかがあるので伸びます。)
5位カンフーパンダ2
6億6000万ドル
6位ワイルド・スピード MEGA MAX
6億2000万ドル
7位ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
5億8000万ドル
8位スマーフ
5億6000万ドル
9位カーズ2
5億5000万ドル
10位ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル
5億2000万ドル(これから伸びます。)



補足
というわけで、世界チャートは10本のみを掲載少し3D作品が増えて3D映画大勝利感があります。(笑)

1本1本を見ると面白いことがわかったりします。『ハリポタ』に至っては日本とイギリスがアメリカに続き稼いでいるわけですが、この二カ国ってアメリカに比べたら国土面積何分の一よ。
二カ国とも1億ドルを超えているわけですが、アメリカの3分の1を稼いでいるというのはなかなか。
そもそもイギリスなら『ハリポタ』製作国なのでわかるが、何故日本はこんなにはまっているんだ?怖い怖い。

やはり日本の映画料金のチケット代の異常な高額さが原因か?

これが映画興行において日本が重用視される原因か。

『トランスフォーマー』に至っては中国が特大ヒット!!急激な発展の恩恵か?お国柄が露骨に出てて面白い。(笑)

『パイレーツ』も日本が凄いヒットしている。怖いな日本。国土面積的におかしいぐらいのヒットです。しかも一番面白くなかったでしょ。怖い怖い。

5位の『カンフーパンダ2』は逆に日本で大コケしましたが、中国で大ヒット!!1でも大統領が「カンフーパンダみたいな映画作れようちの国!!」と言ったように、2も大ヒット。てか中国人はパンダが好きなのね。

というわけで、世界興行についてはこういう形です。
そして歴代チャートの世界興行版はというと

なんと歴代3位に『ハリポタ』が入りました!!
さすが最終作。
3Dも相まってね。
また歴代4位に中国のおかげか『TF3』も入りました!!
なんだかうけるな。おれはこの映画がシリーズで一番つまらなかった。

そして『パイレーツ4』も第8位にランクイン!!

なんだろ3作品も入っちゃうってすごいよね。てか総合的に見ると2011年3D大勝利だった感は世界規模で見ると感じられる。特に中国とか?
またTOP10見ると内6作が3D作品なので、3D映画は映画業界の発展を導いたとも言えるが。
絶対品位は落とした。
ちなみに簡易的に順位を紹介すると

1位アバター
2位タイタニック
3位ハリポタ死の秘宝part2
4位TF3
5位パイレーツ デッド・マンズ・チェスト
6位ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
7位トイ・ストーリー3
8位パイレーツ 生命の泉
9位アリス・イン・ワンダーランド
10位ダークナイト


3D映画がただ映画料金を上げたものでしかないことにならないように2012年は頑張ってほしい。
でも2011年より酷い映画が出そうだが…。

また影に隠れてるのだがアメリカでは『ライオンキング』の3D版のリバイバル公開が大ヒットしてしまった。
そのせいで今年は『スター・ウォーズ』や『タイタニック』『美女と野獣』が3D公開することになっている。

そして一番注目すべきは『ダークナイト・ライジング』3D映画でない本作がどこまで成績を残すかが注目だ!!

よし見つけたので日本のも参考に!!

1位ハリー・ポッターと死の秘宝PART2
1億2000万ドル
2位パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
1億ドル
3位ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル
5775万ドル(伸びると思う。)
4位コクリコ坂から
5602万ドル
5位トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
5416万ドル
6位ステキな金縛り
5398万ドル
7位劇場版ポケットモンスター白黒
5338万ドル
8位SP革命篇
4024万ドル
9位Gantz
4012万ドル
10位映画怪物くん
3933万ドル
11位カーズ2
3812万ドル
12位名探偵コナン
3801万ドル
13位Gantz: Perfect Answer
3337万ドル
14位塔の上のラプンツェル
3108万ドル
15位ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
3042万ドル
16位猿の惑星: 創世記
30246万ドル
17位アンフェア2
2916万ドル
18位ドラえもん
2792万ドル
19位モテキ
2762万ドル
20位ブラック・スワン
2740万ドル


考察

これ別記事の方が良かったかな。
とりあえず昨年よりも映画の成績が相当悪いことが見える。
2010年は1億ドル越えが3本に5000ドル以上が4本あったにもかかわらず2011年は5500万ドル越えが1本でTOP3ぐらいしか良い成績が残せていない。
これを震災のせいとする見方もあるけど、そもそも2011年やった映画が面白くない映画多かったでは無いだろうか?前年が邦画のピークだったとも言えないだろうか?海猿、踊る、借り暮らしの三作が出来が良かったかは怪しい所だ。

あと顕著なのは、日本は長期休暇じゃないと映画があまり稼げないんだなぁーと実感。
その中でも『パイレーツ』や『猿の惑星』などが頑張ったけど、やはりシリーズものなのでヒットは見込めたのかもしれない。いや『猿の惑星』は異例の大ヒットか?
その他の気になるヒット作としては『ステキな金縛り』。
三谷幸喜監督が日本で愛されていることを初めて知った。(笑)
あとは『モテキ』元々テレビドラマだったが、秋の三連休付近での公開だったとしても凄いヒットだろ。
最後に『ブラック・スワン』これはアカデミー賞が起因でもあるが、ここまでヒットしたのは、日本の映画ファンはやはり女性が多いということだろうか?またこれ以降アカデミー賞などの海外の映画賞関連の映画がヒットの兆しを感じ取ったのか、多くシネコンで公開すると思う。
それは映画ファンとして嬉しいことだ。
しかし『ブラック・スワン』においては日本の興行成績の中で唯一アート色の強い本格監督の映画だったわけで、多くの観客が度肝を抜いたんだろうな。(笑)


最後に

アメリカの興行から世界、はたまた日本までの年間チャートを調べたわけです。
しかし成績の高さと映画の評価は正しい順位なのか?
そんなこと思ったりしませんか?
というわけで海外のサイトと日本のはYahoo!映画を使って最後に並べ替えてみようと思います。(笑)

海外はIMDbにしようと思います。好きなんで。

2011年アメリカ
1位ハリーポッターと死の秘宝part2
2位ヘルプ
3位Xメン ファースト・ジェネレーション
4位ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル(公開したてなので下がる場合有り)
5位猿の惑星 創世記
6位シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(公開したてなので下がる場合有り)
7位カンフーパンダ2
8位スーパー8
9位ワイルド・スピードMEGA MAX
10位ブライズメイド
11位ブルー
12位マイティー・ソー
13位キャプテン・アメリカ
14位長くつをはいたネコ
15位パイレーツ 生命の泉
16位ハングオーバー!!
17位カーズ2
18位トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
19位スマーフ
20位トワイライト 


下の5作は世界興行でも上位なのに満足度は著しく低い。恐ろしい。『ハリーポッター』は良かったね。って感じ。


2011年日本
1位塔の上のラプンツェル
2位ドラえもん 新 鉄人兵団
3位ハリーポッターと死の秘宝part2
4位ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル
5位SP革命篇
6位モテキ
7位ブラック・スワン
8位映画 怪物くん
9位ステキな金縛り
10位猿の惑星 創世記
11位トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
12位ナルニア国物語 第三章 アスラン王と魔法の島
13位カーズ2
14位名探偵コナン
15位コクリコ坂から
16位ガンツ
17位パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
18位ガンツ パーフェクト・アンサー
19位劇場版ポケットモンスター
20位アンフェア2


実際Yahoo!映画の評価は5段階評価なので、3の時点でちょっと怪しいライン。
ちなみに14位以下は3.5点より下です。『アンフェア2』は2.78点でした。
海外のだと『トワイライト』の4.8が最低でした。
まぁーYahoo!映画はレビュー書かないと採点出来ないから、ちょっとやりづらいのと評論家ぶってないと参加できないので、得票数が低いと思うのですがね。その点IMDbは簡易的なので。
レビューはなるべくブログでやれが持論です。

というわけで終盤はかなり手抜きな感じですが、なんだか映画の成績が面白い映画に繋がるとも思えないんじゃないか?と実感していただけたりもしでしょうか。
いやこの記事書くのに3時間かかりました。(笑)

こういうことに興味を持った人の為になれば幸いです。
またかなり無駄に長く書いてしまったので、分割した方が良いなどの意見がありましたらコメントください。
人気が出たらもう少し改良とかしようかな。

ブログパーツ

せっかくなので



ご褒美としてアフリ押してやってください。↑
ちょっと疲れたわ。次回はゴールデン・グローブ賞を書いてまた感想に戻ります。
関連記事
2012/01/23 06:32 映画関係の雑記! TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://his0809.blog.fc2.com/tb.php/429-5eb27fc9
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR